通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
信長協奏曲 6 (ゲッサン少年サンデーコミックス) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆若干、小口に日焼けがあります。他はきれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

信長協奏曲 6 (ゲッサン少年サンデーコミックス) コミックス – 2012/2/10

5つ星のうち 4.8 12件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 494
¥ 494 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 信長協奏曲 6 (ゲッサン少年サンデーコミックス)
  • +
  • 信長協奏曲 7 (ゲッサン少年サンデーコミックス)
  • +
  • 信長協奏曲 5 (ゲッサン少年サンデーコミックス)
総額: ¥1,482
ポイントの合計: 48pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



「マンガ大賞2017」大賞は柳本光晴 『響~小説家になる方法~』に決定!
2位『金の国 水の国』、3位『ダンジョン飯』、4位『アオアシ』ほか >> 特集ページはこちら

登録情報

  • コミック: 181ページ
  • 出版社: 小学館 (2012/2/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 409123478X
  • ISBN-13: 978-4091234780
  • 発売日: 2012/2/10
  • 商品パッケージの寸法: 17 x 11.2 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 12件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版
実際に首(命)を狙われる危機をヒシヒシと感じたこの巻。それでも飄々としているサブローは大物感たっぷりです。
他の歴史ものではなおざりにされがちな榊原康政にスポットが当たっていたのがうれしいです。
地図が描かれているので、ドラマではわかりにくい合戦の場所や陣の位置がわかりやすいのもうれしいです。
サブローのタイムスリップという設定に目がいきがちですが、歴史をかなりきちんと勉強されて描かれていると思います。

私は津島市で生まれ、清洲城のある清須市にも住んでいたことがあります。秀吉の出身地である中村区も近いです。
織田家は、津島や熱田での海上貿易により富を蓄えて勢力を拡大した家なので、織田家が津島の天王祭に顔を出すのは、さもありなんです。
穀倉地帯でもあるので、是非とも押さえておきたい地域だったかと思います。
津島は現在では埋め立ても進んだ海抜0m地帯で、天王川は現在は川ではなく池のようになっています。
天王祭は、今も変わらず描かれているように行われています。船は巻藁船と呼ばれ、船一艘の提灯の数は1年分の365個+12か月の12個です。
祭では提灯1つずつ明かりをつけて船に突き刺して準備していきます。泳ぐ役もあります。
あそこから見た景色を描いているんだな、とわかる描写で、実際に取材されたのかと推測します。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
1〜6巻まで何十回も読んで、分かったことが二つ。
作者は天才ということ。もうだれも敵わないんじゃないでしょうか。
一切無駄の無いコマ取りに、各キャラクターのぴったり合った台詞。本当に見事です。
ドラマ化も劇場版映画も可能だと思っています。

もうひとつは、帰蝶さんあってのサブロー信長ですね。
いきなり異時代に放り込まれたサブロー信長をがんばらせるのは、帰蝶というかわゆい奥さんの存在なんでしょうね。
新春の挨拶に鬱陶しくなって疲れたサブローが癒しに戻るのは帰蝶さんの所。
でも、本当は、そういう言いわけを口にしながらも、正月に奥に寂しがっているんじゃないかと気を使って、そばに寝っころがりに来たわけでしょうし。
食事が摂れていないと、「帰蝶も食べなよ。」とさりげなくすすめたり・・・。
道三が亡くなった後相撲でわざと笑いを取ってあげたり・・・。
里帰りさせてやりたいけど、なかなか上手くいかない戦いに、「美濃取れないかも」と弱音を吐けるのも帰蝶さんの前だけ。
帰蝶という絶対に自分を裏切らないし、ぞっこんに愛してくれる奥さんがいて、さらに守りたいかわいい存在なんでしょうね。
本物の信長とタッチ交代しても「帰蝶とかいるし、今更・・」とがんばり続けることにする理由も根本
...続きを読む ›
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ポチR トップ100レビュアー 投稿日 2012/7/19
形式: コミック
朝倉・浅井との闘いに難儀する信長ことサブロー。これから史実ではまだまだ苦労が増えていくわけだが、それをどう処理していくのかが楽しみ。明智の正体がおゆきにばれるのかも気になるところだし、元々味方ではない秀吉がどう歴史上で役割を果たしていくのかも楽しみ。

それにしても、この物語は、日本史に全くと言っていいほど疎い主人公だからこそ成り立つものなのだろう。もしもサブローが織田信長の人生を全て知っていたら、こんな風には動けなかったかもしれない。そして、時々出てくるサブローと同じ境遇の人々。彼らが果たす役割もその時々で大きい。

歴史上の人物をこんな形で描くとは、この物語、本当に目が離せない。ラストの本能寺はどう処理するのだろう。そのとき明智の立場は。まだまだ先のことだが、そのときを見守りたい。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Tommy-King VINE メンバー 投稿日 2012/2/19
形式: コミック Amazonで購入
前の巻の浅井の謀反による金ヶ崎の退き口で生き延びた信長(サブロー)。
あいかわらず飄々としてあっけらかんとした態度だが、大敗の後だけに一見弱気にも見え家臣にも動揺の色がうかがえる。
サブロー自身ものんびりと構えて積極的に動かないので、何も起こらない静かな巻かと思いきや、やるべきことはちゃんとやっており、この巻の終わり近くになって急速に姉川の合戦へと流れこんで行く。
全体的に静かなパートではあるが、緩急の妙があり、次の巻への大きなつなぎにもなっている。

それにしてもサブローの歴史音痴ぶりは重傷である。
さて、そうなるとこの先の展開はサブローを信長代行に据えたまま史実を追って行くのか、どこかで大きな分岐点が来るのか。
その辺りが注目されるが、今しばらくは他の歴史コミックでは見られない最もユルキャラな信長の活躍が続きそうだ。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー