¥2,640
通常配送無料 詳細
残り8点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
体罰・暴力・いじめ スポーツと学校の社会哲学 がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

体罰・暴力・いじめ スポーツと学校の社会哲学 (日本語) 単行本 – 2019/12/23


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本, 2019/12/23
¥2,640
¥2,640 ¥2,150
この商品の特別キャンペーン プライム会員限定 最大5%ポイント還元中。 1 件
  • プライム会員限定 最大5%ポイント還元中。
    プライム会員限定最大5%ポイント還元 まとめて買うと最大15%ポイント還元。 特設ページはこちら 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)


本まとめ買いクーポン
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • プライム会員限定最大5%ポイント還元 まとめて買うと最大15%ポイント還元。 特設ページはこちら 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるブックカバー
好きなデザインを選んで取り付けよう! 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

スポーツ指導の現場で、監督やコーチが選手に暴力を振るう事件が後を絶たない。また、学校でも、いじめや体罰などの暴力が発生し続けている。そしてその結果、自死を選ぶ児童・生徒・学生も増えている。
なぜ人は学校やスポーツの場で暴力を振るうのか。こうした問いに対して「暴力的存在としての人間」という哲学の視座から、なぜなくならないかを考えるのが本書の立場である。
暴力の本質を問うフーコーやニーチェ、バトラー、フロイトらの議論を援用して学校やスポーツ指導を考察する。常に勝つために、指導者も選手も理想像や規律意識が高まりやすいというスポーツの暴力性や、本質的に規範という暴力をはらんだ学校教育の姿を浮かび上がらせる。
「愛の鞭」か、行き過ぎた指導か、という平行線の議論を超えて、人間の本性に関わる暴力とどう向き合えばいいのかを考えるために「暴力の社会哲学」を提起する。

目次



はじめに

序章暴力の記憶
1野球の世界で経験した暴力
2バレーボールへの転向と子どもへの悲惨な暴力
3暴力の記憶にあらがって
4糸が切れた
5それでもなお

第1章暴力に力強く向き合うために重要な事柄
1是非論を超えて
2スポーツと学校の暴力
3暴力(に関わる人間)をどう描くか
4暴力の社会哲学の具体的なありよう

第2章スポーツの本質に関わる暴力性
1スポーツの本質の一側面としての暴力性
2指導者はなぜ体罰をおこなうのか

第3章指導者―選手関係の暴力性
1フロイトの集団心理学への着目
2従来の研究への不満
3リビドー概念について
4集団形成における「ほれこみ」と「同一視」
5「ほれこみ」から「理想化」へ
6体罰をおこなう心性

第4章選手間関係の暴力性
1事後的に騒ぐのをやめろ
2先行研究の問題
3選手間関係の基本構造
4フロイトからジラールへ
5ジラール暴力論批判
6欲望の対象の稀少性
7ジラールを超えて

第5章科学と暴力からみるスポーツ指導
1スポーツ科学への盲信の危険性
2スポーツ指導の暴力性/暴力としてのスポーツ指導
3スポーツ指導と暴力の交点
4超越と暴力
5〈たそがれ〉の暴力
6再び科学の問題性――科学への拘泥が生み出す暴力への可能性

第6章学校教育の本質に関わる暴力性
1教育研究における従来の暴力理解
2教育と暴力の密約的関係
3生徒=自己規律的な主体
4「巧みな回収」と生徒の自我の様相
5「巧みな回収」を目指す教師――その失敗と暴力への可能性
6根源的な暴力性を超えて考えるべきこと

第7章教師―生徒関係の暴力性
1近代教育と暴力
2子どもの他者性の尊重=教育の不可能性の尊重
3教師という存在の本質に関わる暴力性
4教師という存在の暴力性とその病理

第8章生徒間関係の暴力性
1いじめ論のパターン
2いじめ論の落とし穴
3いじめに関する哲学的考察
4諏訪と小浜のいじめ論
5「最後の気晴らし」としてのいじめ

終章これからも考えていくために
1暴力に力強く向き合うために――本書の考察からいえること
2暴力に力強く向き合い続けていくために――今後の課題と展望

初出一覧

あとがき

内容(「BOOK」データベースより)

なぜ、人はスポーツや学校の場で暴力を振るうのか。暴力の本質を問う様々な議論も援用し、常に勝つために指導者も選手も理想像や規律意識に縛られるスポーツの暴力性や、本質的に規範という暴力をはらんだ学校教育の姿を浮かび上がらせる。そして、「暴力的存在としての人間」という哲学の視座から、暴力とどのように向き合うのかを指し示す。

著者について

1988年、岡山県生まれ。広島大学大学院教育学研究科学習開発学専攻博士課程修了。博士(教育学)。広島大学特別研究員。専攻は暴力論、スポーツ哲学、教育学。共著に『はじめて学ぶ体育・スポーツ哲学』(みらい)、論文に「運動部活動における体罰の意味論」(「体育学研究」第61巻第2号)、「教師は暴力的存在である――体罰の淵源を見据えて」(「広島大学大学院教育学研究科紀要 第1部 学習開発関連領域」第65号)、「スポーツ集団における体罰温存の心的メカニズム――S・フロイトの集団心理学への着目から」(「体育・スポーツ哲学研究」第37巻第2号)など。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

松田/太希
1988年、岡山県生まれ。広島大学大学院教育学研究科学習開発学専攻博士課程修了。博士(教育学)。広島大学特別研究員。専攻は暴力論、スポーツ哲学、教育学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 256ページ
  • 出版社: 青弓社 (2019/12/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4787234633
  • ISBN-13: 978-4787234636
  • 発売日: 2019/12/23
  • 商品の寸法: 12.8 x 2.2 x 18.8 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 157,812位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

まだカスタマーレビューはありません

星5つ (0%) 0%
星4つ (0%) 0%
星3つ (0%) 0%
星2つ (0%) 0%
星1つ (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう