通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
俺のイタリアン、俺のフレンチ―ぶっちぎりで勝つ競争... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 若草七福堂
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 表紙に多少のキズ、ヨゴレはありますが、書き込みもなく状態は良好です。ご注文をいただいてから48時間以内に防水封筒に入れ、発送いたします。万が一、品質不備があった場合は、確認が取れ次第ご返金いたします。何かございましたら「出品者に連絡する」から、ご連絡をお願いいたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

俺のイタリアン、俺のフレンチ―ぶっちぎりで勝つ競争優位性のつくり方 単行本(ソフトカバー) – 2013/4/3

5つ星のうち 4.4 49件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 200

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 俺のイタリアン、俺のフレンチ―ぶっちぎりで勝つ競争優位性のつくり方
  • +
  • 俺のフィロソフィ  仕組みで勝って、人で圧勝する俺のイタリアンの成功哲学
  • +
  • 不格好経営―チームDeNAの挑戦
総額: ¥4,968
ポイントの合計: 150pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

■ビジネス書大賞2014にノミネート! ■

* Kindle版も絶賛販売中! *

今最も注目を集め、常に行列の絶えない飲食店「俺のイタリアン」「俺のフレンチ」。
その代表取締役社長・坂本孝(ブックオフ創業者)の「俺の企業理念」は「利他の精神」だった。
その「利他の精神」は集う人々の能力を高め、業界の常識を覆していく――。
ビジネスのトップランナーに、業界でぶっちぎりに勝つ「競争優位性」を学ぶ!

第1章 希代の繁盛店「俺のイタリアン」誕生
立ち飲み居酒屋と、星付きレストランに着眼 ほか
第2章 2勝10敗の事業家人生
最初の家業で倒産の危機と、事業再生を経験 ほか
第3章 ブックオフがNo.1企業になれた理由
古本流通に新しい価値基準をつくる ほか
第4章 稲盛和夫氏の教えと、私の学び
稲盛氏との出会いで「利他の精神」を学ぶ
第5章 「俺のフレンチ」「俺のイタリアン」は進化する
次の「競争優位性」はジャズライブとのコラボ ほか
第6章 「物心両面の幸福を追求する」決意表明
「人生を懸けて飲食業に革命を起こす」決意の数々
第7章 業界トップとなり、革新し続ける
株式公開に向かって動き出す ほか

出版社からのコメント

今、東京・銀座、新橋界隈で長蛇の行列をつくっている「俺のイタリアン」「俺のフレンチ」。
その始まりは2011年9月のことで、彗星のごとく飲食の街に現れた。
1号店の「俺のイタリアン新橋本店」は16坪で月商1900万円をクリアするなど、軒並み驚異的な繁盛を呈している。
その「俺の」シリーズを率いるのは坂本孝氏。
坂本氏は「ブックオフ」の創業者であり、16年間で1000店舗に成長させた人物である。そして突然の退任。
一時はビジネス社会から姿を消した坂本氏だが、再びの挑戦になぜ飲食業を選んだのか。
前代未聞の繁盛店はいかにして誕生したのか。
そして、これからのビジョンをどのように描いているのか。
まさに事業を創り出す天才、坂本氏がこの本の中で余すことなく語り尽くす。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 240ページ
  • 出版社: 商業界; 初版 (2013/4/3)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4785504544
  • ISBN-13: 978-4785504540
  • 発売日: 2013/4/3
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 1.3 x 12.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 49件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 28,644位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
立ち飲みと3つ星レストランを合わせるなんて無理だと思えることでも情熱と緻密な計算、
協力してくれる人達が揃うと実現してしまうところが良いと思いました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 写楽 投稿日 2014/1/12
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
他人(他社)がやらない事をやる(無から新たに生み出すのではなく、既存のものを組み合わせることで、シナジー効果が生まれる)。

他社が簡単に追随できないよう、ブランド化・差別化し(一流の料理人・食材・低価格・味・立地)、理詰め(数字)で考え、思い切りよく行動する。

利他の心(利己的でなく、人の為)を持ち、従業員を大切にし(大事にされることで、顧客を遇することにつながる)、楽しんで働いてもらう。

人生にムダなことは無い(失敗から何を学び、次にどう生かすか)。

チャンスは、至る所に転がっている(括目すれば、見える&メンターの存在)。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 やまなか VINE メンバー 投稿日 2014/8/3
形式: 単行本(ソフトカバー)
業界の常識を覆したビジネスモデルを
作り上げる過程やロジックを説明してある
前半はとても面白いです。

どんなビジネスでも高い粗利率を確保することが
いろはの「い」なのに
その逆を行く仕組みを軌道に乗せる過程は
興味が尽きません。

後半は、
社員等の会社や経営陣に向けた
決意表明や賞賛、賛辞、謝辞のオンパレードで
食傷気味になります。

稲盛さん系の人なので
「利他」と「従業員の物心両面の幸福を追及」を
訴求してしまいますが、
どうしても
"君たち社員の物心両面の幸福を考えてあげているのだから、
会社や組織(仲間)のために利他の気持ちで尽くせ"
とブラック気味になってしまう感じがしてしまうので
残念なところです。
(ブックオフはそれもあって、退任せざるを得なかった訳ですし。)

最終章で
今後の方向性と料理人の地位向上を謳っているので
その実現ができるかどうかが
大きなキーとなるように思いました。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
さすが京セラを大企業にし、JALを再生させた経営者です。
こんなところにも稲盛さんの教えが活かされているとは。
前身のブックオフでは、稲盛フィロソフィにより、実践してきた数々のことが競争優位性をもたらした・・・と、あります。
そして、それが『俺の・・・』に活かされているんですね。
坂本社長の発想のすばらしさと、稲盛フィロソフィの合体が、このぶっちぎりを生んだんだと思います。
坂本社長だけでなく、稲盛さんの本にも触手を伸ばしてみたいと感じました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
最近、たくさんTV・雑誌で、この店や坂本さんの紹介がされており、
いよいよ本が出ましたか!と、意気揚々としながら読んでみました。

この2月に、フレンチ、しまだ(和食)、イタリアンの3店をハシゴしているので、
実態を掴んだ上での、確認読書になりましたが、
お客の回転数を上げることで利益を上げるということが、柱として述べられています。
回転数を上げるということは、開店前からひっきりなしにお客が来る状態を創ること
そのためには、よい素材で質の高い料理を、腕の良い料理人が提供する事が不可欠としています。

独自のビジネスモデルの読み物としては、面白いのです。
しかしこれは、独自でぶっちぎりでしか成立しないモデルのため、他店で参考になるかと言えば、NOかもしれません。

また、フレンチ、イタリアンのお店を巡った感想としては、
つまみや前菜ならともかく、きちんとした一品料理を狭い丸テーブルに向かって立って食べるという事にどうも落ち着かないのです。
料理は、それは最高に美味しいのですが、もちろん、オーダーから提供まで時間もかかりますし、その待つ時間も手持ち無沙汰。
2人や3人ならそれまでワインだけでも話が持ちますが、1人で行くには向かないお店です
...続きを読む ›
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
回転率をあげて、原価率が高くても儲かるシステムをつくり、成功していることはよくわかった。
光の部分に多くのページをさいているが、働いている人は本当に幸せなのか、影の部分にもっとページをさいてほしかった。
回転率を上がるということは簡単ではないはずで、料理人やスタッフはこれまでの数倍の忙しさで働いているだろうに、ミスはないのか。注意力、集中力は切れないのか。
その辺が知りたかった。
一流料理人が集まった理由も、腑に落ちなかった。
読み込みがたりないのだろうか。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー