通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
例外小説論 「事件」としての小説 (朝日選書) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 エブリ堂
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品のため、使用・経年による劣化(折れ、ヤケ等)付属品なしなどがある場合がございます。カバーのデザインが、商品詳細ページの画像と異なる場合がございます。アマゾンの基準にて販売させていただいております。書き込み、しみ、やけなどがまれにあるものもございますので、その際はご了承くださいませ。■こちらの商品は、メール便(追跡機能がございません)で発送予定でございます。あらかじめご了承ください。ゆうメールやDM便にて配送させていただいておりますが、局留は配送トラブルをさけるため受け付けておりませんのでご了承ください。配送は土日祝日においては配送されないこともございますので到着が注文確定から商品到着まで最長3から7営業日を要する場合がございます。また値札ラベルがあるものの販売をしている商品もございますので、そちらについてはあらかじめご了承くださいませ。住所間違いによる返品、決済後既に配送した後のキャンセルにつきましては発送後の返金は送料はお客様負担となりますが、商品返却後商品代金のみの返金させていただきます。ご住所はお間違いのないようにご確認をよろしくお願いいたします。※配送業者によっては宛名が不明の際は到着が遅れたり、届かない場合がございますので十分にご注意くださいませ。48時間以内に発送をとらせていただいております。誠意のある対応を心がけておりますのでよろしくお願いいたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
9点すべてのイメージを見る

例外小説論 「事件」としての小説 (朝日選書) 単行本 – 2016/2/10


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2016/2/10
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 999

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 例外小説論 「事件」としての小説 (朝日選書)
  • +
  • ニッポンの文学 (講談社現代新書)
  • +
  • あなたは今、この文章を読んでいる。:パラフィクションの誕生
総額: ¥4,817
ポイントの合計: 126pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



今、大注目を集める星野源のエッセイ「いのちの車窓から」
怒涛の駆け上がりを見せた2年間の想い、経験、成長のすべてがここに! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

「例外小説」とは何か――?
それは「前衛小説」ではなく、
「純文学とエンタテインメントを越境した小説」でもない。
例外小説とは“これは小説なのか?"という
疑問/問い/思索を喚起する「小説という事件」なのである。
円城塔、伊坂幸太郎、阿部和重、滝口悠生、
古川日出男、奥泉光、保坂和志、礒﨑憲一郎、山下澄人など、
各紙誌に掲載された32人の
「例外小説家」の60作の「例外小説」評を収録。
作品における、形式的構造と偶然的現実のトポロジカルな相互含有の交点を見出すことで、文芸批評の新たな地平を拓く。

――目次――
例外小説とは何か?
【Part 1】例外SF論
●円城塔:『Self-Reference ENGINE』『プロローグ』
●伊藤計劃:『ハーモニー』
●円城塔×伊藤計劃:『屍者の帝国』
●北野勇作:『かめくん』
●法条遥:『リライト』『リライブ』
●筒井康隆:『世界はご冗談』『モナドの領域』

【Part 2】例外エンタメ論
●伊坂幸太郎:
なぜ伊坂幸太郎の小説は、ミステリではなく、文学でもないのか?
『マリアビートル』『夜の国のクーパー』『アイネクライネナハトムジーク』
●阿部和重:『クエーサーと13番目の柱』
●阿部和重+伊坂幸太郎:『キャプテン・サンダーボルト』
●桜庭一樹:『ブルースカイ』
●浦賀和宏:『時の鳥籠』
●小野不由美:『残穢』『営繕かるかや怪異譚』
ほか

【Part 3】例外文学論
●古川日出男:
『サマーバケーションEP』『MUSIC』『南無ロックンロール二十一部経』『冬眠する熊に添い寝してごらん』
●絲山秋子:『ダーティ・ワーク』『妻の超然』『離陸』
●桐野夏生:『東京島』『ポリティコン』
●多和田葉子:『雪の練習生』『献灯使』
●奥泉光:『その言葉を/暴力の船/三つ目の鯰』『東京自叙伝』
●星野智幸:『夜は終わらない』『呪文』
ほか

【Part 4】例外文学論 その2
●保坂和志:『未明の闘争』/ジョンたちのこと/スノーノイズ/『朝霧通信』
●柴崎友香:「ワープ」としての小説/『ドリーマーズ』『週末カミング』『春の庭』
●磯崎憲一郎:『世紀の発見』『赤の他人の瓜二つ』『往古来今』『電車道』
●山下澄人:『緑のさる』『ギッちょん』『砂漠ダンス』『ルンタ』
●木下古栗:『ポジティヴシンキングの末裔』
●黒田夏子:『abさんご』
ほか

内容(「BOOK」データベースより)

「例外小説」とは何か―?それは「前衛小説」ではなく、「純文学とエンタテインメントを越境した小説」でもない。例外小説とは“これは小説なのか?”という疑問/問い/思索を喚起する「小説という事件」なのである。円城塔、伊坂幸太郎、阿部和重、古川日出男、奥泉光、保坂和志、磯崎憲一郎、山下澄人など、各紙誌に掲載された32人の「例外小説家」の61作の「例外小説」評を収録。作品における、形式的構造と偶然的現実のトポロジカルな相互含有の交点を見出すことで、文芸評価の新たな地平を拓く。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 374ページ
  • 出版社: 朝日新聞出版; 384版 (2016/2/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4022630418
  • ISBN-13: 978-4022630414
  • 発売日: 2016/2/10
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.5 x 1.8 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 498,404位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ