通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
低線量放射線を超えて: 福島・日本再生への提案 (... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆非常にきれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

低線量放射線を超えて: 福島・日本再生への提案 (小学館101新書) 単行本 – 2013/7/31

5つ星のうち 4.6 18件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 778
¥ 778 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 低線量放射線を超えて: 福島・日本再生への提案 (小学館101新書)
  • +
  • 放射線医が語る福島で起こっている本当のこと (ベスト新書)
総額: ¥1,642
ポイントの合計: 51pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



今、大注目を集める星野源のエッセイ「いのちの車窓から」
怒涛の駆け上がりを見せた2年間の想い、経験、成長のすべてがここに! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

健康で、安心して生きていくために

放射線については、その問題について専門家の間でも意見が分かれています。結局のところ、放射線とどのように向き合って生きたらいいのか?
長年、免疫の研究をしている理学博士がこれからの生き方を提言。
低線量放射線の影響とその克服法、福島の現状と支援方法、免疫力を上げる実践法を紹介します。
どの放射線関連本よりも優しく、わかりやすく、実践的に書かれた本書は、福島をはじめ被災地で生きる人々、さらには日本人に、正しい知識と危機意識、生きる勇気を与えてくれます。

内容(「BOOK」データベースより)

放射線については、その問題について専門家の間でも意見が分かれています。結局のところ、放射線とどのように向き合って生きたらいいのか?長年、免疫の研究をしている理学博士がこれからの生き方を提言。低線量放射線の影響とその克服法、福島の現状と支援方法、免疫力を上げる実践法を紹介します。どの放射線関連本よりも優しく、わかりやすく、実践的に書かれた本書は、福島をはじめ被災地で生活する人々、さらには日本人に、正しい知識と危機意識、生きる勇気を与えてくれます。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 217ページ
  • 出版社: 小学館 (2013/7/31)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4098251760
  • ISBN-13: 978-4098251766
  • 発売日: 2013/7/31
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 11 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 18件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 329,786位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
 放射線に対する認識の違いは、放射線は大なり小なり日常的に浴びているものと認識できるか、遺伝子が傷つくということを生体反応のなかで日常的に起きていることの延長線上にあると考えるかどうかの違い、というのがこの本の全体を流れています。本当のリスク評価をすることなしに、放射線についてはリスクを過剰気味に言うのが正義とばかりに、声高に叫ぶ人が多いなか、危険を過剰に言うことも、過小に言うことも罪になると、エイズパニックの時の経験からわかりやすく紹介されていました。たとえば、身体にすでにりこまれていて放射線をだすカリウムの影響を無視して、はるかに少ないベクレルのセシウムを過大評価する論文等が不安を煽っている、と指摘している。
 宇野さんの専門の免疫学から、抗酸化食で、低線量放射線の影響やがん発症を含め、かなり克服できることが述べられ、類書がありません。チェルノブイリ事故後の、ソビエト連邦崩壊の影響について考察することなく、すべては放射能のせいにする議論はおかしいと、例をあげて紹介しています。疫学論文における対照は大変重要です。
 「たばこ20本/日を吸って暮らすリスク=空間線量28マイクロシーベルト/時の場所で暮らすリスク」というのは、わかりやすい。
 福島は第二のチェルノブイリにはならない、その理由が書かれて納得のいくものだった。マスコミではこういった内容を検証
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
原発事故の問題を、放射性物質の側からしか見ていなかったことを教えられました。生物としての人間の側を見た場合、あるいは日常自然界に存在する放射線と比較した場合など、今までと全く異なる視点から検証されており、過度な不安や心配が、かえって健康を害する可能性が高いことなど、まさに目から鱗!でした。不安がないわけではありませんが、だいぶ落ち着いた気持ちになれました。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
福島市に住む者として、低線量放射能の中でどのように生きていくか、その道しるべとなりました。放射能を正しく理解して過度の恐怖心を捨て、免疫力の上がる食生活に配慮すれば大丈夫という確信を持つことが出来ました。宇野先生に感謝します。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
現在、放射線に対して根拠が薄い感情的な反応がしばしば見られる。私自身も身近にこのような反応をする人がいるのを見て、いかに事実に基づいた知識を知ってもらう事が大事かという実感を持ってきた。この原因は原発推進と反原発の感情的なやりとりによる混乱とマスメデイアから発信される不透明な情報に起因していると考えている。この本を手にして読んだ結果、目から鱗が落ちるように明快に低線量放射線の影響について詳細な記述がなされていると認識した。著者本人の研究成果・体験と今までの研究成果を元にして、いかに生き、いかなる食べ物を取ることが大事かも記述されている。今まで出版された放射線の影響に関する書物が得てして偏った記述が多かったのに比較すると、この本の内容はたいへん明快に問題点と問題にならない点を明確に区別をして、その対策も述べている。これは著者が永年免疫学という学問分野に身を置いてきた成果であると考えられる。一般の方々にも読みやすく書いてある。今まで情報が少ないために不安を持っていた人にはぜひ一読願いたい一冊である。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
低放射線という言葉自体がだんだん
過去のものになろうとしています。
一時期は誰もが放射線についての単位に
詳しくなりました。
忘れることはいいこともあり、誹謗中傷の類は忘れることが解決する面もあります。
しかし、多くの人が死んだ事実やあのときでしか得られなかった経験の数々は書籍のかたちで残ることでまた人の記憶に戻ってくることもあるようにおもいます。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 河内 勉 投稿日 2013/12/17
形式: 単行本 Amazonで購入
福島に住む私には大変参考になり、12月末に著者と対談することになりました。
1 コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
低レベル放射線の危険性が過剰に報道され、そのことが却って被爆者を苦しめています。また除去に要する費用など無駄な馬鹿げた損失です。一人でも多くの人にこの本を読んでほしいと思います。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
昨今、ヒステリックとも言えるほどの放射線恐怖症に陥っている日本人に対して、
純粋にアカデミックに知識を提供してくれる著者には
冷静に現実と未来を見つめる著者の目と、研究者としての存在感があります。
もっともっと、多くの、女性に読んでほしい。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー