¥ 659
通常配送無料 詳細
残り12点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
佐伯さんと、ひとつ屋根の下 I'll have S... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

佐伯さんと、ひとつ屋根の下 I'll have Sherbet! 1 (ファミ通文庫) 文庫 – 2017/2/28

5つ星のうち 3.3 6件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 659
¥ 659 ¥ 1,658

この商品には新版があります:


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 佐伯さんと、ひとつ屋根の下 I'll have Sherbet! 1 (ファミ通文庫)
  • +
  • 佐伯さんと、ひとつ屋根の下 I'll have Sherbet! 2 (ファミ通文庫)
  • +
  • 君に恋をするなんて、ありえないはずだった (宝島社文庫)
総額: ¥2,095
ポイントの合計: 65pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

ちょっとHな女の子と同棲してみませんか?

高校二年生の春、ひとり暮らしを始めるはずだった僕こと弓月恭嗣は、何の冗談か不動産屋の手違いで、ひとつ年下の佐伯貴理華さんなる女の子と同居するはめになってしまった。やたらと距離を縮めてきたがる彼女に、ささやかな抵抗を続ける僕だったが、なんと彼女も同じ高校!学校でも家でも彼女に振り回される日々が始まって――。常に冷静な弓月くんと、とびきりの美少女なのにちょっとHな佐伯さんが繰り広げる同棲&学園ラブ・コメディ、開幕です。

内容(「BOOK」データベースより)

高校二年生の春、ひとり暮らしを始めるはずだった僕こと弓月恭嗣は、何の冗談か不動産屋の手違いで、ひとつ年下の佐伯貴理華さんなる女の子と同居するはめになってしまった。やたらと距離を縮めてきたがる彼女に、ささやかな抵抗を続ける僕だったが、なんと彼女も同じ高校!学校でも家でも彼女に振り回される日々が始まって―。常に冷静な弓月くんと、とびきりの美少女なのにちょっとHな佐伯さんが繰り広げる同棲&学園ラブ・コメディ、開幕です。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 320ページ
  • 出版社: KADOKAWA (2017/2/28)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4047344990
  • ISBN-13: 978-4047344990
  • 発売日: 2017/2/28
  • 梱包サイズ: 14.8 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 25,615位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.3

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
帰国子女。ルームシェア。めっちゃモテる。

「こういう偶然が重なってこういうアプローチを女子からされたら最高だなぁ!」という高校生の願望を叶えたような本。
高校生はもちろんのこと、仕事に疲れた社会人が帰りの電車でさらっと読むにはちょうどいい本だと思います。
結末はもう見えてますが、スナック感覚で読ませてくれます。

ラノベでよくある、ゲームの設定や独自の単語を覚える必要もなく、
男子高校生がごくあたり前の日常で浮かぶ願望を丁寧にかなえてくれる、非常に落ち着いたラノベです。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
前情報等は一切なく、何となくで購入しました。
Web 小説がベースのようです。

全体感としては、「明るくお茶目なヒロインがグイグイ来るラブコメ」という感じです。
「しとやかで一歩引いて主人公を立てる」とか「おとなしい中にずっと秘めた思いが」みたいなヒロインではありません。
逆に、ベッタベタな天の邪鬼系ツンデレ的なキャラというわけでもありません。
どちらかというと、明るくて、友達のように茶化してくるというか そんな感じのヒロインです。

そういうキャラがウケる人には割合いい感じにハマるのではないでしょうか。
私はそういうキャラが一番好きだったので、嬉しい誤算といいますか、その点はすごく良かったと思います。

文体は比較的読みやすくはありますが、「馬鹿」を敢えて「莫迦」と表記したり、作者なりのこだわりなのだとは思いますが、捉えようによっては少々格好つけたような表現が多々見受けられました。(「巷間」なんて、高校生は言わないと思います…笑)

そういった大仰な表現が、作品の世界観に繋がるようなものであれば構わないとは思いますが、内容は今のところただのラブコメですから、内容と言葉遣いがチグハグといいますか、多少鼻につくようにも感じました。
また、そのよ
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Millefeuille トップ500レビュアー 投稿日 2017/3/5
形式: 文庫
前作も今作も・・・良くも悪くも読む人を選ぶのは確かです。「可愛い(前作は美人か)」ヒロインが、何故か主人公を
いたく気に入って、猛アタックをかけてきて、主人公が陥落していく話。細かく気にすれば確かに話の深みも感動も無
いけれど、気軽にサクサク読めて、主人公とヒロインのやりとりが軽快でテンポ良く面白い。

都合の良い妄想&幻想恋愛別にいいじゃない、悪く言えば、所詮なろう系ラノベなんだから。最初から好感度が高く、
主人公を戸惑わす明るく可愛いヒロインというのは、あざとい気もしますがラブコメの定石じゃないかなぁ。まぁ、
ファミ通文庫には今時流行らないながらも、文学的な恋愛モノの素晴らしい作品が散見されるのも確かですが(皮肉
とかではなく本当に)。

★-1なのは個人的に前作の打ち切り作品の方が好きなため。あっちが★5ならこっちは★4かな、と。本屋で働いていた
当時、アルファポリスなろう系全盛時代に、職場で平均15~20冊売れる(出版後1か月内)中で前作は私の購入分も含め
6冊だった。ご購入の著者ファンの女性客と、「なんで売れないんだろうね?」と会話をしたのを覚えている。売り上げ
的に前作が切られてしまったのはしょうがなかったんだよ、悔しいのう・・・。
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告