¥ 4,860
通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ギフトラッピングを利用できます。
低開発の記憶-メモリアス- [DVD] がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

低開発の記憶-メモリアス- [DVD]

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

仕様
価格
新品 中古品
DVD 通常版
¥ 4,860
¥ 4,860 ¥ 6,800
この商品の特別キャンペーン 【10%OFF】 まとめ買いキャンペーン 4 件

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

キャンペーンおよび追加情報

  • 【10%OFF】オーディオとDVD/CD/レコードのまとめ買いキャンペーン実施中。詳しくはキャンペーンページをご確認ください。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)
  • SONYのレコーダー/オーディオがまとめ買いで最大5,000円OFF。詳しくはキャンペーンページをご確認ください。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)
  • レジで2,000円OFF対象。割引きは決済時に行われます。詳しくはキャンペーンページをご確認ください。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)
  • SONYのネックスピーカー SRS-WS1がまとめ買いで3,000円OFF。詳しくはキャンペーンページをご確認ください。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)
  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意は こちらをご覧ください。
  • 注記:Amazon.co.jpが販売・発送する一部の商品は、お一人様あたりのご注文数量を限定させていただいております。お一人様あたりのご注文上限数量を超えるご注文(同一のお名前及びご住所で複数のアカウントを作成・使用されてご注文された場合を含みます。)その他Amazon.co.jpにおいて不正なご注文とみなす場合には、予告なくご注文をキャンセルさせていただくことがあります。
  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 Prime会員なら買取価格保証&買取金額20%UPキャンペーン実施中。2019年3月3日まで。 今すぐチェック

  • 【AmazonDVDコレクション】 人気のタイトルが、いつでもお得なAmazon価格でご購入いただけるシリーズです。DVDは1枚1,000円、ブルーレイは1枚1,500円。 対象商品はこちら。


よく一緒に購入されている商品

  • 低開発の記憶-メモリアス- [DVD]
  • +
  • ルシア [DVD] (初回限定パンフ付)
総額: ¥11,016
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • 出演: セルヒオ・コリエリ, デイジー・グラナドス, エスリンダ・ヌニェス他
  • 監督: トマス・グティエレス・アレア
  • 形式: Black & White, DTS Stereo, Subtitled
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.33:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: Action Inc.
  • 発売日 2008/09/05
  • 時間: 97 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B001BZUABW
  • JAN: 4932487024124
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 124,686位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

革命からキューバ危機へ! 圧倒的な緊張感で当時のハバナを描く、 キューバ不朽の名作。 1961年、ハバナ。 カストロの社会主義宣言直後、煩わしい妻や両親が我先にとアメリカへ亡命するなか、小説を書くため、ひとりハバナに留まる資産家のセルヒオ(38)。 ヨーロッパを理想とし、キューバと人々を「低開発」だと傍観していた彼は、ブルジョア階級にも革命にも居心地の悪さを感じながら、ミサイル危機へと向かう社会の中で、すがるように人生の記憶を辿り始める。 「苺とチョコレート」の巨匠、トマス・グティエレス・アレア監督が、カストロの「祖国か死か」の演説をはじめ、当時の貴重なドキュメンタリー映像を織り込みながら、革命直後の世相、人々と街の様子を冷静な視点で描いたラテンアメリカ映画の代表作。 2004年2月には、ニューヨークのSOHOハウスのGrand Classics Monthly Screeningで、メキシコ人俳優、ガエル・ガルシア・ベルナルが選んだ1本として上映された。

内容(「Oricon」データベースより)

舞台は1961年から1962年のハバナ。社会主義が宣言され、多くのキューバ人投資家が亡命し妻や家族らが出国するなか、ハバナに1人留まる決意をした資産家セルヒオ。キューバの国も人も「低開発」だと傍観していた彼は、社会と人々が変化していく中で、すがるように自分の人生の記憶を辿る。ピッグス湾事件やミサイル危機、カストロの演説など、社会背景を映し出すドキュメンタリー映像も挿入された作品。

商品の説明をすべて表示する


1件のカスタマーレビュー

5つ星のうち5.0

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

1件中1 - 1件目のレビューを表示

2011年11月22日
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告