通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
侍 (新潮文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■通常24時間以内に発送可能です。■万が一コンディションに不備があった場合は、返金対応致します。丁寧にクリーニング・梱包をして、迅速に発送いたします。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

侍 (新潮文庫) 文庫 – 1986/6/27

5つ星のうち 4.2 26件のカスタマーレビュー

その他(4)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 746
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 810
¥ 810 ¥ 132

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 侍 (新潮文庫)
  • +
  • 沈黙 (新潮文庫)
  • +
  • 深い河 (講談社文庫)
総額: ¥2,063
ポイントの合計: 64pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

受賞歴

第33回(1980年) 野間文芸賞受賞

内容紹介

藩主の命によりローマ法王への親書を携えて、「侍」は海を渡った。野心的な宣教師ベラスコを案内人に、メキシコ、スペインと苦難の旅は続き、ローマでは、お役目達成のために受洗を迫られる。七年に及ぶ旅の果て、キリシタン禁制、鎖国となった故国へもどった「侍」を待っていたものは――。政治の渦に巻きこまれ、歴史の闇に消えていった男の“生"を通して、人生と信仰の意味を問う。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 422ページ
  • 出版社: 新潮社; 改版 (1986/6/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 410112325X
  • ISBN-13: 978-4101123257
  • 発売日: 1986/6/27
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 26件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 14,335位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
基本的に史実を基にした(!)小説です、どの程度まで史実なのか?は分かりませんが、それでも凄い事件を扱った小説です。

東北のある藩に使える下級武士の「侍」が藩主からの命令で外国のノベスパニヤ(メキシコ!)に使節として任命されて海外に渡航する話しです。日本の東北から、太平洋を渡って一路アカプルコを目指す旅が始まります。私はローマにこの少し前の時代に日本人の子供がやはり使節として向かっているのは知っていましたが、この太平洋を横断してメキシコと交易をしようとしていた事実(しかも伊達政宗の命令)はびっくりしました。読み終えてからネットでも調べて見ましたが事実のようです。通辞(通訳)としてキリスト教徒ベラスコ(スペイン人の神父)が間に立っています。ベラスコ神父は日本にキリスト教をもっと布教させたい、そして自分がその指導者として、という野心を隠し持っています。藩主は交易を、ベラスコは布教を、それぞれが思惑を持っていますが、「侍」はただ役目を果たすだけです。そんな「侍」と「ベラスコ」の双方の視点から交互に描いた苦難の旅の過程と、それぞれの信念と、思想と、信仰の物語です。

この当時の太平洋横断がいかに危険なものであったかを考えると、またその役目についても、侍従関係の身分差別の厳しい時代の出来事と考えると、非常に難しい立場に立たされて選択肢の無い「侍」と、交
...続きを読む ›
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2000/11/25
形式: 文庫
遠藤周作は7年ごとに大作を発表すると言われていましたが、この『侍』はその中の一つ。 仙台藩・支倉常長が藩主の命によりローマ法王のもとへと派遣される。道案内は宣教師として来日していたベラスコ。これに常長の従者が加わり、この3人が主人公となっている。最後まで「洗礼」を拒否しつづけた侍が、
帰国してキリシタン禁制に直面、処刑されるときになって、実は信仰をもっていたことに自らが気づく。キリストを拒もうとすればするほど意識し、いつの間にか信じている侍がいる。 「信仰は、形式をもたない」という遠藤のラディカルな思想が伝わってくる一冊。
コメント 44人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 kuro 投稿日 2006/6/16
形式: 文庫
主人公は名も無い侍・・・

序盤ははっきり言って退屈でした。

あまりに愚直な主人公。

しかし、その愚直さが、後半に入り感動となりました。

朝の通勤電車のラッシュの中、泣きました。

映画やドラマに見られる派手な侍ではありません。

しかし、これこそが本当の侍の姿なんだろうな、と強く感じました。

また、キリスト教、宗教が果たした役割、与えた影響というものも見事に書ききっています。

これが宗教の真の姿なんだなぁと感じました。
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ぱすと〜る トップ1000レビュアー 投稿日 2015/8/26
形式: 文庫 Amazonで購入
 奇跡とは、驚くべき力で病気が治癒されることではない。治る見込みなどなく誰からも見捨てられた病人の傍らに、それでもイエスが自身も心身を痛めながら一晩ともに居続けたことだ。遠藤周作からこう学んだ。

 この小説、数百の各頁の土壌にも、救われない者からけっして離れないキリストが横たわり続けていた。

 尊敬するある新約聖書学者の口から「遠藤周作の書くお伽話のようなイエス」という評価を聞いたことがある。けれども、そうではない。遠藤周作は福音書記者と同じく、自分の生涯を通してご自身の在ることを示した神を、イエスの物語に描いているのである。その姿に、何もしてくれないように思えるが、どんな時でも見捨てず、ともに苦しみ、いや、自分に先立って自分以上に苦しみ、永遠にともにいてくれる神を見る時、人はイエスをキリストと呼ぶのだろう。

 神はどんなことがあっても、わたしたちをお見捨てにならない。わたしたちが、神さまを利用しても、信じてもいないのに信じているふりをしても、大罪と呼ばれることをなしても、けっしてお見捨てにならない。むしろ、そのような者とこそ、ともにいてくださる。

 侍の願いも誠実さも忠信も自分を曲げたことも、何一つ叶わず、何一つ報いられなかった。死のほかは、何も。その侍の背中に、さきに信仰を得た使用人が声をふ
...続きを読む ›
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
17世紀初頭、初期徳川政権時代、藩命によってメキシコに派遣される伊達藩下級武士(支倉常長がモデル)と案内役のスペイン人司祭とが、真のキリスト教信仰をそれぞれ獲得してゆく姿を描く時代小説。ふたりは異なる思惑を秘めて日本を離れ太平洋を渡る。キスト教禁令が厳しさを増す時代を背景に、日本国内やヨーロッパ情勢が引き起こす「政治と宗教(信仰)」の葛藤を、ふたりの使者がそれぞれどのように捉え、対応するかが読みどころ。ふたりはメキシコ到着後ヨーロッパを目指し、やがてローマ教皇にも謁見するが、日本に帰ったあとは共に殉教する。日本人信者にたいする責任を果たそうとして、マニラから日本に潜入した司祭ベラスケを待ち受けていたのは、日本を離れるまえに望んでいた日本管区司教という華々しい世俗的栄誉ではなく、イエスと同じ惨めな最期だった。そのような運命を甘受することによって、彼は自らの信仰を高めて純化する。いっぽう「侍」は切支丹の洗礼を受けたという理由で藩命によって切腹させられる。メキシコとの通商関係樹立という藩命遂行のため、便宜上洗礼を受けたにすぎない「侍」にとって、彼がメキシコやヨーロッパで見た「十字架の惨めな男」だけが死の旅路に同伴してくれる。神といちど交わった者を、神は決して見捨てない、という遠藤周作得意のモチーフがすばらしい。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー