通常配送無料 詳細
残り9点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
侍 (新潮文庫) がカートに入りました
+ ¥256 配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■通常24時間以内に出荷可能です。■クリーニング済み。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

おすすめ商品の読み込み中
お客様へのおすすめ商品

カートに追加中...

カートに追加されました

追加されませんでした

商品はお客様のカートに入っています。

カートを見る

追加されませんでした

本商品をカートに追加する際問題が発生しました。 後でもう一度試してください。
申し訳ありませんが、現在おすすめ商品を表示する際に問題が発生しています。 後でもう一度試してください。
ショッピングを続ける
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


侍 (新潮文庫) 文庫 – 1986/6/27

5つ星のうち4.0 32個の評価

その他(4)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
単行本
¥845
文庫
¥825
¥825 ¥10

本まとめ買いクーポン
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 侍 (新潮文庫)
  • +
  • 沈黙 (新潮文庫)
  • +
  • 深い河 (講談社文庫)
総額: ¥2,222
ポイントの合計: 28pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるブックカバー
好きなデザインを選んで取り付けよう! 詳しくはこちら。

商品の説明

受賞歴

第33回(1980年) 野間文芸賞受賞

内容紹介

キリスト教文学の傑作『沈黙』から14年。
『イエスの生涯』『キリストの誕生』と書き続けた著者の後期代表作。


藩主の命によりローマ法王への親書を携えて、「侍」は海を渡った。野心的な宣教師ベラスコを案内人に、メキシコ、スペインと苦難の旅は続き、ローマでは、お役目達成のために受洗を迫られる。七年に及ぶ旅の果て、キリシタン禁制、鎖国となった故国へもどった「侍」を待っていたものは――。
政治の渦に巻きこまれ、歴史の闇に消えていった男の“生"を通して、人生と信仰の意味を問う。

著者の言葉
私は、そんな信念を守り通す強虫の生き方も書いてみたいと思ったのです。弱虫、つまり憐憫という感情に従う人間と、強虫、つまり自分で自分の運命を作りあげていくような人間、そんな二人を小説に書いてみたくなった。
では、その二人がどこで何をすれば小説になるのか? 『沈黙』は長崎で踏み絵を見たから書けましたが、今度はなかなかいい材料にぶつかりませんでした。ところが、仙台へ行った時、支倉常長(はせくらつねなが)の肖像画を見たのです。(略)
一方、常長についてローマへ行った宣教師のソテロは、日本に布教するためには何でもしてやろうという野心家でした。日本人を騙し、常長を騙した強虫です。彼は禁教令が敷かれた日本へわざわざ帰ってきて、捕まって処刑されます。
運命にただ従っていった弱虫の支倉常長と、自らの運命を作り上げていこうとした強虫の宣教師ソテロ。「あ、この二人なら、ずっと考えてきたテーマにぴったり合うんじゃないか」と思って、『侍』を書き始めたのです(注・『侍』では、それぞれの名前は長谷倉六右衛門とベラスコ神父)。(「波」2016年10月号)

本書「解説」より
本書はヨーロッパへの航海という単なる外面的な次元をこえて、さらに自伝的である。地球をめぐって旅をする自分に、つねにつきまとってくるように見える十字架を見て、(主人公)長谷倉の味わう不可解さと、強い反感さえも含む感情は、著者が若い時代の自分の中に見出すものと異質ではない。『侍』の中で、長谷倉がマドリッドで洗礼を受ける場面があるが、これは十一歳のとき遠藤自身が体験した洗礼の儀式を、不気味なまでに正確に再現したものである。長谷倉と同じく、遠藤もまた、みずからの意志でキリスト教を選んだのではなかった。
――ヴァン・C・ゲッセル(カリフォルニア大学助教授)

遠藤周作(1923-1996)
東京生まれ。幼年期を旧満州大連で過ごす。神戸に帰国後、12歳でカトリックの洗礼を受ける。慶応大学仏文科卒。フランス留学を経て1955年「白い人」で芥川賞を受賞。結核を患い何度も手術を受けながらも、旺盛な執筆活動を続けた。一貫して日本の精神風土とキリスト教の問題を追究する一方、ユーモア作品や歴史小説、戯曲、映画脚本、〈狐狸庵もの〉と称されるエッセイなど作品世界は多岐にわたる。『海と毒薬』(新潮社文学賞/毎日出版文化賞)『わたしが・棄てた・女』『沈黙』(谷崎潤一郎賞)『死海のほとり』『イエスの生涯』『キリストの誕生』(読売文学賞)『侍』(野間文芸賞)『女の一生』『スキャンダル』『深い河(ディープ・リバー)』(毎日芸術賞)『夫婦の一日』等。1995年には文化勲章を受章した。


商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 512ページ
  • 出版社: 新潮社; 改版 (1986/6/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 410112325X
  • ISBN-13: 978-4101123257
  • 発売日: 1986/6/27
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.5 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 31件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 115,166位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち4.0
評価の数 32

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

31件のカスタマーレビュー

2018年11月23日
形式: 文庫Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年11月10日
形式: 文庫Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2013年4月29日
形式: 文庫Amazonで購入
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2013年10月5日
形式: 文庫Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2012年12月31日
形式: 文庫Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2016年3月26日
形式: Kindle版Amazonで購入
13人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2015年8月26日
形式: 文庫Amazonで購入
18人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2014年2月11日
形式: Kindle版Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告