余命1ヶ月の花嫁 スタンダード・エディション [D... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
中古品: 良い | 詳細
発売元 KJ store
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 正規品★DISK、ケースのセット。ケースにわずかなスレ等があります。その他おおむねキレイです。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

余命1ヶ月の花嫁 スタンダード・エディション [DVD]

5つ星のうち 3.2 56件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 3,990
価格: ¥ 991 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 2,999 (75%)
残り11点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

人気タイトルをまとめ買い!
この商品は「DVD どれでも3枚 3,090円」キャンペーンの対象商品です。※マーケットプレイスの商品は対象外となります。キャンペーン詳細につきましてはこちらのリンクをご参照ください。 対象商品の一覧 へ

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 余命1ヶ月の花嫁 スタンダード・エディション [DVD]
  • +
  • 世界の中心で、愛をさけぶ スタンダード・エディション [DVD]
  • +
  • 涙そうそう スタンダード・エディション [DVD]
総額: ¥3,840
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 榮倉奈々, 瑛太, 安田美沙子, 大杉漣, 柄本明
  • 監督: 廣木隆一
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen, Import
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: Happinet(SB)(D)
  • 発売日 2009/11/06
  • 時間: 129 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.2 56件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B002JPC8XQ
  • JAN: 4907953028296
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 23,684位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

明日が来ることは奇跡です―
日本中が涙した<愛といのち>の感動の実話

2007年4月5日、一組のカップルが都内で結婚式を挙げた。一見、どこにでもいる幸せな二人。けれど、その24歳の愛らしい花嫁は末期がんに冒され、親族や恋人には「余命1ヶ月」と宣告されていた…。同年、5月に「イブニング5」で放送され、7月にも特番として放送されたドキュメンタリー「余命1ヶ月の花嫁」は大反響を呼び、同名タイトルのノンフィクション書籍(単行本&文庫本)は累計88万部を突破した。若年性乳がんと闘いながら、検診の大切さと生きることの素晴らしさを伝えたいと取材を受けた長島千恵さんを、榮倉奈々が、そんな彼女を深い愛で支えた恋人・赤須太郎さんを、瑛太が演じた。心優しき父や叔母、親友たちが紡いだ感動の実話の映画化。千恵さんのメッセージは、すべての人の心を強く揺さぶる。

みなさんに
明日が来ることは奇跡です。
それを知ってるだけで、
日常は幸せなことだらけで
溢れてます。
~長島千恵さんブログより~

【ストーリー】
イベントコンパニオンの千恵(榮倉奈々)は、ある展示会場で知り合った太郎(瑛太)から交際を申し込まれる。乳がんと診断されていた千恵は悩みながらも交際をスタートさせるが、数ヵ月後、
自分の病気のこと、そして胸を切除しなければならないことを告白。太郎に別れを告げたまま、姿を消してしまう。そんな千恵を追って、屋久島へたどり着いた太郎は、「俺は変わらない。一緒に頑張ろう」と伝える。その言葉に動かされ、千恵は再び太郎と生きていくことを決意する。
しかし、幸せな二人に辛い知らせが届く。千恵のがんが再発してしまう。激しい痛みと闘いながら治ると信じて千恵が治療に励む中、献身的に看病する太郎、千恵の父・貞士(柄本明)、千恵の叔母・加代子(手塚理美)に千恵の余命があと1ヶ月であると告げられる……。

【キャスト】
榮倉奈々、瑛太、手塚理美、安田美沙子、大杉漣、津田寛治、田口トモロヲ、柄本明

【スタッフ】
プロデューサー:平野隆、監督:廣木隆一、脚本:斉藤ひろし、共同プロデューサー:下田淳行 辻本珠子、音楽:大橋好規、ラインプロデューサー:及川義幸
主題歌:JUJU with JAY'ED「明日がくるなら」(ソニー・ミュージック アソシエイテッド レコーズ)
撮影:斉藤幸一、照明:豊見山明長、美術:丸尾知行、録音:井家眞紀夫、編集:菊池純一、スクリプター:小山三樹子、
VE:鏡原圭吾、助監督:吉村達矢、製作担当:斉藤大和、企画協力:島田喜広 吉田啓良 樫元照幸
制作プロダクション:ツインズジャパン 製作:“April Bride”Project

【特典】
特典映像:ミニメイキング (約10分)

※仕様、デザインは変更になる場合があります

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

ドキュメンタリー番組として放映され反響を呼んだ感動の実話を、榮倉奈々と瑛太主演で映画化。イベントコンパニオンの千恵は、仕事先で知り合った太郎から交際を申し込まれる。乳がんに冒されていた彼女は、悩みながらも太郎と付き合い始めるのだが…。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
去年映画で見れなかったので放送やDVDを通じ、今見ました。主人公の瑛太のキャラ、話の流れ、趣旨は物凄く良かったです。
改めて見るとヒロインである千恵の想いが伝わってくる感じがしました。乳がんと戦いながら精一杯生きてきた千恵の姿に感動しました。ただ残念なのが、まずは「これは実話です」ではなく「これはフィクションです。」にして欲しかったです。現実を見せるという点では良い案かもしれませんが、人によっては美化している風に見えてしまうので、もう少し考慮して欲しかったですね。後は言うまでも無く、色々やらせ疑惑問題があった件ですが、もしそれが事実であるならば製作側や監督側は一体何を考えているんだ?と言いたいです。こういう疑惑や不正問題がないように、もうちょっとキャストの選択・調整・扱いを丁寧にして欲しかったですね。正直惜しい作品だなと思います。
総合評価は☆=3です。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 みっちー 投稿日 2009/10/17
形式: DVD
原作は感動して読みました。私自身も30代後半で初めて乳ガン検診にいきました。 映画は期待してみすぎたのか、なんだか残念な気持ちが残ります。 一番感動したのが、自分のことより彼女を心配する瑛太と、彼女の父の会話。 自分の誕生日に彼女は友達と外食で「楽しんでるかな…」と瑛太。父はそれを聞いて「ありがとう、ありがとうね」と思わず涙。娘に素晴らしい人ができたことに対する思いが伝わりました。無念さも…。
なんだか?に思ったのが、同棲してるのに薬飲んでるとか具合悪いとか髪が抜けてるとか瑛太クン気づかんかったんかいっというとこです。
あと奈々ちゃんには悪いけどやっぱり健康的に見えました。
原作も好き、主役のお二人も好きな俳優さん。きっと私が期待しすぎたと思います。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
主人公の瑛太も良かったし、話の起承転結、趣旨は物凄く良かったです。改めて見るとヒロインである千恵の想いが伝わってくる感じがしました。乳がんと戦いながら精一杯生きてきた千恵の姿に感動しました。ただ残念なのが2点あり。まずは、「これは実話です」ではなく「これはフィクションです。」にして欲しかったです。現実を見せるという点では良い案かもしれませんが、人によっては美化している風に見えてしまうので、もうちょっとそこんとこ考えて欲しかったですね。後は言うまでも無く、色々やらせ疑惑問題があった件ですが、もしそれが事実であるならば製作側や監督側は一体何を考えているんだ?と言いたいです。こういう疑惑や不正問題がないように、もうちょっとキャストの選択・調整・扱いを丁寧にして欲しかったですね。良い作品なのに非常に惜しいです。☆=3とします。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
レンタルしましたが途中で見るのをやめました。

なんの山場もなく淡々と進行するストーリー。
とても健康そうなヒロイン。
登場人物の言動に共感できず。(実際にそういう行動をしたのかもしれないけど映画にした以上は視聴者に共感させなきゃ)

死んだ方を卑下している訳ではなく純粋に映画の出来が悪いです。
正直現実がどうだろうと知ったことではありません。

こういう言い方をしたら冷酷な人と思われそうですが救急病院24時で家族が事故で死んで泣いている番組よりバラエティを見たからといって非難されませんよね。

私は『映画』をみているんですから。
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
思った以上に酷かった。

黒い噂抜きにして演出が酷すぎます。

ドキュメンタリーや本の方が感動できると思います。
悪化させています。

肌つやも化粧してるんじゃないかというぐらい綺麗で
ガンの痛みも
全くなく眠るように死ぬ栄倉奈々。
ずっと榮倉奈々はそこら辺の人より
精神的にも肉体的にも元気そうです。

病室も個室で外出がしづらい以外は
ちゃんと話せ、食べられ、愛され何不自由ない生活です。

この映画の大きなテーマである死が
全くリアルでありません。

ドキュメンタリーでの千恵さんの表情、顔色を再現する気が
監督にも演者にもないんじゃないかと思ってしまいます。

予告編では泣けた
「千恵が千恵でいてくれたらそれでいい」
「何してるの?」「生きてる」というシーンも全然心に響かない。
シーン自体も短く
セリフも感情を込めた風に読んでいるだけという感じ。
ちゃんと表現したいという情熱を全く感じません。

演者で唯一
自分なりに考えて感情を込めて
演技してたと思ったのは千恵さんのお父さ
...続きを読む ›
コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。dvd 邦画