中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

作曲家の発想術 新書 – 2004/8/10

5つ星のうち 3.8 8件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

オーケストラ曲、ピアノ曲、オペラ……
これであなたも作曲家になれる!

クラシック音楽を聴く楽しみと、自分で曲を作る喜び。ユーモアたっぷりに語る音の世界の快楽、入門編。

●皆が認める作曲家とは
●音大を出なければ作曲はできない?
●ベートーヴェンが『運命』を書いたときの喜び
●どうすればワーグナーを簡単に体験できる?
●バッハの初心者への心配り
●簡単な詩に曲をつけることから始めよう

内容(「BOOK」データベースより)

クラシック音楽を聴く楽しみと、自分で曲を作る喜び。ユーモアたっぷりに語る音の世界の快楽、入門編。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 280ページ
  • 出版社: 講談社 (2004/8/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4061497316
  • ISBN-13: 978-4061497313
  • 発売日: 2004/8/10
  • 梱包サイズ: 17.2 x 10.8 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 401,613位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.8

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
著者は芸大の大学院を首席で卒業し、大学院在学中に作曲したオペラが成功して作曲家になったという人物です。こう言うと、今は芸大の教授などを務めていてもおかしくはなさそうですが、あくまで独立した音楽家として、作曲のみならず指揮者、ピアニスト、評論家、エッセイストとして八面六臂の大活躍をしています。
本書は、そんな著者が思い切り才筆をふるってものした一冊です。全3部構成になっており、第1部は自分が作曲家になるまでを子供の頃から現在まで振り返った回想、第2部はオーケストラ曲、ピアノ曲、オペラ、合唱曲など、さまざまなジャンルの名曲が誕生するまでの秘密、第3部は「あなたも作曲ができる」として、作曲術の基本中の基本を説明しています。
以前から「音楽家はサービス業」と公言している著者だけあって、第1部からあちこちに面白いエピソードや逸話がたくさん盛り込まれ、読んでいるうちに何度もつい声に出して笑ってしまいます。また、病気がちだった子供時代や、偉い人のいじめなどに悩まされた若い頃の思い出についても、決して暗い感情をあらわにせず、冗談交じりに記しているのも好ましいと思います。
第3部では、「もしあなたが同僚の結婚式でお祝いの曲作りを頼まれたら」という設定で作曲のベーシックな方法を解説していきますが、これも画期的で、軽妙な文章を楽しみながら自分でも曲が作れるような気がしてきま
...続きを読む ›
コメント 46人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 hinomalu VINE メンバー 投稿日 2005/9/1
形式: 新書 Amazonで購入
青島さんは文章がうまい。
「脳力トレーニング」などが存在するが、
青島さんの場合、音楽をずっとやってきているため、自然と脳が活性化されているのだろう。
文章も整然としており、単語の選び方も適確で、人名などが多く登場しても
混雑した印象を読み手に与えない。
業界の人間関係や嫌がらせなどの話も、かなりリアルに書いているように思われるが
青島さんの文章に陰湿な暗さは感じない。
第一部が「作曲家になるには」、第二部が「音楽についての薀蓄」
第三部が「実際に、曲を作ってみよう」という構成。
第二部は控え目だが、基本的に全編、かなり笑える。
作曲家は「受け口が多い」、「私も含めて容貌怪異」とか、
自分の曲を改竄されて「我は征夷大将軍なるぞ」と叫ぶシーンを勝手に入れられたとか、
読んでいる間、何度も爆笑した。
是非、オススメ。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
広い意味で音楽家、という方たちの仕事の組み立て方を知るのにいい本だと思います。

確かに専門用語が出てくるので途中で??なところはあるものの、全体としてどういうプロセスを経て曲(作曲、編曲など)ができるのかが平たく順序立てて解説されていました。

筆者自身のエピソードが散りばめられていて、曲を手がけるバックボーンも想像できるし、何より青島さんの日常がうかがえて楽しく読むことができました。

専門的な内容がチョット・・・という方でもさらっと読み飛ばして、おいおい調べてもう一度読み返すくらいの気持ちで読んでみてはいかがですか。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
内容は、
・芸術とは無縁の家庭に生まれてからの青島氏の半生や作曲家としてのすさまじい日常、
・交響曲/協奏曲/オペラ等 各ジャンルの特徴や氏が薦める名曲の解説、
・一つの旋律からオーケストラ曲を作り上げる過程を簡単な具体例で解説
と盛り沢山です。

テレビで見る青島氏そのままで、テンポよく、歯に衣を着せぬ口調で作曲や作曲家の実態を
ユーモアたっぷりに、またシニカルに、時にペーソス豊かに語られます。

氏が書いているように、本書への氏の思いは以下の5点です。
・作曲家になりたい人はどうぞ勇気をもってその道を進んでほしい。
・作曲家になんてなりたいと思わない人は、作曲家の仕事を否定したり、色眼鏡で見ないでほしい。
・一曲ぐらい「これが自分の曲だ」と言って誇れるような作品を作りたいと思っている人は、どうか余り
 本気にならない様に、楽しみながらその世界に入ってほしい。
・作曲は高邁な行為と考えている人に対しては、決してそうではないことを認識してほしい。
・いずれにしても、作曲家の思考過程を知ることは、自らが作曲家の気持ちになって曲を聴いたり、
 演奏したりすることができるようになる。

作曲家・作曲の実態を生々しく知ることができるとても面白い作品です。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告