中古品:
¥90
お届け日 (配送料: ¥250 ): 6月19日 - 21日 詳細を見る
中古商品: 良い | 詳細
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 中古本です。帯無し、僅かに擦れ、カバー縁めくれあります。91
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


使える!経済学の考え方―みんなをより幸せにするための論理 (ちくま新書) 新書 – 2009/10/1

5つ星のうち4.5 13個の評価

価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
新書
¥90
¥2,360 ¥1

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

経済学とは単なる「お金儲け」の学問ではない。「どうすれば、みんなが幸福になれるか」を探究する営みだ―。世の中では、ある人の幸せが他の人の不幸へとつながることがしばしば起こる。では、そうした不可避の困難のもと、あるべき社会の形をどう構想すればよいのか。本書は最先端の確率理論を駆使して、この難題に鋭く切り込む試みである。不確実な世界における人間の行動様式の本質を抽出し、そこから、自由で平等な社会のあり方をロジカルに(しかし熱いハートで)基礎づける。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

小島/寛之
1958年東京都生まれ。東京大学理学部数学科卒業。同大学院経済学研究科博士課程修了。経済学博士。現在、帝京大学経済学部経営学科准教授。専攻は数理経済学、意思決定理論。数理経済学の視座から、社会における「公平性」の意味を探究する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 出版社 ‏ : ‎ 筑摩書房 (2009/10/1)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2009/10/1
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • 新書 ‏ : ‎ 238ページ
  • ISBN-10 ‏ : ‎ 4480065091
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4480065094
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.5 13個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.5
星5つ中の4.5
13 件のグローバル評価
星5つ
49%
星4つ
51%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

上位レビュー、対象国: 日本

2010年5月6日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
17人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2009年10月15日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
17人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2016年2月11日に日本でレビュー済み
ベスト1000レビュアー
2013年12月4日に日本でレビュー済み
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2009年12月15日に日本でレビュー済み
16人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2016年6月8日に日本でレビュー済み
2013年6月30日に日本でレビュー済み
2009年10月9日に日本でレビュー済み
18人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告