通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
体系的に学ぶ デジタルオーディオ がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
中古品: 良い | 詳細
発売元 book-knock77
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーに細かいキズ、スレ、折れ跡あります。中は、書き込みなく本文綺麗です。宜しくお願いいたします。★十分な検品をして出品しておりますが、もし、商品の状態がアマゾンのコンディションガイドラインと異なる場合は、評価前にご連絡いただければ返金保証しておりますので、ご安心してお取り寄せください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

体系的に学ぶ デジタルオーディオ 単行本 – 2014/7/16

5つ星のうち 3.3 4件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,052
¥ 2,052 ¥ 1,324

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

今やiPod/iPhoneやウォークマン、Androidなどの携帯音楽プレーヤーやスマートフォンで音楽を楽しむことは当たり前になっています。また、パソコンにUSB DACとスピーカーを接続するPCオーディオ、
CDレシーバーやHDDオーディオプレーヤーシステムを利用したネットワークオーディオなど、音楽の試聴方法は多様化しています。さらに最近では、「ハイレゾ」と呼ばれる、より高音質の音楽が注目を集めています。
本書では、デジタルオーディオの歴史からファイル形式やビットレート、専門用語などの基本知識、リッピング、ハイレゾ、視聴環境の構築方法、音楽配信サービスまでやさしく解説します。
これからデジタルオーディオの世界に足を踏み入れる方からより詳しい知識を得たい方までお勧めの1冊です!

内容(「BOOK」データベースより)

音源の種類、ハイレゾ、各種技術、視聴環境など、音楽をより楽しむための知識をわかりやすく解説!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 232ページ
  • 出版社: 日経BP社 (2014/7/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 482229630X
  • ISBN-13: 978-4822296308
  • 発売日: 2014/7/16
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 14.8 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.2 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 674,128位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
著者のお二人ともテクニカルライターとして多くの著作等を手掛けていらっしゃるようです。
しかし「体系的に学ぶ」と冠した本書を読んで、この方々は本当にプロのテクニカルライターだろうかとその資質に疑問を感じるのは私だけでしょうか?

先ずテクノロジー以前に、デジタルオーディオの歴史についての記述で、ちゃんと資料に当たって確認しているのか疑問に感じました。

著者はデジタルオーディオの「始まり」をCDの登場からと述べて、それまではアナログオーディオの時代だったと言い切っています。

これは、30〜40年ほどのキャリヤのあるオーディオ愛好者の方なら、ほとんどの方が知っているはずですが、CDの登場以前5年前の1977年にSONYが世界初の民生用PCMプロセッサーPCM-1を単体で発売しています。
当時、一般家庭に普及し始めた家庭用VTRの映像信号としてデジタルオーディオ信号を記録するためのエンコーダー/デコーダーでした。
このときの私はお金のない高校生で、高嶺の花のPCMプロセッサーのカタログを遠目に眺めては指を咥えていた記憶があります。
このように立派な一般向けデジタルオーディオは、このときに既に産声を上げていたのです。

ちなみにこのPCMプロセッサーの開発秘話を中心にデ
...続きを読む ›
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
体系的に学ぶ」と謳うからにはデジタルオーディオについて、少なくとも基礎的な理解が得られる内容だろうと期待して購入したのだが、実体はメーカーの製品カタログやムック本や実質的な素人の世間話などから拾ってきた情報を、書籍に相当する嵩になるまで集めたものと言った程度であった。著者達は情報を羅列できても重要な事実を述べる事はできず、体系的な理解をうながすような要旨の展開も存在せず、率直に言って著者達がデジタルオーディオを語るのに必要な程度まで理解していると見なす事はできない。読者はこの書籍を通読したところで、自身の眼前にあるデジタルオーディオシステムの性能や限界を的確に理解する事はできず、あるいはそのシステムの限界に対して取り得る対策を想像できるような知識も得られないのを覚悟しておこう。

第一にデジタルオーディオの音質を決定する要素を列挙できていないのが大きな減点要因である。特にジッタの話が一切出てこないのは現代のデジタルオーディオ技術に関する著書としては致命的だ。そんな程度だから「実際に音を悪くしているのはこのフィルタリングの工程部分になります」などと現代では実用上の意味を成さない30年前の水準の文言が出てくるのだし、PCオーディオにおいて「再生音質の良さが~」「高音質の~」などと印象を書く事はできても、データは同一なのにどうしてそんな現象が起こりうるかについて全く言
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
すっかりヘッドホンオーディオが主流となり日本のオーディオメーカーの多くが撤退してしまいましたが、「ハイレゾ」の出現がオーディオ業界を再び元気にしてくれそうな予感がしています。ところでPCオーディオ、ネットワークオーディオについて良い本がないか探していたところ本書にたどりつきました。CD~ハイレゾまでオーディオやインターネットの基礎知識も含め実際の製品や音源サイトについても丁寧に解説してあります。PCオーディオに興味を持った方の「入門書」としてお奨め致します。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
アリラ=ポコテンという人が書いたレビュー は的外れで、信用しない方がよいです。レ ビューの中ではデジタルオーディオの幕開け はCDではなく、PCMプロセッサーだと主張し ていますが、一般向け書籍においてはナンセ ンスです。PCMプロセッサー「PCM-1」を開 発したソニーがそんなことを言っているのか? と疑問に思って、ソニーが提供している「 ホームオーディオの歴史」のホームページを 見たら、ソニーはPCM-1の次に開発した世界 初のコンパクトディスクプレーヤー「CDP-101」を「デジタルオーディオ時代の幕開けと なった」と表記しています(1982年のとこ ろ)。これが妥当でしょう。 http://www.sony.co.jp/pressroom/pict_data/h_audio.html 仮にPCM音源の利用がデジタルの起源と定義 するならば更に1960年代まで遡り、楽器を含 めたものになってしまい、読者にとってはま すますとんちんかんな話しになるでしょう。 また、アリラ=ポコテンはレビューの中で「 あくまでCDには溝は存在しません」としてい ますが、この書籍が言っているとおりCDにも 溝構造(グルーブ)はあります。記録溝や案内溝 と呼ばれるものもあります。 的外れだったり、聞きかじりの解釈や思い込 みの知識を、さも常識のように語るレビュ アーが最近、増えている気がします。注意...続きを読む ›
4 コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告