通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
体制維新――大阪都 (文春新書) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ■【通常24時間以内に発送】■コンディションに不備があった場合は、返金対応致します。丁寧にクリーニング・梱包し、迅速に発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

体制維新――大阪都 (文春新書) 新書 – 2011/11/1

5つ星のうち 4.0 70件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 918
¥ 918 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 体制維新――大阪都 (文春新書)
  • +
  • 大阪都構想が日本を破壊する  (文春新書 1020)
総額: ¥1,717
ポイントの合計: 52pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

経済の低迷が続く要因は、古い既得権構造にある。大阪府を都に改編し、利権排除、公務員改革を図る──わが国の再生策を論じ合う。

内容(「BOOK」データベースより)

「よいことも悪いことも大阪からはじまる」といわれる。経済の低迷、莫大な負債など大阪を取り巻く情勢は日本の縮図ともいえる。橋下徹知事が掲げる「大阪都構想」は、大阪、そして日本改革の切り札となるか―。その全貌を論じ尽くす。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 264ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2011/11/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4166608274
  • ISBN-13: 978-4166608270
  • 発売日: 2011/11/1
  • 商品パッケージの寸法: 17.4 x 11.2 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 70件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 96,162位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 Edgeworth-Kuiper Belt 殿堂入りレビュアートップ10レビュアー 投稿日 2012/2/20
形式: 新書
「これは仕組み、システム、体制の問題であり、それを変えなければ、物事は前へ進みません」「体制の変更とは既得権益を剥がしていくことです」「僕は仕組みを変えるときは、一点突破の全面展開を考えます」「仕事の役割分担を明確にし、決定権者、責任者をはっきりさせること」

大阪で改革を進めている橋下徹氏の本。堺屋太一との対談という形をとっている。賛否はいろいろあるのかもしれないが、論理的で、骨太で、しかも実際に数多くの抵抗に遭いながら改革を進めてきた辛さも正直に吐露しており、大阪の住民でなくとも一読の価値がある内容になっている。

・職員基本条例:公務員の解雇や降格人事を可能にする。
・教育基本条例:教員の懲罰と政治の教育への一部関与を認める。
・大阪都構想:市と府の2重行政を無くして効率化し、区の予算を増やして区長を選挙で選ぶ
・国と地方都市機能の分権:国と地方の役割をはっきりさせる。
・財政再建:既得権化していた補助金を削減し、外郭団体を整理。

この人が、どうして人気があるのか、何を考えているのか、どういう人なのか、どういう実績を上げてきて、これからどうしたいと考えているのか、その理由は何なのか、ということはよくわかる。それにしても、数多くの利権者たちの激しい反発やネガティブキャンペーンに
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
橋下氏の事はこの本を読むまではほとんど知りませんでしたが、
堺屋氏がブレーンとして協力しているとのことで本書を購入。
内容は小説ではないので娯楽性はありませんが、
堺屋氏がブレーンをしているだけあって政策や理念など興味深い内容でした。
特に教育制度改革は早急に取り組むべき課題だと思います。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
大阪都構想の説明はわかりやすい。
大阪は「自分の地域のことだけを考える自治型都市」ではなく、「他の地域、地方の面倒を見る、日本を引っ張る大型エンジンでなければなりません」(p.200)という認識にも賛成。
鮮やかな論理は魅力的だ。

だが、引っかかる部分がある。
「僕は、大阪都構想と教育基本条例、職員基本条例はワンセットの戦略だと考えています」(p.54)というが、なぜ「三本立て」でなく「ワンセット」なのか。
システムが自動車、職員がドライバーだから不可分、といった説明をしているが、十分とは思えない。職員の規律の問題はシステムをいじらなくても改善すべきことであり、本来、別の課題だろう。
「三本立て」と言うより「ワンセット」としたほうが、都構想だけでなく他の2つも選挙民のコンセンサスを得ている、と主張しやすい、ということではないのか。
一つの施策を押し出して一点突破した後、他の施策を含めて全面展開する、という方法は必ずしも非難されるべきものではないが、その施策間の関連づけに牽強付会的なものが混じっているなら、その政治手法は危険をはらんでいる。

冷静に見ていきたい政治家だと思う。
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
この方のツィッターやテレビの発言を見ると、意外に世界の大きな出来事や、日本の重大事件それも日本人の安全に関わるほどの事件でも、触れていないことに驚きます。
タイミングを計って出てくるのですね。鳩時計みたいにパッと出てきて、パッとひっこむ。
びっくりするような発言で耳目を集めますが、すべて計算済みなのですね。
支持する人が一定以上いると踏んだ時しか、発言しない。
これは驚くほど後の二人のHの方と共通するやりかたです。
本当の地雷は踏まないのです。負ける裁判はしないのですね。
Hの一人の方は防衛部門、そしてもう一人は経済部門、どちらも若者がターゲットです。
この方はもちろん政治部門。トップリーダーと会談するくらいですからね。
本当に信頼のおける方ならいいのですが、この方の特に背後に何も後ろ盾のない方に対する攻撃ぶりを見ていると恐ろしいとしか感じられません。
批判は多いのに息が長いのは強いバックがあるからですね。
このごろつくづく思います。
日本のトップと言われる人たちに紳士がいないこと。いても少数派であること
クールビズのせいでネクタイがないその服装と相まって発言や表情に紳士的なものが感じられない。
よその国でそういう人が今人気だからって日本でもそれでいいは
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー