Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,296

¥ 324の割引 (20%)

ポイント : 6pt (0%)
100万冊以上を読み放題でお読みいただけます。 詳細はこちら
読み放題で読む
または

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[吉田 智彦]の信念 東浦奈良男 一万日連続登山への挑戦
Kindle App Ad

信念 東浦奈良男 一万日連続登山への挑戦 Kindle版

5つ星のうち 5.0 12件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,296

【Kindle試し読み増量対象商品】:こちらは、試し読み増量商品です。試し読みは商品詳細ページの「今すぐ無料サンプルを送信」をクリック。 その他の対象商品をチェックする。 ※シリーズタイトル全作品の無料サンプルがすべて増量されているとは限りません。※Amazon.co.jp は本キャンペーンを予告なく変更または終了する権利を保有します。


商品の説明

内容紹介

前人未踏の一万日連続登山に挑んだ、毎日登山家・東浦奈良男氏の驚愕の四半世紀にわたるライフヒストリーと、その非凡かつ個性的な人格の全容を、本人への取材、膨大な日記の解読、関係者の証言などをもとに浮き彫りにする。
東浦氏は1984年の定年退職翌日から、なんと28年間にもわたることになる、一万日登山を開始した。この千日回峰行(7年間で1000日)十回分に値する途方もない挑戦は、「毎日連続して登る」というさらに驚異的なスタイルで実践された。
不可能と思える目標を掲げ、雨の日も風の日も登り続け、生きながら神の領域に近づいた驚異的な日々はもとより、行動中に水を飲まない、登山用具は廃品活用のオリジナルなど、一般的な登山の常識を無視した登山スタイルは興味深い。また、過剰ともいえる強靱な意志は、信念なき時代、登山界のみならず、社会一般に対しても強いインパクトを与える刺激的なパフォーマンスともいえる。
東浦氏は、苦行とも思える前代未聞の挑戦を、なぜ、つづけたのか? その謎に迫る渾身のルポ。

内容(「BOOK」データベースより)

千日回峰行10回分、それも連続して登るという途方もない挑戦。山行で得た洞察と達観、いっぽうで人間的な素顔、そしてその目的は?「信念なき時代」に問う、過剰なまでに強靭な意志をもった老爺の記録。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 3311 KB
  • 出版社: 山と溪谷社 (2012/3/7)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00D8Q57RO
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 12件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 18,379位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
12
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(12)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 藁火 投稿日 2012/10/22
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
愚直に、ただひたすら、変わらずひとつのことをやり続ければ、誰でもいずれ『聖人』となり『神』となることの証明だ。

そういえば「フォレストガンプ」という映画で同じような場面があった。トム・ハンクス演じる主人公が、いきなり東海岸から西海岸までの間を走り出す。走り続けるうちに、伴走者が現れ、彼を神格化する信者となって、ぞろぞろと何人も主人公の後ろを走り出す…。

一方で、東浦さん自身も『神』を見い出している。
「神は与えるもので、与えられることが幸せ。幸福とは与えられることでなくして、他に与えられることのできる者である。幸せとは人に与え、万物に与えられるものを己れに持つことなり」

東浦さんの、衆目や外見を気にすることのない、真っ直ぐな生き様は、人間としてのひとつの生き方を示してくれて、同じひとりの小さな人間に生きる勇気を与えてくれる。

結局、最後まで東浦さんが1万日毎日登山にこだわった明確な理由はわからない。しかし、理由などあまり重要ではないのかもしれない。おそらく、何でもよいのだ。

表紙や巻頭の、笠をかぶってビニール傘のビニールの部分だけをカッパ代わりにしている姿がとても印象的だ。身に着けているものはみな粗末だが、妙に鮮やかで生命力に満ちあふれている。
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 abose 投稿日 2013/9/16
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
すさまじい位の信念。
平凡な人の何処にこんなエネルギーが・・・・。
圧倒されます。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
奈良男さんの信念の強さと言うか人がここまでの事がなしえるのか
信念と言うよりは執念ですか?家族の協力もあるとはいえ・・・
簡単な事でも」物事を続けることは非常に難しいことです 
継続は力なりとも言います 自分が継続していることが難しくなったときに
もう一度開いてみたい一冊です。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 山や 投稿日 2014/4/18
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
この本を読んで感激しましたすごい人がいるんですね、私も山に行きますが毎日富士山に登るようなげんきはありません。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
退職したからといって、すぐに実行に移せる人はなかなかいない。計画倒れにはなるが。
気力は相当なものだが、それ以上に体力、頑強な身体がなければ継続は出来ない。退職を控え、考えさせられた本だ。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
いつも行く日本橋の丸善で何気に手に取りました。初めて本を手に取った印象は、「東浦さんは何者?、単なる変人か?」と思いましたが、目次、読み始めると、凄まじい執念、信念、そして頑固さに圧倒されました。

たかが山登り、それも近所の山から始められましたが、山に対するひたむきさ、尊敬の念、そして富士山への愛着もタダモノではありません。千日から万日までの道は宮本武蔵そのものです。それも定年後に始めた訳ですから、凄まじい「信念」です。

この本を読んで、思い出した人は、詩人の坂村真民さんです。この東浦さんも「心に美しい火を燃やし、人生は尊かったと叫んだ」のではないでしょうか?
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover