Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 760

¥ 61の割引 (7%)

ポイント : 143pt (18%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[森博嗣]の作家の収支 (幻冬舎新書)
Kindle App Ad

作家の収支 (幻冬舎新書) Kindle版

5つ星のうち 4.2 43件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 760
新書
"もう一度試してください。"
¥ 821 ¥ 296

【Kindle Unlimited】
月額¥980で、本・コミック・雑誌・洋書が、好きな時に好きなだけ読み放題。初回30日間無料体験 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

1996年38歳のとき僕は小説家になった。作家になる前は国立大学の工学部助教授で、月々の手取りは45万円だった。以来19年間に280冊の本を出したが、いまだミリオンセラの経験はなく一番売れたデビュー作『すべてがFになる』でさえ累計78万部だ。ベストセラ作家と呼ばれたこともあるが、これといった大ヒット作もないから本来ひじょうにマイナな作家である――総発行部数1400万部、総収入15億円。人気作家が印税、原稿料から原作料、その他雑収入まで客観的事実のみを作品ごと赤裸々に明示した、掟破りで驚愕かつ究極の、作家自身による経営学。

内容(「BOOK」データベースより)

1996年38歳のとき僕は小説家になった。作家になる前は国立大学の工学部助教授で、月々の手取りは45万円だった。以来19年間に280冊の本を出したが、いまだミリオンセラの経験はなく一番売れたデビュー作『すべてがFになる』でさえ累計78万部だ。ベストセラ作家と呼ばれたこともあるが、これといった大ヒット作もないから本来ひじょうにマイナな作家である―総発行部数1400万部、総収入15億円。人気作家が印税、原稿料から原作料、その他雑収入まで客観的事実のみを作品ごと赤裸々に明示した、掟破りで驚愕かつ究極の、作家自身による経営学。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 2674 KB
  • 紙の本の長さ: 112 ページ
  • 出版社: 幻冬舎 (2015/11/30)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B018FT9OLI
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 43件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 14,486位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  •  画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
正直なところ、人間の僻みや妬みの気持ちが大きくて、客観的事実として受け取るには重いのかもしれません。
特別な人の才能でしょ、ではなく最初にも触れているが自己観測としての目安の位置づけである本です。
ここまで赤裸裸に作家として成功され、誠実にお金の話をしている人はいないのではないでしょうか。

近年ドラマ化、アニメ化が話題になっている著者ですが、その影響の数字や出版界、電子書籍等についても具体的に述べております。
ホームラン型ではなく、むしろイチローのようにヒットを着実に積み重ね、時代の先を走って来た著者の凄さがわかる本です。
あまり有名になりたくない、サインもしない、メジャーでなくマイナー路線を貫き通し、結果としてこの数字を長年に渡って
コンスタントにたたき出すプロ中のプロの生き様に清々しい思いさえ感じられます。

実は数年前に引退宣言をなされ、もうこれ以上は書きませんと言われ、ずっとその真意をはかりかねていました。
ただそれは消化試合的意味合いではなく、むしろ今現在の小説の方が形こそ変わっていますが、新しく書きたいものを書かれている。
Wシリーズや「イデアの影」を実際に読めて、すべFのアニメ化も観れた2015年は私にとっても充実した1年でした。
年末のつぶやきシリーズも楽しみにしており、来年の作家生活20周年をファンの一人として喜びたいと思います。
コメント 56人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
この本で一番評価すべきなのは、
自分の小説が売れなかったとしても
「なにかのせい」にしない著者の姿勢だ。
自分の小説や漫画が売れなくなったとき、
コミケやアニメに八つ当たりをして
うさをはらすタイプは昔からよくみかけるが、
この著者はそのような責任転嫁をしない。
 自分の小説を売る戦略も当たっている。
私は、この著者のコミカライズされたものを
何冊かジャケ買いしたことがあるし、
アニメ化されたものはすべてみている。
そして、そのうえで、この本を買った。
著者の戦略そのまんまだ。
このことからもこの本は、
非常に実用的なビジネス書だと言える。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
著者が述べているように、自分の金銭の実態を著した本。
これを読むと、相当に稼いでいることがわかります。
でも、たぶんこれは、森博嗣という売れっ子作家に限った話だと思うのです。
私の読んでいる、ある中堅作家さんブログによると、年に三、四作を発表して、増刷もかからず、三、四百万円程度の年収だとか。
印税の率も、今では5パーセントくらいもあるそうです。(森博嗣は10~12パーセントと述べています。)
ですから、数字については、あくまで人気作家のもの、として読むのがいいでしょう。

作家志望のかたに、参考になりそうな箇所を紹介します。

>1作出して、それが売れるまで放っておくというマーケティングではまず成功しない。やはり、常に新作を出すことが作家の仕事の基本といって良いだろう。(91ページ)

>エンタティンメントは、どんどん多様化していて、昔のように大勢が同じものを見る、という時代ではない。これから、どんどん難しくなっていくだろう。逆に言えば、小説のマイナさは、ここが強みだということ。(134ページ)
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
出版関係者です。

この本に書かれていることは、一部の人気作家には当てはまると思うのですが、作家全体を表しているとはとてもいえません。
たとえば、印税率が10~14%と書かれていますが、業界の標準は10%です。
近ごろは7%くらいも珍しくありません。14%ももらえる人がいることは、この本で初めて知りました。

それから、著者は書くのが信じられないくらい速いです。
作家生活20年で著書280冊ほどという数もかなり多いといえるのに、
フルタイムで大学で働いていたころにも一年に10冊以上出していたのだというのだから、尋常ではありません。
プロの書き手のなかでも突出して速いです。特殊能力といっていいと思います。

本書では、こうした著者自身の特殊性について客観的な目線からの評価を一切していません。
そういうスタンスで「作家はけっこうわりのいい商売」と語るのはどうなんでしょうか。
いってみれば、イチローが自身の体験だけを書いて「プロ野球選手はわりのいい商売」と語るようなものだと感じました。

文章は読みやすいし、書いてあることも面白いので、本来は星3~4個つけてもいい内容なのですが、
これが一般論と誤読させる可能性のある筆致であるため
...続きを読む ›
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover