中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

余命1ヵ月の花嫁 (マガジンハウス文庫) 文庫 – 2009/3/26

5つ星のうち 4.8 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

イベントコンパニオンをしていた長島千恵さんは23歳だった2005年の秋、左胸にしこりがあるのを発見、乳がんとの診断をうけた。ちょうどそのころ赤須太郎さんから交際を申し込まれ、悩みに悩んだが「一緒にがんと闘おう」という言葉に動かされ、交際がスタートした。しかし、がんの進行は止まらず、翌年7月に乳房切除の手術をせざるをえなくなる。それでも治ると信じ、SEの資格を取り再就職し、次第に病気のことは忘れていった。ところが、2007年3月、激しい咳と鋭い胸の痛みに襲われ、主治医の元に。胸膜、肺、骨にがんが転移していたのが判明。そんな千恵さんのある願いを叶えようと、太郎さんと友人たちは…。最後まで人を愛し、人に愛され、人を支え、人に支えられた24年の人生を生き抜いた長島千恵さんからのラスト・メッセージ。


登録情報

  • 文庫: 223ページ
  • 出版社: マガジンハウス (2009/3/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4838770200
  • ISBN-13: 978-4838770205
  • 発売日: 2009/3/26
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 473,135位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
JUJUの曲からなんとなく、いろいろ検索してたら、これにたどり着いた。
読む前にネットでいろいろ憶測、真実、噂、疑いなど沢山見しまってから読みました。

本の内容は事実だけに、生きる、命とか大事にしなければと改めて思いました。

アダ○ト疑惑、金○けとか言われてるけど、闘病記としてよめばいいんじゃないかな。

読む前に感じた疑惑は少し晴れた。

身内には長島千恵さんは真実全て話したのかな?ってそれだけは気になるけど。残された人達が十字架背負うにしても、真実しらなきゃ辛い。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
TBCがドキュメンタリーとして放送した、23才の若さで乳ガンが発覚した千恵と言う女性が、余命一ヶ月の時点で結婚式をあげると言う実話を文章と写真で綴ったもの。こうした話自身に感想は不要なので気付いた点を幾つか。

(1) 女性にとって、乳ガンの早期発見のための検診が重要だという点。「若い女性の乳ガンは乳ガンでない」。即ち、転移が速いので、全身ガンと同じ結果になってしまう。実際に、千恵さんは肺ガンで亡くなった。本作によると、早期発見のための検診キャンペーンが実施されているそうである。

(2) 前向きな千恵さんの生前の写真は笑顔が印象的だが、次のような深みのある言葉を残している。

  「みなさんに明日がくることは奇跡です。
   それを知っているだけで、日常は幸せなことだらけで溢れています。」

(1)の実際的な面でも、(2)の精神的な面でも、読む者に影響を与える本である。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
余命1ヶ月で、記事にしてもらおうと決断した花嫁に敬意を表したい。 読むのは2度目ですが、1度目と同じく、悲しくて、半分まで読んだところで挫折しかかりました。
自分は過酷な現実に立ち向かえるだろうか。

なんらかの形で自分の命の履歴を残そうという意志。
自分ではそういう決断はできないだろうと思う。
決断をした花嫁に敬意を表すことしかできない。

自分の命の履歴を残そうという意志を、多くの人が読むことが供養になるのだと思う。

病気と余命を宣告された人の行き方を考えさせられる。

ps.
マスメディアの取り上げ方の課題についても考えさせられた。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 akide 投稿日 2009/7/12
形式: 文庫 Amazonで購入
ドキュメンタリーを見て、本も買おうと思い購入しましたが、購入してよかったと思いました。
ドキュメンタリーではわからなかった彼女のお父さんのこと、彼との出会いと彼の信じられないほど濃い思い、周りの人の温かさ、いろいろ感じるものがありました。
彼女の同じ世代へ向けたメッセージ、しっかり伝わっていると思いました。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック