中古品:
¥ 1,813
+ ¥ 350 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ●セル版●盤面に、再生、動作に影響がない程度の擦り傷がある場合がございます。パッケージ、ジャケット類に、キズ、スレなどのダメージがございます●特に記載がない場合、帯、特典は付属しておりません●クッション梱包にてゆうメールにて発送いたします● 土、日、祝祭日は定休日のため翌営業日以降順次発送します●店頭でも販売していますので品切れの場合はご容赦ください●
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

俺たちに明日はないッス デラックス版 [DVD]

5つ星のうち 2.9 11件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:7¥ 4,699より 中古品の出品:6¥ 1,808より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 柄本時生, 遠藤雄弥, 草野イニ, 安藤サクラ, ダンカン
  • 監督: タナダユキ
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ジェネオン エンタテインメント
  • 発売日 2009/05/22
  • 時間: 79 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.9 11件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B001WBXLQQ
  • JAN: 4988102642334
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 87,301位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

みんな、17才でした。今じゃなきゃダメなんだ!!
童貞無為な17才。俺たちの明日はどっちだ!?

【本篇ディスク特典】
●メイキング
●インタビュー
●舞台挨拶映像
●予告篇

【スタッフ】
監督:タナダユキ『百万円と苦虫女』『タカダワタル的』 原作:さそうあきら 脚本:向井康介『リンダリンダリンダ』 撮影:山崎裕 主題歌:『17才』 歌・編曲:銀杏BOYZ(我孫子真哉=ベース/チン中村=ギター/峯田和伸=ヴォーカル、ギター/村井守=ドラム 照明:山本浩資/録音・音響効果:菊池信之/美術:谷内邦恵/編集:宮島竜治/スクリプター:高田優/助監督:滝本憲吾/プロデューサー:米山加奈子、木村淳

【キャスト】
柄本時生(えのもとときお)『奈緒子』『ホームレス中学生』 遠藤雄弥(えんどうゆうや)D-BOYSのリーダー『シャカリキ』 草野イニ(いさのいに) 劇団ロリータ男爵 安藤サクラ(あんどうさくら) ダンカン 田口トモロヲ

【ストーリー】
比留間、峯、安藤(安パイ)は、17才のダメ高校生3人組。同級生の友野とヤリたくてしょうがない比留間は、彼女が担任とラブホテルから出てくるところを目撃してしまう。一方、峯は公園で倒れていた同級生ちづを助けたことで急接近。しかし、父親と2人暮らしのちづは、性の知識がまるでなく、興味ばかりが先走り、峯の方が怖じ気づいてしまう。そしてデブの安パイは、巨乳の女子・秋恵から告白され、思いがけずもラブラブに…。

【劇場公開情報】
2008/11/22公開 ユーロスヘ゜ース他全国公開

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

傑作として名高いさそうあきらの同名コミックを『百万円と苦虫女』のタナダユキ監督が映画化。同級生の友野とSEXがしたい高校生・比留間だが、その友野が担任とラブホテルから出てくるところを目撃してしまう。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 一色町民 殿堂入りレビュアーVINE メンバー 投稿日 2009/5/2
形式: DVD
童貞卒業のことしか頭にない17才の高校生たちの悶々とした青春模様を赤裸々に綴ります。いわば、トホホなラブコメですね。 (笑) ただし、遠くが見えない息苦しさがある。つまり、爽快な青春映画というわけではない、それがリアル。

ダメ男子代表みたいな比留間(柄本時生) 、病弱で日傘をさして登校するような女生徒の友野(三輪子)、サエない中年の吉田先生(田口トモロヲ)の関係を軸に、ちょっとイケてる峯(遠藤雄弥)と性に無知なちづ(安藤サクラ)、パシリのデブ安藤(草野イニ)と巨乳の秋恵(水崎綾女)の恋と絶妙なバランス。オムニバス映画のような雰囲気もありますね。

柄本時生ほか全員が、どこにでもいそうなのがまずポイント高い。等身大の男子たちが好きな女子に優しくできない小学生レベルのメンタリティで窒息しそうになったり、雰囲気に流されてセックスすることになったり、巨乳女子に弄ばれたり。と、下半身でしかものを考えられないのに、意外にナイーブな童貞少年のもどかしさが可笑しくも愛しい。(笑)
彼らを翻弄する女子が大人っぽく、ときには計算高さすら感じさせるのと好対照ですね。
男性監督が撮ったら、男子たちの生態はもっと生々しいものになったかもしれないが、女性視線が入るというところで、「ホント男子ってバカなんだから」程度に留まったのかもしれない。男性監督
...続きを読む ›
1 コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
作りが雑だわ
話飛ぶし
意味わからんし

前半すっげーつまらんって思ってたんですが

後半に行くに連れて
面白くなっていきました
海のシーンや
最後の台詞が好きですね

あとは俳優さん達の頑張りが凄かった彼らのこれからが楽しみです!

個人的には
好きな映画です

評価が低い人も多いので
一般的に受け入れられにくいのかもですが
みてみて下さい
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
思春期のかったるさ、キモさ、エロさを丁寧に映像化した作品

基本野暮ったいし、下手だし色々文句をつけられるけど
でも、なんか妙に艶かしい映画

なによりキャスティングが秀逸
作品の生理と役者の生理がぴったり合ってると言えばいいのか
気持ち悪さも、バツの悪さも、ドキドキもダイレクトにこっちに来る感じ
こういう真っ当な配役と演出を見たのは久々な気がした

映像もけっこうよかったです
冒頭のダンプが行き交う白っ茶けた道路を人が歩いてる場面や
プールの脇で主人公がエロ小説読んでるところ
湿り気を帯びた雨上がりの歩道、なんてありがちな情景も、
なにやらエロティックな雰囲気をかもし出しててドキっとした

傑作とか佳作とか、何度も観たいとかいう気は起きないけど
妙に記憶に残る映画だった
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
「赤い文化住宅・・・」「百万円と・・」を見て、その類を見ない不思議な雰囲気に衝撃を受け、タナダユキという監督には大いに興味を持ち、注目もしていたのですが、正直この作品にはがっかりさせられました。
原作を未読なせいもあり、作品のテーマというか、伝えようとしていることがもうひとつ見えて来ず、なんだかもどかしい気分でした。
いい大人が見たら眉を顰めるか、あるいは赤面して顔を背けるか、はたまた呆れて嘲笑をもらすような、
でも同時にとてつもなく羨ましくなるような、下品でこのうえなく卑しい、あの青春期の枯れることを知らない無尽蔵なエネルギーのほとばしりへの憧憬。描こうとしていたのがもしそんなものなのだったとしたら、この作品は全くの失敗に終わっていると思います。
 最後まで一度もクスリとも笑えず、一度もキュンともしませんでした。
女性監督なので、この時期の盛りのついた男子どもの心情を理解するのは難しいのだろうなとは思いますが、女子生徒たちの描き方も、到底その心のうちをわかっているとは思えない内容でした。次回作での雪辱を期待します。
 
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 damondo 投稿日 2009/12/21
形式: DVD
脚本家の選出ミスです。この手の作品は女性の脚本家の方が絶対上手い。映画芸術あたりが喜びそうな映画です。昔のにっかつロマンポルノの方が映画としてずっと良く出来ていました。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す