通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
信長協奏曲 1 (ゲッサン少年サンデーコミックス) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ※通常24時間以内に発送可能です。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■午後1時までのご注文は通常当日出荷。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。ii1462_
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

信長協奏曲 1 (ゲッサン少年サンデーコミックス) コミック – 2009/11/12

5つ星のうち 3.9 87件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 494
¥ 494 ¥ 1

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 信長協奏曲 1 (ゲッサン少年サンデーコミックス)
  • +
  • 信長協奏曲 2 (少年サンデーコミックス)
  • +
  • 信長協奏曲 3 (ゲッサン少年サンデーコミックス)
総額: ¥1,482
ポイントの合計: 48pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



「まとめ買い・セット本」
マンガ・絵本・小説・文庫セットなど、新品・中古本をまとめ買いできる。最大10%ポイント還元も。 まとめ買い・セット本

登録情報

  • コミック: 194ページ
  • 出版社: 小学館 (2009/11/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4091221009
  • ISBN-13: 978-4091221001
  • 発売日: 2009/11/12
  • 商品パッケージの寸法: 17.4 x 11.2 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 87件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
歴史が苦手な高校生がいきなり戦国時代に飛ばされて、自分と同じ顔の信長に身代わりとして生きることを頼まれ、戦国武将の倅としての生活がはじまります。タイムスリップものですが、一般的にそこから連想されるものとはちょっと(?)違います。

なんといっても主人公がとてもヨイです。
本人の何気ない行動が、意図せず「ここしかない」というタイミングで効果的に働いてしまう。そんな天運を持って生まれた人物です。
飄々としているのに淡々としていて、底がしれない『大物の器』臭がぷんぷんです。
本人はまったくそのつもりもやる気もないのがまたよい。

あと、
ストーリーと絵柄が絶妙にマッチしてます。
独特の雰囲気がちゃんと戦国時代を感じさせてくれる。
さいきん主流の、細い線とたくさんのトーンで綺麗に描かれた絵柄とは違い、自然な味があります。
どっちがイイとここで言うつもりはありませんが、この漫画はこの絵柄でなければ魅力が半減以下だったでしょう。うん。

ふだん漫画を読み返すことはほとんどないのですが、これはすでに何回読んだかわかりません。
自然と手にとってしまう、そんな感じ。
今後どんな展開になるのかはわかりませんが、2巻も間違いなく買います。
だって何回も読みたくなるから。期待してます。
コメント 94人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
フェンスから落ちたら何故か戦国時代で、高校生の主人公・三郎が瓜二つの織田信長に成り代わるわ(えっ)、当の信長本人の方は病弱(ええっ)で織田家を出奔するわ(えええー)・・・斬新過ぎるその設定が印象深い作品でした♪
本物の信長とは正反対で奔放な三郎と彼に振り回される人々の織り成すドラマは、読んでいて楽しく時に微笑ましくあります(*^_^*)
特に、妻である帰蝶との「でえと」や人質である竹千代(後の徳川家康)との立場の違いを超えて交流するところは良かった・・・そういえば、竹千代を後に「家康」ならぬ「エロ康」にした切っ掛けを作ったのも三郎でしたね( ̄▽ ̄)ニヤリ
TVドラマ&映画版での柴咲コウの勝ち気な帰蝶も良かったのですが、あの「蝮の娘」らしからぬ貞淑でたおやかなこの帰蝶も結構好きですo(^-^)o
奔放で一見掴み所がない三郎ですが、歴史教科書に乗っていた記述に関する僅な記憶を便りに、「信長」として天下布武を目指す姿は、その外見とは裏腹に男らしく格好よくすら見えます(^O^)
作中の時の流れは結構早いのですが、基本的には三郎は、良い意味でもそうでない意味でも戦国時代へやって来た来た時のまま・・・まるで「永遠の少年」であるかのようです(だが、ソレが(^_^)イイ!)
久しぶりに読み返したい方もまだ読んだことが無い方も是非どうぞ(^o^)/
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
良くあるタイムスリップ物だけれど、主人公に焦りや悲観はなく、戦国時代という緊張感の中で一人だけのほほんとしているギャップが斬新で面白かったのですが、途中からダラダラと史実通りに進んでいくだけの“信長戦記”になってしまいました。主人公は全く歴史を知らないので(でも、明智光秀を知らない高校生っているのかな・・・?いるんだろうな)始めは『意図していないけれど偶然史実通りになっていく』という流れだったのに、今となっては「こいつ、事細かく歴史知ってンジャン」と思うくらい自分で迷い無く決断して歴史を動かしていきます。

しかし個人的には戦国時代をあまりにも生々しく描いたマンガは苦手なので、このくらいソフトな表現は嫌いではないです。まぁあくまでエンターテイメントとして読むのであれば処々の突っ込み所を無視して気楽に読めるので良いかな~と。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 123 トップ100レビュアー 投稿日 2016/1/27
形式: Kindle版 Amazonで購入
現代の風変わりな男子高校生が戦国時代にタイムスリップしてしまい、織田信長として生きたらどうなるか?というお話です。ありがちではありますが、主人公の人物像が味があって面白いです。飄々としていてつかみ所がなく、まさにうつけと評されそうなキャラです。天才であったり冷酷であったり苛烈であったり、信長は激しいキャラとして描かれがちですが、こちらの信長は一見するとやる気もないし何も考えていないように見えて、いざという時にサラリと美味しいところを掠います。それが嫌みでもなく周りとのズレもコミカルで楽しめました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック