通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
佐藤優の「地政学リスク講座2016」 日本でテロが... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◇◆配送:主にゆうメールによるポスト投函です◆当日もしくは翌々日までに発送いたします◆梱包:完全密封のビニール包装または宅配専用パックにてお届けいたします。◆商品:アマゾン専用在庫商品です。除菌クリーニング済◆◇
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

佐藤優の「地政学リスク講座2016」 日本でテロが起きる日 単行本(ソフトカバー) – 2015/11/27

5つ星のうち 4.5 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,404
¥ 1,404 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 佐藤優の「地政学リスク講座2016」 日本でテロが起きる日
  • +
  • 外務省犯罪黒書
  • +
  • 官僚階級論 霞が関(リヴァイアサン)といかに闘うか (モナド新書010)
総額: ¥4,126
ポイントの合計: 126pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

どこかのタイミングで「イスラム国」は日本でもテロをやれという指示を
インターネットを通じて出してくる(本書p.21)

2016年3月22日早朝、ベルギーの国際空港と地下鉄が「イスラム国」のテロで襲われた。
過激派組織「イスラム国」の無差別攻撃の標的の一つは日本だ。

「イスラム国」は2015年1月から、本格的に「戦争」を始めている。
殉教を望むテロリストが「ジハード」で日本を襲う可能性がある。
もし、新幹線に灯油をまかれたら爆発、脱輪、対向車両との正面衝突もあり得る。
トンネル内で爆破が起きたらどうするか。

国際情勢を正確に読み解き、日本と世界の「地政学リスク」を知る必読書!

内容(「BOOK」データベースより)

国際情勢が分からないのは、読み解くために必要な文化・歴史・宗教の「見えない膜」がニュースの裏側にあるからだ。「あれはイスラムだからしょうがない」「ロシアだからよく分からない」…分かるものしか理解しようとしないのでは重要なことを見失う。すべて話した!会員制講演を集大成。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 219ページ
  • 出版社: 時事通信社 (2015/11/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4788714434
  • ISBN-13: 978-4788714434
  • 発売日: 2015/11/27
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13 x 1.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 292,912位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
表題の「日本でテロが起きる日」を含めて、下記の6つのテーマを論じていますが、表題に割かれているのは、25ページ程度です。

・日本でテロが起きる日
・安倍外交と集団的自衛権
・沖縄が日本の将来を握る
・むき出しの「新帝国主義」
・世界をゆるがす「イスラム国」
・ロシア・プーチンは何を狙っているか

パリ・ブリュッセルのテロを見ても、中東からテロに来るのではなく、移民で定住した人が社会に不満を抱き、イスラム国の指示を受けて自爆テロを仕掛けています。現在の日本は、貧富の差拡大、若年層の貧困、将来展望の欠如と、戦前の血盟団事件の環境とよく似てきている感じも受けるので、何か契機があれば、イスラム教系の人でなくともありうるだろうなと感じます。

沖縄問題が民族問題という指摘には肯けます。江戸時代までは、北海道の大半と沖縄は少数民族の土地だったことは忘れがちです。対応を間違えると、北アイルランドやスペインのバスク地方のようになりかねないのではと思います。

全般的に鮮度は高く面白いと思います。ただし、その分深みにはかける感じがします。数年後に読み返される本かというと、疑問です。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
今のご時世、日本に住む大半の人々にとって、一番イヤなのは、なんといっても、日本国内のどこかの街で、テロでドッカンされること。この本は、そうした被害に遭いにくくなるための国際的防御力を高める思考が養える。例えば、日本人はついつい「こういう誠意ある対応をしたから相手はこういう攻撃はしてこないだろう」というスタイルで物事を考えがち。でも、この本を読むと、誠意ある対応をしようがしまいが、構造的にターゲットになることがある、とわかる。そうなると、ドッカンされるターゲットになる構造にはまり込まないための思考が必要になる。テロ以外の話題で、ウクライナ、ロシアなどにも言及。余談ぽい話では、著者が呼び出されてレストランに行ったら日本当番のロシア人達に文句を言われた話が面白かった。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
イスラム国のテロは「戦争」であると断言している。このあとにパリのテロが起きたが、オランド大統領が「戦争」に言及している。この「戦争」といい、「新帝国主義」といい、現代を見通す佐藤優の眼力には敬服する。

とはいえ、内容は佐藤優の既刊本と重複が多い。

佐藤優の本を読んだことのない人には衝撃的だろうが、佐藤優の本を何冊となく読んでいるので、既視感が強い。佐藤優の時事ものは、いずれか数冊を反復熟読した方が身につくだろう。

新刊ばかりを漁るのはかえって危険。読んでおしまいということになりかねないからだ。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
 佐藤さんの解説が好きで、氏が出演するラジオをよく聞くリスナーです。
 だいたいラジオでお話されていたことが書かれてあり、復習になりました。
 YOUTUBEでもおっしゃっていますが、”見えない力を見る”ためのヒントを
次々提供してくれるので、個人事業主として、とても感謝しています。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告