通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
信長のシェフ 18 (芳文社コミックス) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 駄楽屋書房
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 初版。カバー帯あり。カバー少キズありですが、その他は全体に良好な状態です。納品書兼領収証を同封して発送いたします。一部発送で日本郵便のゆうメールを使っております。そのため土日祝日は休み明けの発送となります。ご理解のほど、よろしくお願いいたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

信長のシェフ 18 (芳文社コミックス) コミックス – 2017/4/14

5つ星のうち 4.6 7件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 637
¥ 637 ¥ 347
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 信長のシェフ 18 (芳文社コミックス)
  • +
  • 信長協奏曲 15 (ゲッサン少年サンデーコミックス)
  • +
  • キングダム 46 (ヤングジャンプコミックス)
総額: ¥1,686
ポイントの合計: 53pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

本願寺攻めを開始した織田軍は、木津の出城を攻撃したが惨敗。その頃、毛利軍を一人で食い止めよとの命を受けたケンは、堺で明の商人に会っていた…。
3000の毛利軍に対し、ケンがとった策とは! ?


登録情報

  • コミック: 184ページ
  • 出版社: 芳文社 (2017/4/14)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4832235427
  • ISBN-13: 978-4832235427
  • 発売日: 2017/4/14
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 13 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版
群雄割拠、裏切り上等の時代の香りが出ていました。松永久秀は、狸のようなキャラと、牙を抜くための機会を伺う雰囲気がでていました。さらに、明智光秀に疑念と誘導をさせるという手管と、それをはねのける忠誠心を描いた見事なストーリーでした。裏切りというのは、突如裏切るのではなくて、色々裏準備が整えられているというのものですが、今回は心情がよくでていてすごくいい!

さらには、毛利軍5000の援軍という史実にはない出来事に対して、ケン一人で立ち向かうのも面白かった!明の商船に海路を封鎖して遅らせる作戦。この時代にはまだないフカヒレの姿煮を料理し、高級食材を日本から輸出したら儲かる(史実ではまだ先の話)ことを連想させるところは、作者の取材力に感心しました。

そろそろ本能寺が近づいてきました。信長のシェフから秀吉のシェフとなるのか!?次巻も楽しみです!
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
明智光秀が起こした本能寺の変の背景というか理由には諸説あって、後世の創作のネタになっています。
今巻では、娘を人質にとられた光秀の葛藤と決断が画かれ、信長との決定的な対決には至っていませんが、もしかしたら今回のような外的要因で光秀の意に反して本能寺の変を起こした、のかもしれないというのは深読みしすぎかな。

信長関連の創作物では、本能寺の変で信長が死亡する(歴史の改変はなかった)とするものと、信長が生き延びたとしてのその後を創作するもの都の2つに別れると思いますが、今作がどういう結末を迎えるのかは次巻以降を待つしかありません。

今作での見所は、来襲する毛利勢を食い止めるための主人公の考えた料理と人質を取られた光秀の葛藤と行動の行方、次巻への伏線として本願寺から抜け出してきたようこ、になるでしょうか。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
今作は歴史ものとしては読み応えあり!
非常に興味深く面白いし、登場キャラも輝いている(果心以外)。
しかし、「シェフ」というタイトルから来るグルメものとしてはどうなのか?
フカヒレ、ポン菓子、ポン団子しか、ケンの料理が登場せず、なんとも寂しい。
ポン菓子の使い方自体は感心したが、しかし対決相手がしょせんは果心。
普通、果心のようなキャラが出て来たら、主人公の前に立ちふさがる強大なライバル…、とかになりそうなものだが、強大どころか小者も小者。
やることなすこと小さい上、性格にも難あり(もっと尖った悪役だったら見る目も違ってきただろうが)なので、感情移入しづらいことこの上ない。
今回は、「それでも果心はがんばってやってみた!」結果、ようやくストーリーに劇的ドラマ性が生まれた感じだが、あえなくケンと信長に封殺。
しかし、その途上のドラマは面白かったのだから、果心もやれば(少しは)出来る子なんだよ、ということになった…のか、そこまでは謎。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
ほんの僅かなシーンであるのに、玉の「強い女」を現した部分に惹かれました。
今回は天王寺合戦、毛利水軍の足止めが主になっているので料理要素が少なめですが、明の商人のしたたかさもあって面白かったです。
あと3ヶ月か4ヶ月……続きが待ち遠しいです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告