この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

余命 [DVD]

5つ星のうち 3.2 5件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 松雪泰子, 椎名桔平, 林遣都, 奥貫薫, 市川実和子
  • 監督: 生野慈朗
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: SDP
  • 発売日 2009/06/26
  • 時間: 131 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.2 5件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00260DZ4K
  • EAN: 4562205580191
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 57,529位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

命の尊さと生きることの素晴らしさを描いた、人気作家・谷村志穂の小説を松雪泰子主演で映画化した感動作。結婚10年目にして待望の子供を授かった外科医・滴。だがその直後、10年前に患った乳がんの再発が発覚した彼女は、苦渋の決断を迫られ…。

内容(「Oricon」データベースより)

敏腕外科医・百田滴は結婚10年目に妊娠が発覚。しかし喜びもつかの間、右胸に違和感を持った滴は自己診断の結果、全身性の乳がんが再発。出産は38歳の滴にとって最後のチャンス。しかし産んだところで自分は育てられない。子供を諦めて治療に専念すべきか、ガンの進行を早めることになっても子供を生むか、病を知り尽くした滴は苦渋の決断を迫られる…。特典ディスク付き2枚組。

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.2

トップカスタマーレビュー

乳がんを再発した女医が命を賭して出産するヒューマンドラマとしてみたら、この映画は(松雪泰子のセミ・ヌード以外)おもしろくもなんともない凡作である。冒頭から回想シーンがぶつ切りで挿入され、シーンとシーンのつなぎも雑なため時系列をつかみにくい。ミヒャエル・エンデの『モモ』からの引用と思われる「失った時間を取り戻してくれる」という言葉を曲解したラストの展開も、観客にとっては非常にわかりづらい。

滴(しずく)の死後、夫である良介(椎名桔平)が就いた職業、そして息子の瞬太(林遣都)が合格祝のご褒美にほしがったある物から察するに、滴の果たせなかった夢(失った時間)を良介が、良介の果たせなかった夢を瞬太が代わりに果たしてくれる(取り戻してくれる)という、きわめて即物的なエンディングで締めくくられているのだ。(夫が反論できないように)友人夫婦の前でわざと懐妊していることを打ち明けたり、稼ぎのない良介を反省させるべくチクッとする嫌味をいうところなど、冷静に考えれば滴という女かなりのタマである。

そもそも自分の死が確実になったと知った時、自らの分身である子供を夫に押し付け、終生自分のことを忘れさせまいとする用意周到な計画は、(男側からみれば)女のエゴ以外の何物でもない。しかも、カメラマンなどという不安定稼業には見切りをつけさせ実業につかせることによって、将来
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 投稿日 2009/8/23
Amazonで購入
ひどく居心地の悪い思いで見ました。英国で末期医療に携わったことがありますが、欧米人には余りアピールしない映画かなと思いました。送り人とか黄昏れ清兵衛には文化や時代を超えた普遍的な、人として生きる哀しみ、というのがありましたが、この映画には出産、癌という具体的な医療姿勢に関わる問題が中心にあります。出産から死に至るまで末期癌には、緩和医療やケアという周りを巻き込んで面倒を見て貰う時期があることを当然予測していたはずなのに、出産を決めたときにどうして夫や友人を蚊帳の外に押し出してしまったのか。皆を信じていなかったのでしょうか。妻の癌を知った時の夫の悲しみなど考えなかったのでしょうか。夫は大切な時に寄り添えなかったという悔いを終生抱えていきていくでしょうに。医者である主人公の考え方がもう一つ納得いきませんだした。
英国の末期医療に携わる者は患者の自己決定の意思を尊重する事も勿論ですが、the principle of autonomyというのが中心にあって、informed decision making, accountability, team care, truth telling, dignity 等を教え込まれます。日本と欧米の人生に向き合う態度の違いをいまさらながら実感した映画でした。
これは余談になりますが、故中村元博士は日本人は情緒的な考え方をすると
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
生と死を見つめた、テーマとしては重い作品なのかもしれません。
何か特別のことが起こるわけでもなく、淡々と日常生活を描いている作品です。
前評判に比べ、興行成績が伸びなかった原因のひとつにはそんなことがあるのでしょうか?
ただ、個人的にはとてもメッセージ性の強い作品だと思いますので、日本でもこのような奥深い作品が受け入れられる土壌が育ってくれることを願っています。
主人公夫婦である百田家のセットも、良い意味での生活感があり、インテリアの小物使いのセンスも良かったと思います。セットでは、春の桜・緑の生い茂る夏・落葉のころ・白く降り積もった雪と季節感の描き方も素晴らしかったです。これは、主人公滴の体調の変化とリンクしていたように感じました。
映画の予告編をご覧になればわかるとおり、結末も予測できるものですが、15回私はこの映画を観ました。今まで同じ作品をこれほど何度も観たいと思ったことはありません。どうしてそんなに何度も観たのか、という理由は自分でもはっきりとしないのですが、じわじわと込み上げるものがありました。観た後、心が温かくなる作品です。そして、健康であること、家族と一緒にいられることの日常など、一見当たり前と思えることに対する尊さを再認識させられます。
特に、滴が一人病室で涙しながら、赤ちゃんを抱き、授乳しているシーンは
...続きを読む ›
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
とりたてて映画にする必要がない2時間ドラマ並みの仕上がり。映画館に行ってまで見た方が気の毒です。
松雪泰子の演技力も中途半端。役になりきってない感じ。終始、感情移入も出来ず気がつくと終わってました。二度と見ることのない作品。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック