Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,250

¥ 154の割引 (11%)

ポイント : 250pt (20%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[渡邉哲也]の余命半年の中国経済 これから中国はどうなるのか

余命半年の中国経済 これから中国はどうなるのか Kindle版

5つ星のうち 3.8 28件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,250

紙の本の長さ: 149ページ

【無料配信】
東京の多様な地域特性、都市構造、都民のライフスタイルなどを考慮してつくられた、完全東京仕様の防災ブック。知識をつけるだけではなく、今すぐできる具体的な“防災アクション”を多く掲載。Kindle版でいつでもどこでもチェック可能! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

カネの切れ目が中国との切れ目になる!
日本がチャイナリスクを撃破する方法!

★1位 ─ Kindleストア > Kindle本 > ビジネス・経済 > 経済学・経済事情
獲得実績

これから「もっと」スゴイことになる中国経済!
2015年6月中旬から7月にかけて中国株が大暴落、
中国政府はなりふり構わぬ株価維持政策に出ている。
だが、やがてその矛盾が噴出し、経済も社会も大混乱に陥る!

すでに土地バブルは崩壊、起死回生を狙ったAIIBや南シナ海支配も
日本・アメリカの包囲網に叩き潰され、中国は衰退の道を余儀なくされる!

●天津の大爆発

●金融政策

●ドイツとの関係

●日本企業の撤退

など、多くの問題を抱える中国の経済を追う!
カネの切れ目が中国との切れ目になる!

本書ではいま中国で起きていることを中心に、
それが日本や世界に与える影響を予測し、
次の段階で起きることを論理的かつ大胆に予想したいと思っている。



■目次

・序 章 習近平訪米で見えてきた中国の終焉

・第1章 ついに訪れた中国バブル崩壊

・第2章 バブル崩壊後、中国はどこにむかうのか

・第3章 世界を揺るがす移民問題

・第4章 大きく変化している韓国・台湾

・第5章 そして日本はどうなる

・第6章 何もかも張り子の虎だった中国

・第7章 安倍首相の戦後70年談話に中国に対する答えがある

・終 章 滅びゆく中国と日本の親中(媚中)勢力

■著者 渡邉哲也
作家・経済評論家。1969年生まれ。日本大学法学部経営法学科卒業。貿易会社に勤務した後、独立。複数の企業運営などに携わる。大手掲示板での欧米経済、韓国経済などの評論が話題となり、2009年、『本当はヤバイ! 欧州経済』(彩図社)を出版、欧州危機を警告しベストセラーになる。内外の経済・政治情勢のリサーチや分析に定評があり、さまざまな政策立案の支援から、雑誌の企画・監修まで幅広く活動を行っている。
著書に『これからすごいことになる日本経済』(徳間書店)『儲』『完全にヤバイ! 韓国経済』(三橋貴明氏との共著、彩図社)、『大恐慌情報の虚と実』(同共著、ビジネス社)など多数。

人気経済ブログ「代表戸締役 ◆ jJEom8Ii3E の妄言」。人気メルマガ渡邉哲也の今世界で何が起きているのかを運営している。

内容(「BOOK」データベースより)

カネの切れ目が中国との切れ目になる!日本がチャイナリスクを撃破する方法!

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 10559 KB
  • 紙の本の長さ: 149 ページ
  • 出版社: ビジネス社 (2015/12/15)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B019F2RXR6
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 28件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 13,223位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  •  画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
著者は、御存じ渡邉哲也先生。
最近はテレビなどでも目にする機会が増えた、気鋭の経済評論家です。

渡邉先生は、7月に徳間書店から中国バブルの崩壊と、その後の国際情勢の変化を指摘した『中国壊滅』発売。
天津大爆発や、戦後70年談話、習近平の訪米、フォルクスワーゲンの不正など、この3カ月で起こった事件を盛り込んで、最新の分析と予測をされています(というか、わずか3カ月で本当にいろいろなことが起こるものですなぁ……)。
本書は、出版社こそ違いますが、『中国壊滅』の続編と言っていい一冊です。
……というか、帯に「ベストセラー『中国壊滅』著者の最新作!」と書かれていますので、そのへんは意識されているのでしょう。
『中国壊滅』と併せて読むと、より理解が深まるのではないでしょうか。

さて、本書ですが、7章プラス序章と終章の9章構成となっています。
本文は219ページもあるものの、ひとつひとつの章が、それほど長くありませんので、とても読みやすいです。

では、各章の内容を簡単に書いておきましょう。

序章「習近平訪米で見えてきた中国の終焉」では、何も成果のなかった習近平の訪米と、ローマ法王はもとより、インドのモディ首相にも遠く及ばない不人気ぶり、欧米の掌返し
...続きを読む ›
コメント 98人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 トップ100レビュアー 投稿日 2015/10/22
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
著者のこれまでの中国経済に対する予測は、違わなかった。
分析も読みも深い。情報源もあるだろう。
内容は、余命半年どこに向かうか、アメリカに於ける中国人の不法移民、中国に対する方針としての70年談話、滅びゆく媚中勢力等で構成されている。
媚中勢力とは、一体何者であろうか。リベラルと同義語に近いが普遍的価値を信奉し、専ら世界に貢献する無国籍の国際主義者なのだろうか。
だが、日本人はGHQ及びその走狗となったメディアが釈迦力で罪意識を植え付けるWGIPを連日ラジオ・新聞で宣伝し、洗脳しても多くの日本人はそれに踊る事はなかった。
グローバリズムとは、決して歴史の進歩ではない。
日本人は、国際主義=リベラリズム=新自由主義の胡散臭さを本能的に嗅ぎ付けている。

所謂、リベラル陣営の中国に対する予測は悉く外れた。
AIIBについても例によってバスに乗り遅れるな、孤立する等の情緒的言辞を弄していたが、今やその見込み違いは明らかとなった。
例によってダンマリを決め込むだろうが、この人たちの職業倫理はどうなっているのだろう。
折しも、7月~9月期のGDPが19日に6.9%と発表された。これは、絶妙でこれ以外の数字はあり得ないからである。但し、発表が速すぎであった、日米でも月末か翌月である。こ
...続きを読む ›
コメント 87人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
虚飾にまみれた中国経済の実状を暴き続ける著者の、極めて近い将来を見据えた緊急出版である。のっけからカバーの折り返しに「このままでは中国に共産主義革命が起こりかねない(笑)」と書かれていたのはご愛嬌だが、マオイストを自称する習近平の恥知らずな言動を観察すると、あながち戯言とも思えぬ昨今の世界情勢が怖い。冒頭のホットニュースは、ローマ教皇の訪米にお株を奪われて、4.5兆円の爆買いも徒労に終わった習近平のアメリカ行脚であった。にわか仕立ての大国気取りに御都合主義の資本主義をぶる下げ、国家主席自ら成金外交を掲げて擦り寄る態度には、さすがのオバマ大統領も辟易した表情を隠せない。米中の離反は誰が見ても明白である。しかし、本書が書店に並んだ矢先、イギリスを訪れた習近平は女王の居住するバッキンガム宮殿に宿舎を充てがわれ、下にも置かぬ大歓待を受けた。得意満面の習主席は原発や高速鉄道など7.5兆円規模の莫大な商談を確約。先般ロンドン市場で人民元建ての国債発行も決まり、近未来のシルクロード「一帯一路」の西端はイギリスであると表明するなど、アメリカ訪問で失墜した権威を存分に取り戻す快進撃を見せた。そうは言うものの、皇室と親密な女王陛下主催の公式晩餐会で、わざわざ「日本の残虐さ」を盛り込んだスピーチを行う無神経さは、近代国家の元首として常軌を逸している。正しい歴史認識と称する詭弁を振りかざすのなら、かつて...続きを読む ›
1 コメント 95人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
中国のバブル危機問題を切り口に、諸外国との外交事情がどのように繋がっているかが丁寧に解説されており、改めて政治と経済の密接に関わりを実感させられました。
特に興味深かったのは、中国人の移民問題です。
ヨーロッパ諸国が抱える、他国からの移民問題の理解が深まったのはもちろん、昨今のアメリカ大統領選挙で、なぜトランプ氏がアメリカ国民に指示されているのかも、非常に納得させられました。
近年日本にも外国人在住者が増えていることに対して、これまであまり気に留めていませんでしたが、移民の増加は国を乗っ取られる可能性も秘めていること、そして日本が、そういった国際的に危険視されている国と海を隔ててごく近くにあることに、強く危機感や緊張感を持たなくてはいけないと考えさせられました。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover