通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
作詞少女~詞をなめてた私が知った8つの技術と勇気の... がカートに入りました
+ ¥ 300 配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 経年による使用感がございます。しかし、ページ部分は読むには差し支えないコンディションです。中古品のため「帯・コード・ハガキなど」は保証をしておりません。ご了承お願い致します。中古品の為、検品には万全を期していますが、書き込みや付録が付いていない場合など、状態説明に錯誤がある場合は対応させて頂きます。お手数をお掛け致しますが、ご連絡はメールにてお願い致します。御注文確定後、2営業日以内にて発送します。天候不順・連休など、地域により予定配達日を数日経過する場合がございます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
6点すべてのイメージを見る

著者をフォローする

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


作詞少女~詞をなめてた私が知った8つの技術と勇気の話~ 単行本 – 2017/11/25

5つ星のうち 4.2 26件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
単行本
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 1,125

booksPMP

【2冊で最大4%、3冊以上で最大8%、10冊以上で最大10%】ポイント還元

2冊を購入する際クーポンコード「2BOOKS」を、3冊以上は「MATOME」を入力すると最大8~10%ポイント還元!今すぐチェック

click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 作詞少女~詞をなめてた私が知った8つの技術と勇気の話~
  • +
  • 作曲少女~平凡な私が14日間で曲を作れるようになった話~
  • +
  • 作りながら覚える 3日で作曲入門
総額: ¥5,400
ポイントの合計: 120pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるAmazonオリジナルブックカバー
10種類のロゴ入りデザインから好みのデザインを印刷して取り付けよう。 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

ノベルを読むうちに作詞が学べる「小説×作詞入門書」!

「作詞って……私が?」
「うん、うちの軽音部でオリジナル曲作ってるんだけど、作曲はまぁいいんだけど歌詞が全然でさぁ……お願いゆっぴ! 」
「ええ! ? 無理よ尚子! 作詞なんて無理無理! やったことないもの! 」

――来た。ついに来たわ。私の才能に気づく人が、ようやく現れたのね。

――――――――――――――――――――――――――――――――

主人公は、高校二年生の"江戸川悠(えどがわ・ゆう)"。
一見ちょっと賢そうだけど、じつは……な女の子。
「本が好き」という理由だけで、友人の"尚子(なおこ)"からバンドでやる曲の作詞を頼まれたのだが、やはりそんなに簡単なはずはなく――。

この本は、小説を読むうちに作詞が学べる「作詞入門ライトノベル」です。
ちょっとしたキッカケから音楽の世界に足を踏み入れた悠といっしょに、作詞の方法を学んでいきましょう。
歌詞を作るための考え方や順番、そしてテクニックはもちろん、初心者が悩みがちだったりつまづきやすかったりするポイントも紹介していきます。
さらにテクニックの先にあるものは何か――、
本書では、作詞や創作をする上で本当に大切なものにも触れていきます。

【目次】
第1話 詩文と私
第2話 作詞とはどういう技術なのかという話
第3話 歌詞のフォーマットの話
第4話 資料読みの話
第5話 字数と語彙力の話
第6話 自分らしさの話
第7話 歌い心地とナンセンスの話
第8話 作詞の全行程の話
第9話 私が知りたくなかった作詞の話
第10話 江戸川悠の話
第11話 一番大事な作詞の話
第12話 伊佐坂詩文の話
第13話 共感する歌詞の正体の話
第14話 音楽という呪術の話
第15話 テーマの作り方の話
第16話 周りの目と羞恥心の話
最終話 相対価値と絶対価値の話

内容(「BOOK」データベースより)

ちょっとしたきっかけから、友人から作詞を頼まれた女子高生“江戸川悠”。「作詞はやったことないけど、なんとかなるかも?」なんて考えで始めたものの、そんなに甘くなかった!歌詞はどうやって書くの?必要なものは?テクニックは?そして、技術の先にあるものとは―?読むだけで歌詞の書き方や創作の秘密がわかる作詞物語。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 444ページ
  • 出版社: ヤマハミュージックメディア (2017/11/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4636943341
  • ISBN-13: 978-4636943344
  • 発売日: 2017/11/25
  • 梱包サイズ: 18.6 x 13 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 26件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 37,638位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

26件のカスタマーレビュー

5つ星のうち4.2

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

26件中1 - 8件目のレビューを表示

2019年4月9日
形式: Kindle版Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年8月8日
形式: 単行本Amazonで購入
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年6月9日
形式: Kindle版Amazonで購入
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年5月7日
形式: 単行本Amazonで購入
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年4月14日
形式: 単行本Amazonで購入
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年5月16日
形式: Kindle版Amazonで購入
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2019年3月17日
形式: 単行本Amazonで購入
2018年6月6日
形式: 単行本
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告