侍道2 決闘版 PlayStation2 the ... がカートに入りました
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ケース・説明書つき。(起動確認済み) 中古商品のため多少の使用感やキズ等はご容赦ください。◆ 特典類やプロダクトコード等は付属・使用の保証ございません。◆ 不備等がある場合は返金・返品承ります。Amazon配送センターより発送されます。
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 6,800
通常配送無料 詳細
発売元: falo-media
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

侍道2 決闘版 PlayStation2 the Best

プラットフォーム : PlayStation2
CEROレーティング: 17才以上対象
5つ星のうち 3.6 13件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 6,790 通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、ネットショップ E-rizeが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:2¥ 6,790より 中古品の出品:12¥ 1,058より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報


  • 注記:タイトルに記載のない限り、商品に封入されていない「外付け予約特典」は、お付けしておりません。画像や商品説明に特典の記載があった場合も同様に、タイトルに記載のない限り、「外付け予約特典」は、添付されませんのでご注意ください。なお、メーカーの意向により、特典内容が変更となる場合がありますので予めご了承願います。 また「メーカー特典」の有無については、出品者にお問い合わせください。 商品の「Amazon.co.jpオリジナル特典」はAmazon.co.jp以外の出品では付属しません。

  • 注記:Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。 限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。


製品情報


よく一緒に購入されている商品

  • 侍道2 決闘版 PlayStation2 the Best
  • +
  • サムライウェスタン 活劇侍道
総額: ¥9,770
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • ASIN: B000A7T630
  • 商品重量: 200 g
  • 発売日: 2004/11/3
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 13件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ゲーム - 7,588位 (ゲームの売れ筋ランキングを見る)
  •  画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる

商品の説明

ケレン味あふれる世界観とその自由度が好評を博し、23万本以上のセールスを記録した『侍道2』が、数々の追加要素を加えて『PlayStation 2 the Best』シリーズに加わりました。待望の“対戦モード”の追加をはじめ、様々な改良が施されました。単なる廉価版ではなく、自信をもって薦められる1本です!


この商品を見た後に買っているのは?


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 投稿日 2006/4/21
良い点
・戦闘のテンポが良くなった
・太刀の構えが増えた
・やりこみ度が上がった
・時代感が半端じゃなく、音楽からしてこだわっている(一部ギャグ有り)

悪い点
・ジャンプの意味無し
・刀は多いが同じ技ばかりで個性が少なすぎる
・居合い、二刀流が大変少なすぎる

個人的に大変オススメです。ダメ押ししますが時代と文化が本当に素晴らしいです。
断定します。これ以上の世界観を醸し出したゲームは唯一無二です
コメント 37人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
前作侍道も買いましたが、私はこちらの方があいました。
独特の雰囲気の通りを闊歩し、あちこちの店をのぞいて、ちんぴらと斬り合い、
ライバルみたいな人もいましたね。
その人から刀を取り上げられたときは嬉しかった。
一人と斬り合うと次から次へと出てきて収拾がつかない。
また町民を切ってしまうと、街の人々から噂を立てられる。
「極悪非道の○○(実名)」と噂されたときには思わず笑ってしまいました。
雰囲気が好きだったので、☆5つです。

あとこの決闘版は、ムービーがスキップできるようになりました。
これは地味ですが、繰り返しプレイするには必須です。
1 コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 あの不朽の名作、『侍道2』の完全版。単なる廉価版ではなく、対戦モード
と五振りの刀が追加されている。他にも、『侍』と『サムライウエスタン』の
ディスクを読み込ませることで、本編と対戦モードでの使用キャラが増える
というおまけ要素もある。また、女性キャラでプレイすると、銭湯の女風呂に
入れるようになった。

 しかし、何と言っても一番嬉しかったのは、「抜突(ばっとつ)」という技
の疲労度が4に下がったこと(5に達すると刃毀れを起こしてしまう)と、
全刀の攻撃力・防御力のパラメータが変動するようになったことだ。更に、
一部の刀は二度パラメータ変動を起こし、インフレ気味に攻撃力・防御力が
上がる。

 だが、鍛錬の成功率の低さは相変わらずで、非常に時間がかかる。せめて
数値がマイナスになる可能性だけでも排除してくれれば、かなり楽になった
はずなのだが。

 なお、「清満」という刀だけは、難易度「むずかしい」では出現しなくなって
しまっている。パラメータの変動幅は「むずかしい」が一番大きくなるので、
まず、通常版で性能の高い「清満」を手に入れてから、決闘版を始めるのが
良いだろう。
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 寝癖MAX VINE メンバー 投稿日 2009/8/28
Amazonで購入
1作目はある種のエポックメイキングな作品だったが今作は見事に進歩している。
しかし、1作目の絶妙なバランスが本作の圧倒的な量によって鳴りを潜めてしまった感がある。
出来ることが圧倒的に増えた結果、かえって不自由を感じてしまった。
批判をしてしまったが、本作を愛するゆえの愚痴程度に受け取って欲しい。
昨今巷に溢れる大作が売りにする、仰々しい物語や驚愕のグラフィックはこのゲームにはない。
しかし、面白いゲームを作ってやろうとする製作者の息吹がこのゲームの根底には流れている。
興味があったら是非手にとって欲しい。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
『侍』は奇妙なゲームだった。未完成でありながら強烈な魅力を発した異色作。
では、それを完成させたならどうなるのだろう。その一つの形が本作『侍道2』である。

前作『侍』のシナリオパートをより強固かつ堅実に構築した結果、プレイヤーの行動は
一見自由ながら、実はかなりの制約がかけられている。主要4ルートを攻略するためには
それぞれに用意されたイベントをクリアし続けなければならないからだ。
だが、そのおかげで味わい深いシナリオを楽しめるようにはなっている。

ゲームとしての体裁と完成度は前作よりも格段に高まった。商業作品としては
これが「正解」なのであろう。しかし――それによって、前作『侍』にはあった
奔放な自由度と強烈な開放感はまったく失われてしまった。
製作側が用意した楽しみをこちらがそのまま受け取るという、普通のゲームに
なってしまったのだ。だがそれは、前作が奔放過ぎた反動といえるのかもしれない。

多少批判的になってしまったが、作品自体はいたって良くできたゲームだ。
刀を鍛えて力を手にし、町を闊歩するというスタンスは前作と同様である。
その刀の強化・鍛造は手間がかかるものの、逸品を作り出せた時の喜びは
大きな快感
...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー