Facebook Twitter LINE
¥ 1,601
通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
信長と美濃 (岐阜新聞アーカイブズシリーズ) がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

信長と美濃 (岐阜新聞アーカイブズシリーズ) 単行本(ソフトカバー) – 2017/9/29


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2017/9/29
¥ 1,601
¥ 1,601 ¥ 3,202

booksPMP

【まとめ買いキャンペーン開催中】

本・雑誌を3冊以上を購入する際、クーポンコード「2222」を入力すると最大12%ポイント還元!今すぐチェック

click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 信長と美濃 (岐阜新聞アーカイブズシリーズ)
  • +
  • 足利義昭と織田信長 (中世武士選書40)
総額: ¥4,301
ポイントの合計: 211pt (5%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるAmazonオリジナルブックカバー
10種類のロゴ入りデザインから好みのデザインを印刷して取り付けよう。 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

戦国の風雲児織田信長。尾張から美濃へと版図を広げた後、本拠地としたのは「岐阜」であった。 金華山岐阜城の麓に広がる城下は「楽市楽座」によりバビロンのごときにぎわいを見せたという。「天下布武」の号令のもと最先端の政治・経済・文化が結集した岐阜の地は、信長が夢見た領国経営を見事に具現化した。そして、この時代の蓄積が天下取りへと飛躍する原動力となったのである。 岐阜はもとより、実母土田御前ゆかりの可児、女城主の悲劇で知られる岩村など、県内ゆかりの地に取材し好評を博した岐阜新聞連載記事を、信長研究の第一人者、岐阜市歴史博物館学芸員土山公仁氏が監修。

内容(「BOOK」データベースより)

信長は、単に武力だけでなく「天下布武」という理念で領国を治め勢力を拡大していった。信長が「岐阜」と名づけた城下町は、「楽市楽座」や西洋との融合によって「バビロンのごとく」賑わいに!岐阜から安土へ、その原動力はまさしく「岐阜時代」にあったのである。急逝した元記者の遺した岐阜新聞連載企画を25年ぶりに書籍化。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 231ページ
  • 出版社: 岐阜新聞社 (2017/9/29)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 487797248X
  • ISBN-13: 978-4877972486
  • 発売日: 2017/9/29
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.8 x 2.5 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 581,883位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

まだカスタマーレビューはありません


この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう