何者 Blu-ray 豪華版 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

何者 Blu-ray 豪華版

5つ星のうち 3.7 3件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 6,480
価格: ¥ 4,816 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,664 (26%)
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:7¥ 4,816より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 何者 Blu-ray 豪華版
  • +
  • るろうにほん 熊本へ
総額: ¥6,544
ポイントの合計: 52pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 佐藤 健, 有村架純, 二階堂ふみ, 菅田将暉, 岡田将生
  • 監督: 三浦大輔
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョンフリー(全世界共通)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: 東宝
  • 発売日 2017/05/17
  • 時間: 98 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 3件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B01N19FOGI
  • JAN: 4988104106636
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 425位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

恋愛、友情、就活、裏切り。これが僕たちのリアル。
第148回直木三十五賞受賞の超観察エンタテインメント!
原作:朝井リョウ × 監督・脚本:三浦大輔 × 音楽:中田ヤスタカ
豪華版は、メイキング映像や本編未公開映像など貴重な特典映像が満載!
さらに封入特典は、三浦大輔監督が撮影で使用した台本などを盛り込んだ豪華ブックレット付き!

★平成生まれの作家・朝井リョウが直木賞を受賞し、大きな話題を呼んだ『何者』(新潮文庫刊)が遂に映画化!
★若手実力派俳優たちが集結し、就活でライバルとなる登場人物たちと同様に演技合戦が繰り広げられる! !
★監督は、若くして演劇界で数々の賞を受賞している鬼才・三浦大輔監督。
★音楽には、数々のアーティストを手掛ける音楽プロデューサー・中田ヤスタカ。
★主題歌は、今話題沸騰中のアーティスト・米津玄師と中田ヤスタカの初コラボ!


【収録内容】
(本編ディスク)
Blu-ray/カラー/2層(BD50G)/ 16:9シネスコサイズ/本編98分+特典/2016年/日本
音声)1)日本語 5.1chサラウンドDolby TrueHD 2)日本語 2.0chサラウンド リニアPCM 3)日本語(オーディオコメンタリー)2.0ch ステレオDolby TrueHD
字幕)1)日本語字幕
(特典ディスク)
Blu-ray/カラー/2層(BD50G)/ 16:9ワイドスクリーン/121分
音声)1)日本語 2.0chステレオDolby TrueHD

【映像特典】
(本編ディスク)
■予告編集(特報/予告/TVスポット)
■「何者」たちの就活戦線・2016
(特典ディスク)
■メイキング「『何者』劇場の舞台裏」
■“激"団「毒とビスケット」『ぼくの惑星』未公開公演映像
■特番 映画『何者』オレたち、就活するってよSP
■イベント映像集(完成披露試写会/学生限定試写会/ガールズ試写会/初日舞台挨拶)
【音声特典】
(本編ディスク)
■オーディオコメンタリー(三浦大輔監督×原作者:朝井リョウ)
【封入特典】
■豪華ブックレット
(三浦大輔監督 撮影台本縮尺版/美術デザイン集/絵コンテ集+未公開写真集)
【商品仕様】
■アウターケース+デジパック


【ストーリー】
ひとつの部屋に集まった5人の男女。

大学の演劇サークルに全力投球していた拓人(佐藤 健)
拓人がずっと前から片想いをしている瑞月(有村架純)
瑞月の元カレで、拓人とルームシェアをしている光太郎(菅田将暉)
拓人たちの部屋の上に住んでいる、瑞月の友達の理香(二階堂ふみ)
就活はしないと宣言する、理香と同棲中の隆良(岡田将生)

理香の部屋を「就活対策本部」として定期的に集まる5人。
それぞれが抱く思いが複雑に交錯し、徐々に人間関係が変化していく。

「私、内定もらった…。」

やがて「裏切り者」が現れたとき、
これまで抑えられていた妬み、本音が露になっていく。

人として誰が一番価値があるのか?
そして自分はいったい「何者」なのか?

いま、彼らの青春が終わり、人生が始まる――。


【キャスト】
佐藤 健 有村架純 二階堂ふみ 菅田将暉 岡田将生 / 山田孝之

【スタッフ】
原作:朝井リョウ『何者』(新潮文庫刊) 監督・脚本:三浦大輔 音楽:中田ヤスタカ
主題歌:「NANIMONO(feat.米津玄師)」中田ヤスタカ(WARNER MUSIC JAPAN/unBORDE)
(C)2016 映画「何者」製作委員会
発売・販売元:東宝株式会社

※商品仕様・デザインは予告なく変更になる場合がございます。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

演劇界の鬼才・三浦大輔が朝井リョウの直木賞受賞作を映画化。就職活動を通して自分が「何者」かを模索する大学生たちの青春を描く。佐藤健、有村架純、菅田将暉ら若手実力派俳優が共演。特典ディスク付きの豪華版。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Blu-ray
高速化するSNSの嵐の中、現代人はよりシビアに他者を見つめ、他者を求める。
Facebookなど実名のSNSは、その名の通り社会の一部になり、むしろ対面でのコミュニケーションよりも表向きの日常が映される。
自分の世代だと、結婚とか犬とか料理とか旅行とか子供とか意識高い系の告知もの(笑)とか。

一方、一部の有名人と数多の匿名で成すTwitterは、それこそ人間の光と闇、すべての感情が洪水のように吐き出され続けている。
日本でTwitterの勢いが落ちないのは、スピード感溢れる共有・共感としてのツールとして機能しているのと、実名SNSが窮屈だと感じる人が多いからだ(にしてもあんな脇の甘い使い方してないだろ)。
本作および原作がFacebookをスルーして、Twitterを主軸にした展開になっているのは、このスピード感とSNSの暗部を描きたかったからに他ならない。
そこに「就活」というものすごい燃料が投下され、承認欲求と嫉妬の炎が燃え上がる。

傍観者であった主人公は、周囲を嘲笑しているうちに気付けば敗北者になっていた。
いや、実際就活なんて誰が勝って誰が負けたというわけではないのだが。思春期~学生時代の敗北感は残酷。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
内定を目指して励まし合う就活生たちの
内面に隠された闇を描いた話。

就活生の不安や内に秘めた思い、
SNSとの付き合い方などが非常にリアルで、
自分や身近な人に重なる人も多いだろう。

学生たちの闇の部分がとことんエグく、
妬みややっかみが容赦なく描かれていく。
終盤の演出は素晴らしく斬新で感動した。
ただ、宙ぶらりんで終わるラストで消化不良だったのは残念。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
今日、ゲオでレンタルしてたので何気なく見てみました。

今の人ってこんなになにもかもSNSに書き込んでる人いるのかよって思ったけど、今の時代いるんですよねこれが。。。

ストーリーを知らずにキャストの豪華さだけで借りました。一応予告は見たうえでの視聴です。

正直、キャストの名前で話題になった映画かなと思いました。

これが新人俳優やあまり名前を知られてない人が出演してたら見なかったでしょうし、仮に見ても早送りしながら見てたことだと思います。

ここで言う話ではないですが、今の人たちはSNSで仮に文字だけの友達でも逃げる場所があってよかったですね。

何日か前に、インタビューで今の新入社員が一番ほしいものは給料より休日だというバカみたいな回答が多く、こんな人たちが増えてく日本はもう景気がよくなることはないでしょうね。

あくまでも個人的な評価ですのであらかじめご理解ください。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告