中古品
¥ 477
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 表紙カバーには擦り傷と端にはヨレがあります。本の中は比較的綺麗で書き込み、ページの折れ、汚れなどはチェックした限りでは確認できませんでした。もし、商品に問題があった場合は評価前にご連絡いただければ、返金等対応いたしますのでご一報ください。ご注文を頂き次第24時間以内に速やかに発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

信用恐慌の謎―資本主義経済の落とし穴 単行本 – 1998/12

5つ星のうち 4.8 8件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,592 ¥ 220
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

なぜ「不景気」と「好景気」は繰り返すのか?景気循環の謎に挑む天才たちの姿をサスペンス・タッチで描き、『ロンドン・エコノミスト』誌も絶賛した無類の面白さ。

内容(「MARC」データベースより)

なぜ、「不景気」と「好景気」は繰り返すのか? 景気循環の事実と理論が相互に作用しあいながらどのように進化してきたかを、18世紀前半のジョン・ローから現代のカオス理論まで概観する。


登録情報

  • 単行本: 382ページ
  • 出版社: ダイヤモンド社 (1998/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4478200483
  • ISBN-13: 978-4478200483
  • 発売日: 1998/12
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13.4 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 496,393位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
専門の経済学者が書いた本ではない。しかし、日本の経済学者でこのような本を書ける人はほとんどいないのではないか。筆力もあって実に面白い。信用恐慌、言い換えれば、景気循環の謎にまともに挑んでいる。だから面白いのである。視野も世界的・歴史的である。専門の経済理論を対比しての研究書ではないが、いささかの経済知識が求められる部分もある。純粋に、理論的に、現代の恐慌を研究したいのならば、『金融恐慌―戦後アメリカの経験 ポスト・ケインジアン叢書』がいい。しかしこちらは読むのが大変である。読み終えたとしても、本書から得られるような視野の拡大は得られない。株式投資家などにも強くお奨めしたい。バブルが消滅した頃、野口悠紀雄氏の『バブルの経済学』という通俗本が流行ったが、また京大の宮崎氏の『複合不況』という本も流行りました。しかし、これらの本の10倍以上の内容も価値もあります。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
信用恐慌の謎という名前だが、当然マルクス経済学の本ではない。
過去の景気循環と景気循環に関する理論の発展の歴史を面白くつづった
もので、非常に良くまとまっていると思う。
一般的に大学の学部でやるレベルでは景気循環と金融の関係を深くやる
ことはないし良い本も見当たらない。
この本は知識ゼロから学べる。
この本を読んだら、「経済統計の読み方」のような入門書を手にとって
読んでみて欲しい。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 master-trader VINE メンバー 投稿日 2006/7/9
形式: 単行本 Amazonで購入
なぜこういうタイトルになったのか分からないが、原題はBusiness Cyclesである。
著者は極めて頭が良く、知識があり、文章力も兼ね備えている。
「ジョン・ローって誰?」というレベルで読み進めても
読了後は自分が賢くなったような気にさえなれる(実際には全然なっていないのだが)
原著を読むのに支障がない方は改訂され出版され続けている原著を、
そうでない方は本書の中古をどうにかして探しだし是非読むことをすすめます。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
難解な数式が頻発する(特に金融工学)経済学の専門書を見ると、経済学は浮世離れした連中のやる学問だという印象があるかもしれません。それらは後に洗練されていったにすぎず、学者は勿論、政治家、実務家、そして、私たち一般人・・・昔から人々は経済について常に考えてきたのです。
この本は非専門家である私にも、読んでいて実に楽しい本でした。バーンスタイン氏の幾つかの著書に匹敵する名著だと思います。ペーパーマネーを考案した大賭博師ジョン・ローのケース、アダム・スミスが寝間着姿で考え事をしていて、気がついたら隣町まで歩いていたという実に面白いエピソードから、フリードマン教授のケインジアン攻撃、ソロス氏とドッケンミラー氏が企てたポンド投機の話など・・・壮大な歴史ドラマの中に楽しいエピソードを盛り込ませ、尚かつ、専門的な分析への橋渡しとなる、経済学上のさまざまな概念も平易に紹介されていて、学生時代の勉学の励みにもなりました。
間違って経済学部に入ってしまったと思っている方(昔の私)!人生はそう簡単に決めつけるものではありませんぞ!
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告