通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
修羅場のマネー哲学―1億5000万円の借金を9年間... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーや本体に日焼けやスレ等の使用感があります。万が一品質に不備があった場合は返金対応いたします。帯・チラシ等の封入物は原則として付属しておりません。他サイトでも販売しているため、時間差で在庫切れになった場合はキャンセルとさせていただきます。 1381406
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

修羅場のマネー哲学―1億5000万円の借金を9年間で完済した男 (幻冬舎アウトロー文庫) 文庫 – 2003/12

5つ星のうち 4.0 20件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 576
¥ 576 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 修羅場のマネー哲学―1億5000万円の借金を9年間で完済した男 (幻冬舎アウトロー文庫)
  • +
  • ラストチャンス 日本株は5年で見限れ
総額: ¥1,656
ポイントの合計: 44pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

”株の負けは株で取り戻せ!1990年4月3、4日。悪夢の2日間の損失額は実に7億1560万円。大借金地獄から9年かけて奇跡的に生還した1%の勝ち組最後の生き残りの半生とは?”

内容(「BOOK」データベースより)

株の負けは株で取り戻せ!1990年4月3、4日。悪夢のような2日間の損失額は実に7億1560万円。大借金地獄から9年かけて奇跡的に生還した1%の勝ち組最後の生き残りがいた。株に敗れた男は再び株と向き合い、株で勝利し、ついにどん底から這い上がった。99%の負け組にならないための株式投資の本質を暴く壮絶ノンフィクション。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 284ページ
  • 出版社: 幻冬舎 (2003/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4344404726
  • ISBN-13: 978-4344404724
  • 発売日: 2003/12
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 20件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 539,729位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
1990年4月、バブル崩壊で背負った高利の借金1億5千万円を「空白の10年間」できっちり返済したという体験談。ちょうどこの時期(のほぼ半分)を外資系証券会社で過ごした者として多少のノスタルジーを感じて手にとった。(当然といえば当然だが)まず、著者が売買する銘柄の株価の高さに頭がくらくらした。さらに、これと決めたら迷いなく行け行けドンドンで買い進める著者の投資スタンスにため息が出た。父上が永田町とパイプを持つ方だったなど、著者が置かれていた特殊な環境を割り引いてもこの快進撃はすごすぎる。もちろん日経ダウが下がったから上場銘柄が全部下がるというわけではないが、当時のように圧倒的にネガティブな環境下で砂の中から磨けば輝く玉だけを立て続けに探しだすのは至難の業である。その勝ち残り方たるや単なる相場戦記の比ではなく、「私は飛行機墜落事故からこうして生還しました」的体験記に近いと思った。(だから、普通の人は絶対真似しないでね。)
そんな著者が力説する日本の株式市場の近未来図にはかなりの説得力がある。勝負は4年、その間は急回復するが後は・・・というシナリオは私自身のタイムテーブルに似ていて、共感を持って読んだ。著者の経験ほどではないにしても、ごく普通の人たちが普通に組んだ住宅ローンのために修羅場を経験するという現象がすでに起きている。変動の激しい社会ではチャンスも大きければリスクも大き
...続きを読む ›
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 凄まじい人生である。上(頂上)も凄けりゃ下(谷底)も凄い。
 この著者の人生に比べれば、一サラリーマンとして、平凡な幸せを感じながら一生を終えたいと願う私の人生は、多少の起伏があっても、真平らな平野のようなものである。
 学生時代に弁当屋の経営に成功し、自信と大金を手に入れた著者は、証券マンになっても、禁じられていた株式投資で巨額の収入を得て、バブル以上のバブルを謳歌していた。
 しかし1990年、バブルの崩壊で天国から地獄へ、一気に1億5000万円の借金を背負うことになる。
 自殺を決意したその瞬間、同じくバブルの崩壊ですべての財産をなくした元顧客が、『私は人生から逃げるが、君は逃げないで欲しい』という内容の遺書を残し、自殺する。そして著者は、現状に正面から立ち向かい、借金を返済することを決意する……。
 全部作り話ではなく、事実である。著者は、ある種の『熱狂』を持っていて、凡人には決して真似のできない行動をとる。だからこそ成功したのだろう。
 しかし、その根底に流れる考え、『哲学』は、決して真似のできないものではない。読み物としてもおもしろく読めるし、何らかの教訓を得ることもできる、そんな本だ。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
作者は、学生の頃、中高時代に何かに打ち込むものがなかったということに気づいてから、いろんなことを学んだようです。
失敗を恐れず、一般人が聞くとびっくりするような失敗に出会っても、そこから何かを学んで成長してる姿は、本当に素晴らしいです。
それを真似できることかというと、なかなか難しいことです。
失敗に落ち込み、それを見ないようにすることは出来ても、そこから学ぶことは簡単にできることではありません。
バブルの頃、自分でも空恐ろしいほどの金銭感覚だったようですが、その失敗から学び取ったものを実学に裏づけされたものだと思います。
一般の人が真似できそうにないという点で星一つ差し引きますが、彼のように失敗を恐れず挑戦すること、失敗から学ぶ姿勢には、私自身も学びたいです。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2004/2/9
形式: 文庫
自らの招いた修羅場なのだと、いってしまえばそれまでだが、簡単にケツをまくって逃出す人々が多い中、木戸氏のこの著作は、一石を投じるどころか、マサカリを振りかざし、甘ったれた脳髄に一撃を食らわすだけの破壊力がある。長引く不景気の中、自殺者は増え、自らの足元を見失い、ひたすらマイナス思考街道驀進中の人々に、「とにかく、読んでくれ」と、是非とも勧めたい一冊なのだ。逃げることより、立ち向かう勇気と、責任感が、ひしひしと伝わってくる。彼を助けてくれる人がいた理由は、決して七光りなどではないし、口先のテクニックなんかじゃなかったのだ。人柄が、彼を救ったのだ。ひたむきな彼を、助けずにはいられない人たちがいたのだ。大した男だ。ほかに言葉はないだろう。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック