通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
何もかも憂鬱な夜に (集英社文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

何もかも憂鬱な夜に (集英社文庫) 文庫 – 2012/2/17

5つ星のうち 4.0 56件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 432
¥ 432 ¥ 1
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 何もかも憂鬱な夜に (集英社文庫)
  • +
  • 掏摸(スリ) (河出文庫)
  • +
  • 銃 (河出文庫)
総額: ¥1,523
ポイントの合計: 48pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

施設で育った刑務官の「僕」は、夫婦を刺殺した二十歳の未決囚・山井を担当している。一週間後に迫る控訴期限が切れれば死刑が確定するが、山井はまだ語らない何かを隠している―。どこか自分に似た山井と接する中で、「僕」が抱える、自殺した友人の記憶、大切な恩師とのやりとり、自分の中の混沌が描き出される。芥川賞作家が重大犯罪と死刑制度、生と死、そして希望と真摯に向き合った長編小説。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

中村/文則
1977年愛知県生まれ。福島大学卒業。2002年『銃』で新潮新人賞を受賞してデビュー。04年『遮光』で野間文芸新人賞、05年『土の中の子供』で芥川賞、10年『掏摸』で大江健三郎賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 197ページ
  • 出版社: 集英社 (2012/2/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4087467988
  • ISBN-13: 978-4087467987
  • 発売日: 2012/2/17
  • 梱包サイズ: 15.6 x 10.7 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 56件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 17,054位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
中村さんの小説は暗いけど、おもしろいので二冊目です。
芥川賞の作品「土の中の子供」も良かったです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
又吉直樹のお勧めで読みました。
屈折した若者の心を溶かすものは・・
ここにあまり書くとネタバレになるので書きません。
この若者の親ぐらいの年齢の私ですが、
若者にこんな素晴らしい事を言ってあげれるのか私は?
と読み終えたあと、しばらくぼーっとしました。
忘れられない本です。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
言っていることが難しいと感じたり、嫌な感じが残ると言う人は、命や人生、生(性)死についての思考の仕方という意味で、幸せな部類の人間だと思う。
私は、自分の中にそういった根源的な悩みや暗い方向への思考が強い人間だとおもう。そんな私にとっては、登場人物や、その中に見える作者の思想が共感として解る部分が多かった。
読み手を選ぶ作品が知れないが、特に私のような人には、是非勧めたい一冊である。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ラテンマン トップ500レビュアー 投稿日 2017/3/25
形式: 文庫
施設で育った主人公は刑務官として働いている.
受刑者・被告人との関わりは,彼に何をもたらすか.

刑務官としての日常と回想シーンから,
とにかく暗い気分がこれでもかとばかりに描かれる.
犯罪者との関わりや死刑執行についての会話など,どれも重苦しく,
日々の中での心理描写は濃密である.
その描写は確かに真に迫っており,読み応えがある.

ただ,これは中村氏の作品に共通する問題のように思うが,
その場面での心理描写は濃いのだが,
そのような真理に至る過程が今ひとつ伝わってこない.

また,本作品では,イベントを積み重ねるにつれて,
少しずつ主人公の精神が蝕まれていく様子と,
それに抗いながらも壊れていく過程を描くべきと思うが,
どちらかと言えば,初めから危ういところのあった主人公が
予測通り最後にキレてしまったように見えてしまう.
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
親に捨てられ施設で育った主人公は今は刑務官の仕事をしており、そこで死刑判決に対して控訴しようとしない殺人犯と出会う。
 中村さんの小説を読むのは初めてなので他の作品については分からないが、この小説は不定形の若い心が抱える、このまま何者にもならないのではという不安、一方で何者かになってしまうことも不安だという不安定さのリアリティをよく伝えていると思う。この作品を書いた時の中村さんは30代初め、すでに50代半ばとなった私にはうまく思い出せないひりひり感を書き抜いた。
 施設での友人の死も、主人公をおおらかに受け止めてくれた施設の責任者「あの人」も、殺人犯の山井の描き方も、どこか型通りで、それをうまくつなぎ合わせてまとめているのではという感想も途中に持ったけれど、「生きろ」というメッセージは伝わってくるし、読みながら時々感じる、生きることにまつわるイヤな感じはリアルだ。これはこの時代を生きる若い人にこそ読まれるべき作品なのでしょう。
コメント 52人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
冒頭のところはちょっと読みづらい印象でした。最初のタクシーの運転手とのやりとりは「いや、早く自分家の住所言えや」と読みながらツッコミをいれてしまいました。

でも…真下が残したノート。このノートで心を鷲掴みにされました。
こんな悲痛な言葉たちをかき集める文才はすごい。
悲鳴のような言葉。暴力的なのに、ろうそくの炎のようにか細い。
変わりたくて変わりたくて、でもどこまでいっても自分は自分で。
才能がない、才能がほしい、才能を持てるほど努力も続かない。
むき出しの感情に、性的な表現、そんな言葉たちに目をそらしたくなるほどでした。

そして山井の最後の手紙。
切なくて切なくて、どこに怒りや憎しみをぶつけたらいいのかわかりませんでした。やり切れない気持ちになり、読み終わった後は本当に何もかも憂鬱な気分になった夜でした。

友人が一番好きな本だと言っていたので読んでみたのですが、この本を一番好きな本だと言うのはなかなかだな…と思ったのはその友人には内緒です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
芥川賞を受賞した又吉さんが人生のバイブルと絶賛されていたので読んでみたものの・・・
1ページすら納得も共感もできず、読んだ後に嫌な感情しかわいてきませんでした。
多分、このような作品に共感できる人にしか面白みはわからないのだと思います。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー