通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスα) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスα) コミックス – 2009/5/8

5つ星のうち 4.8 100件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 514
¥ 514 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスα)
  • +
  • 窮鼠はチーズの夢を見る (フラワーコミックスα)
  • +
  • どうしても触れたくない (ミリオンコミックス CRAFT SERIES 26)
総額: ¥1,594
ポイントの合計: 49pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

妻と離婚した恭一(きょういち)。だが今ヶ瀬(いまがせ)との男同士の微妙な関係は、今も続いていた。
今ヶ瀬に抱かれることに慣らされてゆく日々。ところが、恭一に思いを寄せる会社の部下・たまきの存在が2人の関係を大きく揺るがし始め…!?

 ケータイ少女誌「モバフラ」で配信された水城せとな大人気シリーズ完結編!!


登録情報

  • コミック: 304ページ
  • 出版社: 小学館 (2009/5/8)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4091325157
  • ISBN-13: 978-4091325150
  • 発売日: 2009/5/8
  • 商品パッケージの寸法: 17.4 x 11.2 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 100件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: コミック Amazonで購入
100件目のレビューさせてもらいます。(笑)
とにかく読んだ後の感想は「凄すぎる…」でした。今までBLは何冊も読んできたものの、これはBLではなく男同士の同性愛の人間性が描かれた
お話というか・・・。一言ではうまく表せません。腐女子でない人、BLは読まない人でもぜひ!!読んでもらいたい1冊です。
BLではなく現実はこんな感じなのかなあ・・・と思わせられるぐらいに二人の関係性、それがどう進んで、どう結末を迎えるのかを見ることができます。
水城せとなさんがこんなにすごい話を書く人だとは知りませんでした。自分が今まで読んできた漫画で1番大好きです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
前巻を読んだ時、絵が苦手だな・・・と感じた事と、
主人公の恭一のだらしなさに残念な気持ちになりました。
でも面白くない訳ではなかったので、続編のこちらを手に取りました。
いや〜〜〜〜正直、期待してなかったのでヤバイです!!!!
絵は途中から全く気にならなくなったし、
なんと言っても、主人公恭一の変身ぶりにキュンキュンしました。
この男、いつの間にこんなにカッコ良くなったの?!
反対に今ヶ瀬のダメな部分が浮彫りになっていって何て痛々しい・・・・。
喧嘩のシーン、別れのシーン、他にも・・・・名シーンばっかりで、
何度も読み返しています。
そして好きではなかった前巻までも・・・。好きになりました。
水城さんすばらしいです!!
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
ダメダメでもいい
お互いを大事に思えたらそれでいい
綺麗事じゃなくて現実的。
そこがすごく良かったです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 momonga トップ1000レビュアー 投稿日 2011/1/31
形式: コミック Amazonで購入
『窮鼠〜』、『俎上〜』共にターゲットの読者の年齢層が高めに設定されているため
解釈するうえで、経験やリテラシーの差が作品の良し悪しを左右するのかもしれません。

そこそこ汚れた?!大人の女性なら面白いと感じるはずです・笑
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 はま 投稿日 2015/10/4
形式: コミック Amazonで購入
深いですね。ビックリしました。1度読むと2回目読むのが怖くなるくらいしんどい。本で泣くことは殆どないのに 読んでて涙が止まりませんでした。自発的な愛情表現ができない恭一と相手を好きすぎて破滅行動に走る今ヶ瀬。基本、破滅型の別れ話は引き止められることで相手の愛情を確認するものです。だから本気で別れるつもりはさらさらない。だけど、何度も繰り返すうちに相手を傷つけ最終的に大切な人を失うことになる。昔の自分がそうでした。今ヶ瀬が昔の自分と重なり切なかった。頭ではわかってるのに止められないんですよね。そして死ぬほど後悔する。一方、恭一は自分の気持ちに自信が持てず相手に伝えることが出来ない。自己完結の諦め癖が身についてしまっている。読んでるうちにBLだということ、すっかり忘れてました(笑)きっとこの2人は同じ過ちを繰り返すんだと思います。でもそれが2人の形なんでしょうね。

読み終えた後、人生の大先輩から聞いた「好きな相手とハマる相手は必ずしも一致しない」という言葉をしみじみと思い出しました。

評判が良かったので軽い気持ちで購入しましたが、購入しなかったらこんなに素晴らしい漫画と出逢えなかった。損するところでした。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
「やばい、感動した」読後に浮かんだ言葉です。
ベラベラベラベラ言いたいことを言い合って身をよじらせて恋をこじらせて人生たのしすぎでしょうこれ。
げにおそろしきはBLなりけり。

と書いてから何度も読み返しました。結末について。
男性として責任を考えて決断するわけですね。
この二人がお互いに期待をかけないよう未来を語る言葉は正しくなんかないのですよね。
ダメになっても大丈夫だとかまわないのだと伝えながら、さりげなく一生やっていこうと持ちかけ、お互いにさりげなく承諾しているのです。
恋愛でもめるのは終わりにすると少し老けた背中で言う。社会の逆流を選んだのだから。
どんなぶざまな姿を晒しても愛を信頼できる相手として番うなら、その絆は死が二人を分かつまでの意味で成される約束だと思えます。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ぷに VINE メンバー 投稿日 2016/3/5
形式: Kindle版 Amazonで購入
苦しい。
こんなにも苦しいハッピーエンドがあるのか。
一読したときは、台詞のあまりの多さに少し冷めた気持ちになってしまったのだが、
結末を知った後読み返すと...一つ一つの言葉が、本当に重く、苦しい。
表面的には今ヶ瀬の情熱に流され、健気さにほだされただけ、なのかもしれない。
だが「恭一さんの片思いなんですね」「愛の言葉は難しいな」この2つの台詞。
恭一は、初めての恋を、愛に昇華させたのだと思う。
自分の愛の形を今ヶ瀬が理解しなくてもいい。
自分の人生は無駄に終わるのかもしれない。
それでも、「死ぬほど好き」と言ってくれた今ヶ瀬を、
自分のことを他の誰よりも、こんなにまで求めてくれた今ヶ瀬を、
自分の人生を犠牲にしてでも応えようとする恭一の穏やかな顔が胸に刺さった。

おまけで今ヶ瀬が無邪気に幸せそうにしていてよかった。
きっと二人は、最後まで添い遂げられると思う。
そう願ってやまない。

読み返しても唯一気になったのが、たまき台詞に一部舞台みたいな言い回しがあったこと。
年齢にも合わない気がした。
感覚的にはマイナス1ポイント位なので、大したことではないのですが。

追記。
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー