通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

依存症ビジネス――「廃人」製造社会の真実 単行本(ソフトカバー) – 2014/10/10

5つ星のうち 3.8 24件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,836
¥ 1,836 ¥ 919

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 依存症ビジネス――「廃人」製造社会の真実
  • +
  • 快感回路---なぜ気持ちいいのか なぜやめられないのか (河出文庫)
総額: ¥2,732
ポイントの合計: 83pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

【書評掲載】
・2014年11月9日付「読売新聞」にて、書評が掲載されました! (評者は東京大学教授・経済学者の松井彰彦氏)
・2014年11月2日付「産経新聞」にて、書評が掲載されました!

もはや病気ではない。
最強最悪のビジネスモデルである。

iPhone、フラペチーノ、危険ドラッグ、お酒、
フェイスブック、アングリーバード、オンラインポルノ……
私たちは、なぜこうも簡単に「病みつき」になるのか?

------------------------------------------

うまくいかない仕事、ギクシャクする人間関係、進化しすぎて使いこなせない大量の新製品……。
21世紀になったからといって、輝かしい未来は訪れなかった。
私たちの毎日は、相変わらずストレスにまみれているし、社会は不確かさを増しつづけている。

そんな不安と戦い、何とか自らの感情をコントロールしようともがく私たちの耳元で、ささやく声がある。
「こっちに来て、これを使ってごらん。すぐに気分がよくなるよ」

それは、いまお手持ちのiPhoneに届いた、
フェイスブックやゲームアプリ「アングリーバード」からの新着通知かもしれない。

または、魅力的な写真で誘惑する、
スタバの「フラペチーノ」や次々ブームが生まれるスイーツの看板かもしれない。

さらには、いつでもどこでも安く手に入るお酒のテレビCMや、
安全なハーブだよ、と「危険ドラッグ」に誘うネットの書き込みかもしれない。

そう、いつの間にか、私たちの毎日は「すぐに気分をよくしてくれるモノ」であふれかえり、
ますますそうしたモノに依存するよう促されているのだ。
そうしたモノが快感をもたらすメカニズムは、
MDMAやヘロインなどのいわゆる依存物質がもたらすものと同質だと気づかずに。

企業も、もはやつくりすぎたモノを売るには、より早く、大量に消費させるしかなく、
テクノロジーを駆使して「期待感」をあおり、いかに他社より強い快感をもたらせるかを競いあっている。
一方、無防備な消費者である私たちは、そうした「自滅的な誘惑」に日々さらされ、
「依存症」という習慣を身につけつつあるのだ――。

自らもアルコール依存に陥っていた著者が、
綿密な取材、そして実体験をもとに「テクノロジーとビジネスの共犯関係」
そして依存症を生み出す社会の真実を暴く。

内容(「BOOK」データベースより)

もはや病気ではない。最強最悪のビジネスモデルである。iPhone、フラペチーノ、危険ドラッグ、お酒、フェイスブック、アングリーバード、オンラインポルノ…私たちは、なぜこうも簡単に「病みつき」になるのか?元アルコール依存症のライターが、人間の意志の弱さにつけ込むテクノロジーとビジネスの共犯関係に迫る!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 352ページ
  • 出版社: ダイヤモンド社 (2014/10/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4478022925
  • ISBN-13: 978-4478022924
  • 発売日: 2014/10/10
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13.2 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 24件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 85,231位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
これだけ「各種依存症」になりやすいのは、一にも二にも世の中が便利になったからに他なりません。
ネットを開けば、簡単にゲーム、ポルノ等の広告を見ることができます。街を歩けば、コンビニが目と鼻の先にあり、
そこには、魅力的なお菓子、アルコール類が、所狭しと置かれています。

便利な環境は、不便な環境よりも、生活はし易い。しかし、依存症の罠にかかりやすい環境だと思います。
この著作は、依存症になってしまう人間心理や、社会環境、そして、企業の思惑等、具体例が豊富に紹介されています。

もはや、現代人にとって、「依存症」になることを、避けられない状況のようです。
ここ10年間で、私たちの生活はがらっと変わったような感じがします。ネットの登場から、今では携帯で24時間、どこからでも
アクセスすることができるようになりました。買いたいものは、瞬時に買うことができ、見たいこと、知りたいことも、一瞬にして
わかるようになりました。

「気分を向上させたいときはいつでも、自分に報酬、すなわち「ごほうび」を与える習慣がますます強まったことだ」と、
本文に書かれています。「我慢」という言葉自体が、もう意味をなさなくなっているかもしれません。
お腹がすいたら、コンビニ行
...続きを読む ›
コメント 68人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
新聞の書評でこの題名を目にして以来気になっていた本だが,邦訳は,少しばかり内容に誤解を与えている.原題は,The Fix,帯に,How addiction is invading our lives and taking over your worldとある.このFixは,普通の日本人には馴染みのない言葉で,本書の中では「フィックス」として出てくるが,気になっていたことが出来た,欲しかったのが手に入った,など,依存症の人達が,渇望した感覚を満たした状態を言う.
本書の目次は,ざっと次のようになっている.
第1章 社会は私たちを「廃人」にしたがっている
――iPhoneいじりと甘すぎるスイーツに見る病みつきビジネス
第2章 依存症は本当に”病気”なのか?
――環境次第でだれもが「依存者」になりうる社会
第3章 なぜ自分を破滅に導く習慣をやめられないのか?
――病みつきビジネスが利用している脳の仕組み
第4章 お買い物とヘロインとお酒の共通点とは?
――自由市場と依存の関係は18世紀ロンドンで始まった
第5章 スイーツはもはやコカインだ!
――スタバの「フラペチーノ」に仕込まれた巧妙な戦略
第6章 どこに行っても安く、大量に酒が手に入る世界で
――社会をアル
...続きを読む ›
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
スマートフォンを使っていて、ひとりで時間を潰している時に、興味ある項目をクリックしていくと、突然、びっくりするようなポルノ写真や動画が端のほうに現れて、驚いた経験は私だけであろうか。私の両親は高校の教師をしているのだが、パズドラなどのゲームに月に20-30万つぎ込む高校生がざらにいるという。もちろん、自分のお金ではなく、親の金である。そこで教師に、子供にお金を使わせないように相談にいく親の感覚も理解に苦しむが。
私は30代の男性であるが、自分の中高生時代を省みても、昔はこんなに周囲に快楽の源が溢れかえっていなかった。私には子供はいないが、これからの子供たちが生きていく時代、教育の道具としてiPadなどがどんどん積極的に使用されているが、それはこうした快楽の深淵への入り口でもあり、この砂糖たっぷりのシロップに浸され続ける可能性がある世界で、子供たちがどう育っていくのか、不安に似た感情を抱いてしまう。
デイミアン・トンプソンは本書を通じてこうした世界の側面を我々にみせつける。私は本書と出会う前から前述のような感覚を抱いていたため、彼の記述に対しては共感する部分が多かった。著者は自分がアルコール依存症であった経験から、ヒトという生物が快楽に弱いものだとしている。そして、快楽がすぐに手に入る状況では、短絡的な報酬系の回路を脳内に形成しやすく、すぐにその快楽に耽溺してしま
...続きを読む ›
コメント 71人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
  自分の経験から思い当たることが多々あります。昔ゲーム「ぷよぷよ」を冬の最中暖房も点けず独りきりで一晩中続けてしまったり・・・、スマホが日本で普及する少し前にiPodtouchを手に入れてからネットサーフィンしまくったり・・・。「ぷよぷよ」事件からゲームは一切やるのを止め、iPodtouchの一件がひっかかっているのでSNS関連には参加せず、時代遅れと言われながらも3G携帯電話を8年ぐらい使用しています。他にも糖質制限して体調も良くなりお腹まわりもすっきりしたというのに、ちょっとなら食べていいかとお菓子を食べてみたら止まらなくなって大量摂取してしまったり・・・と枚挙にいとまがありません。
 自分で気づいて止められる段階の方は良いですが、問題に感じているのにどうしても悪癖が治らないとか、ダイエットが成功せず病的な肥満な方とか、他人に迷惑をかけない程度の性癖で収まらず犯罪に走ってしまいそうな方は一読して自分を振り返ってみるとか、専門機関の治療を受けるとかのきっかけになるかもしれないかと思いました。
 他の方が書かれているように「専門的なデータ」としては不足しているかもしれませんが、専門的な知識が足りなく、データを読み解けないレベルのいわゆる私のような素人からすると、この内容を一般書として素人にもわかりやすく一冊にまとめたのはエライと思いました。興味のある方はさらに
...続きを読む ›
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー