中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

俺が、つくる! 単行本 – 2003/1

5つ星のうち 4.5 30件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

メディア掲載レビューほか

俺が、つくる! 世界一の職人岡野雅行
「中国に負けない技術・技能を持った中小企業はどんなところか」。ここ10年ほどそのような調査を続けてきた。しかし、成功例として取り上げた企業も次々に経営不振に陥り、中には倒産する会社も出てきた。それほど今の不況は深くて厳しい。

ところが、どんな不況にもびくともしない企業がある。それが著者の岡野雅行氏が率いる岡野工業である。

同社を一躍有名にしたのは、携帯電話用のリチウムイオン電池のケースだった。危険度の高いリチウムは、液漏れすると大きな事故につながる。継ぎ目のできる溶接ではなく、1枚の金属板を何度もプレスする「深絞り」という技術で作る必要がある。この電池ケースは薄くて長いので、相当の工程数をかけないと深い筒状に加工できない。当然コストは高くなる。ところが岡野工業だけが、一発でケースを抜くという離れ業を成し遂げたのである。

需要を独占して、零細企業はいきなり世界企業となった。普通の経営者なら、ここで技術を隠して守りに入るだろう。ところが、岡野氏はそうしなかった。テレビや講演で技術についてどんどんしゃべり、製造現場を取引先やマスメディアに見せてしまう。彼の過去の成功にこだわらない性格も手伝ったのだろうが、何より絶対に真似されないという自信が、岡野氏のオープンな態度を支えていたのだろう。

本書は、彼がいつも通りにしゃべった内容を、ライターがまとめたものだと思う。結果として、妙にいじらなかったのがよかった。べらんめえ口調そのままの文章が、岡野氏の人間性を生き生きと伝えているからである。

痛みを感じないほど細い注射針、燃料電池のケースと、同社が繰り出す新技術は途切れることがない。その新技術を、開発から数年もするとあっさり人手に渡してしまう。追随する業者が現れて、製品価格が下がるからだ。技術開発に特化し量産を拒否する同社は、有名になった今でも、従業員数はたった6人にすぎない。

岡野氏の話からは製造業の生き残る道が、明確に浮かび上がる。技術の成功確率の低下、小粒化、短命化というトレンドの中でも、成功モデルはあるのだ。ただ、多くの普通の中小企業にとって、同社に倣うのは決して容易ではない。残念ながら、岡野工業ほどの創造性や体力を持ち合わせている会社はほとんどないからだ。

むしろ、同社のお株を奪える可能性があるのは、岡野工業に新技術の開発を委託している大企業の技術者たちだろう。彼らは能力も高いし、まだ発注できるだけの体力がある。後は、岡野氏のように夢中で挑戦と失敗を繰り返せる気力があるかどうかだ。

(経済評論家 森永 卓郎)
(日経ビジネス 2003/05/12 Copyright©2001 日経BP企画..All rights reserved.)
-- 日経BP企画

内容紹介

ベストセラー10万部の文庫化!「痛くない注射針」で一世を風靡し、日本のモノ作りを支える伝説の職人、岡野雅行さんが仕事にかける熱い思いを語った1冊。これからも大切に守りたい「職人魂」が随所に溢れています。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 222ページ
  • 出版社: 中経出版 (2003/01)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4806117609
  • ISBN-13: 978-4806117605
  • 発売日: 2003/01
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 30件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 719,327位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
良いものとしては良かったが一般的には通用しないことも多かったのであまり鵜呑みにしないほうがいいかも。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2003/2/4
形式: 単行本
金型、プレス関係の仕事に携わっておられる方には大変興味深く読み進められるでしょうね。専門用語も沢山出てくるが、その都度解説がされているので素人さんにもある程度は理解できるでしょう。従業員6人の町工場が、他社では「絶対出来ない!」と言う仕事を岡野氏のところに持っていけば出来てしまう。だから言い値で儲かる!儲かって儲かってしょうがない!3Kと馬鹿にされ、笑われた時代もあったが、笑いたければ笑えばいい!製造業は儲かるもんである。が、岡野氏がどれ程の努力をされて、大会社にもノーと言える職人気質(かたぎ)の技術を身に付けられたのかが語録調に記され、大変読みやすい書籍である。単なる専門的書物ではなくトヨタ、日産、ホンダが、我先にと燃料電池車に力を入れている訳はビジネスマンにも岡野氏の先見された情報収集力などヒントとなる項目は多々在ると思う。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
職人の為にだけ存在する本ではない。
営業マン、部門のリーダー、経営者のかたなど
発想を柔軟にするべき人には目からウロコの一冊です。
取材された内容がそのまま文章になっているような形式です。
読みやすいのですが、すごいことがたくさん書いてあります。
営業としては断る営業ができているし、付加価値戦略もとれている。
「実現してやる」というすごいプライドで不可能を可能にする。
誰もが得るところがあるはずです。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
驚くのは、73歳で現役バリバリの岡野氏が、紙面で何度も繰り返し言っている「仕事なんていくらでもある」という台詞だ。景気が回復傾向にあるとはいえ、まだまだ中小企業は厳しいご時世に仕事がたくさんあるという台詞には貫禄を感じる。

 また、その儲かる原因はもちろん若い時から磨いてきた腕にあることに間違いはないが、岡野社長の人情味あるれる、人柄が利益を増幅させているように思えた。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
このデフレの中、どのようにして世界と向き合えばいいのか。人生の哲学を織り交ぜ、岡野”代表社員”は語ります。この世の中楽してもうけようとする奴らが多すぎる。人と同じことをするのではなく、人がやらないからこそ、挑戦してみようじゃないか、、、。刺しても痛くない注射針という全人類の偉業を成し遂げた芸術技術士の声を聞いてみよう。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
サラリーマンには厳しい内容であるが、岡野さんのパワーあふれる語録を読むことで、ビジネスの基本に戻れるはずです。政治家や経済評論家より経済に詳しいと豪語する著者です。他社にはまねのできない技術を生み出すヒントが少し見つかると思います。本では、商人道みたいな話のあり、誰でも容易に読みこなしていくことができます
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
「職人肌の親父の説教本か」
と、最初は思ってました。
でも読み進めるにつれて、
 ・「下請け」というビジネスモデルを覆した。⇒自社より大きい会社を下請けにしている(笑)
 ・誰もやらない仕事(痛くない注射針の開発など)だけをやっていた。
 ・社員数6人で年商6億円(!)
などの記述があり、「これは普通の町工場じゃない!」と俄然興味をそそられました。
「自分の仕事に対する誇り」
これが岡野さんの土台だと思いました。
誇りがあるから、大企業とも対等に立てる。
誇りがあるから、仕事を楽しめる。
誇りがあるから、売上は後からついてくる。
岡野さんは、日々の自分の仕事に対する姿勢を振り返らせてくれました。
この岡野さんらしいタイトルもいいですね。
「俺が、つくる!」
いい本でした。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
色んな経営の本が書店で並んでいるが、殆どが建前論で、しかも作者が実践を積んだキャリアではなく、それ専門の著者が多い中、この本は重みがある。「出来ないとわかってるから、やるんだ」の意気込みとか、心の中に燃える炎とか勢い。いま日本が失いかけている物を持ってるように思う。そして「代表社員」という肩書き。儲ける事ではなく技術を開発する意気込み、社員と同等の立場で働く。だから信頼される、社員も付いていく。欧米化に進む中で忘れられた何かを思い出させる本である。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー