通常配送無料 詳細
残り10点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
使える!確率的思考 (ちくま新書) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

使える!確率的思考 (ちくま新書) 新書 – 2005/11

5つ星のうち 4.2 21件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 842
¥ 842 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 使える!確率的思考 (ちくま新書)
  • +
  • 確率的発想法~数学を日常に活かす
  • +
  • 使える!経済学の考え方―みんなをより幸せにするための論理 (ちくま新書)
総額: ¥2,635
ポイントの合計: 178pt (7%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

ギャンブル、天気予報、ビジネスから人間関係まで、この世は不確かな事柄でいっぱいだ。私たちは、偶然に翻弄されながら、可能性の高さを見積もったり比較したりして、自らの行動を決断せねばならない。では、賢く適切な選択をするにはどうすればよいか?そこで強い味方となるのが「確率的思考」である。本書は、数字の苦手なわれらにも腑に落ちる平明な語り口で、確率のテクニックを駆使して考える術を伝授する。ツキの正体、統計数字のからくり、人づきあいやビジネスでの意思決定法など、魅力に富んだ事例満載で愉快に学べる一冊。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

小島/寛之
1958年東京都生まれ。東京大学理学部数学科卒業。同大学院経済学研究科博士課程修了。帝京大学経済学部環境ビジネス学科助教授。数理経済学の視座から、社会における「公平性」の意味を探究する。数学エッセイストとしても活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 新書: 222ページ
  • 出版社: 筑摩書房 (2005/11)
  • ISBN-10: 4480062726
  • ISBN-13: 978-4480062727
  • 発売日: 2005/11
  • 商品パッケージの寸法: 17 x 10.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 21件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 68,581位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 ソコツ トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2005/11/11
形式: 新書
ど素人のための確率入門。しかも、あくまでも現実生活の役に立つだろうという共通項において、確率の基本的な考え方から、新しい経済学の理論まで、手際よく平易に紹介されています。まあ、ところどころ軽い数式も出てきたりして、本当に数字が苦手な人なら、たぶん、全くつまずかないといえば嘘になるでしょうが、でも、飛び飛びで実感しやすいところだけ読んでいっても、十分ためになると思われます。
とくにすばらしいのが、昨今ネット業界をはじめとするビジネスの世界で大活躍している「ベイズ推定」の基礎を説明する第7章、そして、著者も自画自賛しているように、これまでの入門書ではあまり丁寧に解説されてこなかった、「標準偏差」を扱った第5章です。後者では、バスの到着時刻の例え話や、サーファーにとっての波の高さの比喩を巧みに用いながら、この統計学におけるとても重要な概念の意義が、本当に平明に語られています。
私たちの日常的な感覚や、多くの人がはまりこむ思い込みは、そこから跳躍した冷静な視線である「確率的思考」の高みから見ると、どうしたって「ゆがんでいる」といわねばなりません。その「ゆがみ」をほぐしながら、この不確かな世界で賢く生きていくための方法が、本書ではこれでもか、これでもかと立て続けに提示されていて関心します。自分の人生において「ツキ」をあてにし「祈り」に頼るのは、まず思考を徹底させてからのことである、という知恵の価値をよく納得することができました。
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
例えば宝くじの一等に当たる確率が1万分の一で、100円の投資に対して無限にくじを引いた場合の配当期待金額が40円しかないとする。学生時代に学んだ基礎的な(頻度主義の?)確率の考え方では、「だから宝くじを買うのは無駄」という判断となる。

しかし、万に一つであれ、億万長者になって這い上がる可能性があるのだから買うことに意味がある、という考え方もある。何百万人という大きな単位で考えれば宝くじはあまり意味のあるものではないが、意識を持っているのは個人個人である。当選した人にとっては、当選して億万長者になったという事実があるだけなのである。

また、どの目が出るのも同様に確からしい理想的サイコロを振るのではなく、「仕組みの見えない不確実性」に対してどう意思決定をするか?という難問に挑む事例ベース意思決定やら、「主観的・心理的な確率」であるベイズ理論など、私が知らない様々な確率の考え方があることを知った。

実に刺激的で興味深い本である。

文章はちょっと下手。(人のこと言えないけど)
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
最近の世の中の不確実性は随分と高まった、との意見に同意される方も多いと思いますから(私が就職した頃、まさか公務員がリストラされる社会が到来するとは想像できませんでした)、確率的思考を身に着ける意義は随分あるのでは無いでしょうか。

本書は標準偏差の分かりやすい説明や、ITシステムでベイズ推定がいかに利用されているか、などなど、例え話をちりばめながら書かれているので、読んでいて飽きないです。
また、新商品の価格決定の方法とか、ネットショップでのHPの画面の最適な深さの決定ー等など、確率的な発想が現代社会で如何に有効であるかを再認識させてくれる本だと思います。ゲーム理論で有名な、働きアリと怠けアリの最適比率についても、「何故、一定の割合に収斂するのか」が簡潔に説明されていて面白かったです。
なお、著者は散々、確率的な思考について解説した後、最後に「合理的選択と正しい選択の違いは何か」と問いかけていますが、これに直ぐに答えられる人は稀ではないか、と思いました。
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
高校時代に「数学'T(当時)」しか、必修で履修せず、「確率」といえば中学時代に「やったかも・・・」程度しか記憶に無い(記憶から消したい?)ほど、数学嫌いの私でも、途中で引っ掛かりながらも読み進めることができました。個々の事例を考えながら読むと数学への拒否反応が出そうだったので、一部の数式や数字自体は軽く読み流して、その計算式で何が言いたいのか、何が言えるのかを見ていくようにしました。それでもやはり、かなりの数学嫌いの私には辛い部分もありました。でも、確率を論じようとすれば、いくら易しく書こうとしても、この程度は最低限必要なのでしょう。(これはたぶん、私の数学の知識不足が程度を超えているからだと思います。お恥ずかしい)

そんな私でも、「標準偏差」と偏差値、貨幣保有の動機「流動性への選好」、成果主義、おみやげ選びなど、ためになるものがたくさんありました。経済も数学ができればもっと楽しく見れるんだろうな〜と感じました。

数学を嫌い、避けてきた私に向かって数学が「もっと勉強しておけばよかったね」と笑っているようで、少し悔しいですが、数学の大切さを感じさせてくれた一冊でもありました。
1 コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー