中古品
¥ 30
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品ですので、多少の傷み・小口ヤケがある場合がございますがご容赦くださいませ。その他の状態につきましては、Amazonコンディションガイドラインに準拠いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

俺、マジダメかもしれない…―「急性リンパ性白血病」で逝った最愛の息子へ 単行本 – 2008/3

5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,296 ¥ 583
単行本, 2008/3
¥ 1

この商品には新版があります:


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

家族に愛され、友人たちに愛された青年が逝ってしまった。急性リンパ性白血病に冒され、僅か18歳でこの世を去った青年を取り巻く家族と友人たちの想い。その想いに応えようと闘い続けた青年の想いがこの本には凝縮されている。

著者からのコメント

急性リンパ性白血病...血液のがん。全く無知の世界。
10ヶ月間の闘病の末、過酷で壮絶なガンとの闘いに負け、19歳の誕生日を目前にして抱きかかえられている母親の腕の中でたった一粒、無念の涙を流して亡くなりました。
骨髄移植をし生まれ変わって42日目のことでした。
数え切れないほどの仲間からの頑張れメールを織り交ぜながら書き上げました。
骨髄移植しか生きる道が無い...治る確率が80%でも敏行にとっては0か100。治ることだけを信じ常に前向きでした。
重度の口内炎で口の中がえぐれ、何も食べることが出来なくなりウイダーゼリーだけで1ヶ月過ごし「お母さんはいいね!俺と代わって!今すぐ代わって!!」食べられないいらだち。毎日のように突発的なことが起き、何度も危機を乗り越え克服してきました。
仲間から忘れられるんじゃないか...
見捨てられるんじゃないか...
俺のことみんなが忘れるんじゃないか...と言う不安。
命の重さ、大切さを知ったからこそ持てた看護師の夢。
最後は人が変わったように優しく素直になり、私を百パーセント頼ってくれました。そんな敏行がとても愛おしく感じました。
題名の「俺、マジダメかもしれない...」は敏行が最後に残した言葉です。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 227ページ
  • 出版社: JPS出版局 (2008/03)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4884695658
  • ISBN-13: 978-4884695651
  • 発売日: 2008/03
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,435,207位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
白血病でなくなった、高野君の闘病記を母親である筆者がまとめた本。
読み終わると、命の大切さと共に、自分の子どもや家族と一緒に平凡だけど健康な日常生活を送ることができている幸せを強く感じた。
抗がん剤から、骨髄移植への闘病記は、リアルで読んでいて怖いほどだった。
高野君のご冥福を祈ると共に、一人でも多くの人が白血病から生還してくれるような治療法や、システムが確立されるといいのにと、考えた。
1時間程度で読みきれるので、ぜひ一度手にとってもらいたい本です。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
どんな病気もそうかもしれない
病気になって初めて知る真実、死ぬかもしれないと感じて
人は何を考えるのか
生きることに真正面に立ち向かった
トッシーと家族の記録です
きれいごとではない真実の記録です
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
なんの変哲もなく、元気に暮らしていた高校3年生の青年が、ある日突然白血病に罹患していることがわかり、その日からお母さんが、息子さんの回復した日のために書き綴った日記を中心に、まとめられた本です。基本的には闘病の記録であり、白血病にかかってしまったトッシー君(高野敏行くん)の、その日からの生き急ぐ様や必死の闘病の様子が、お母さんの目を通して、もどかしく苦しく愛情深く記されています。どうしようもない体の倦怠感や、顔が動かなくなることの恐怖や、口の中が痛くて物が食べられず、麻酔のうがいをしながら食べ物を生きるために必死で流し込んでいく様子、抗がん剤による精子の減少により、将来子供ができないことを知った時の悲しさ、骨髄移植のためのさらなる闘病、病気の進行に伴う記憶障害の恐怖や悲しさに最後の最後にお母さんの胸の中で息を引き取る様に、胸が締め付けられます。トッシー君は、決して親御さんの言うことを、ハイハイと聞くようなタイプの青年ではなかったようだけれども、たくさんの同級生や友達や恋人が彼を携帯メールや、お見舞いで励まします。(今の時代に、携帯メールはとても大切な闘病のためのアイテムになっています)。彼は結局なくなってしまいましたが、彼のお葬式での悼辞も含めて、彼がいかにたくさんの仲間に愛されてきたが偲ばれ、うらやましくも思います。人の死は、時に運命のように避けられずにやってくることもあるでしょ...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す


フィードバック