通常配送無料 詳細
通常1~4週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感があります。他は問題ありません。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

低欲望社会 「大志なき時代」の新・国富論 単行本 – 2015/4/23

5つ星のうち 4.4 26件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 2
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 低欲望社会  「大志なき時代」の新・国富論
  • +
  • 稼ぐ力: 「仕事がなくなる」時代の新しい働き方
総額: ¥3,132
ポイントの合計: 95pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

商品の説明

内容紹介

なぜアベノミクスでは景気が上向かないのか

なぜアベノミクスでは景気が良くならないのか? 日本が“借金漬け”から脱する日は来るのか? 「皆が等しく貧乏になる国」で本当にいいのか? それらの難題を読み解く鍵は「低欲望社会」にあり――。
日本では今、世界に先駆けて未曽有の危機が進行している。人口減少、超高齢化、“欲なき若者たち”の増加……。こうした事態に対し、従来の20世紀的な経済対策や金融政策は全く通用しなくなっている。それは、世界的ベストセラー経済書の著者であるピケティ教授やノーベル賞経済学者のクルーグマン教授らの理解をも超える深刻な現実なのである。 ところが、安倍首相主導のアベノミクスは、相変わらずの中央集権的なバラ撒き政策で税金を湯水のごとく使い、やみくもに公共事業を増やし設備投資や消費を煽ろうとするばかりだ。安倍首相の暴走を止めなければ、いずれ日本は奈落の底に落ちていくことになる。 今、必要なのは、“借金漬け”から脱し、人々の「心理」に働きかけることで経済を活性化させ、国全体を明るくするような“新たな国富論”である。そして、その契機となる政策はまだ残されている。都心再開発、移民政策、教育改革、道州制と国民DBの導入……。 世界的経営コンサルタントが「アベノミクス破綻」に警鐘を鳴らす、ビジネスマン必読の書。

編集者からのおすすめ情報
「低欲望社会」という言葉は、著者の大前氏が使い続けている、日本経済の現状を説明するキーワードです。近年、ますます生活が厳しくなり、閉塞感すら覚える日本の現状は、単に不景気だとかデフレだからという理由では説明しきれない、構造的な問題を内包しています。アベノミクスは、その問題解決にならないどころか日本を破綻に導くものであり、この難問を克服するために残された時間はもうわずかだと大前氏は強く主張しています。
著者が力説してきた「心理経済学」の集大成となる一冊です。ぜひご一読ください。

内容(「BOOK」データベースより)

「皆が等しく貧乏になる国」で本当にいいのか?高齢化と人口減少が加速する中で“欲のない若者”は増え続ける―アベノミクス破綻に備えよ。著者渾身の「心理経済学」最新刊!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 290ページ
  • 出版社: 小学館 (2015/4/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4093798710
  • ISBN-13: 978-4093798716
  • 発売日: 2015/4/23
  • 梱包サイズ: 18.6 x 13.2 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 26件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 12,716位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
少子高齢化、人口減少、1000兆円の借金、こうした問題点を真っ直ぐ見詰めて提言を行っているところは評価できます。
最近は最早開き直りとしか思えない神州不滅論の似非エコノミストが多すぎです。

国債暴落は必ず起こる。
それを避けるためには1.歳出を4割減らす、2.消費税を20%にする。3.戦争を起こす、しかないと著者は説きます。

しかし、現状は実現性は低そうです。

人口減少にも著者は提言しています。
移民の受け入れが1つ。
できちゃった婚が婚姻の過半数を占めているそうですが、戸籍を廃止することで堕胎せずにすむようにし事実婚を認める。
家庭内総合課税で単身者より安い税率にする。

マイナンバーも、住基ネットも役にたたず国民の基本情報を網羅したジャパニーズデータベースともいうべきシステムを構築し、情報を縦横斜めに応用できるようにして、国地方を問わず行政サービスに利用できるようになれば行政コストを1/1000にできるという。

移民に国民は強く反対していますし、戸籍をなくして事実婚の社会にするなど保守的な人びとが肯定しないでしょう。
マイナンバー、住基ネットですら個人情報を国に握られることに対して反対がありました。
<
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
目が醒めます!
大前先生らしく、かなり厳しい視点で今の日本社会について語られています。
本書を読むことで生き抜くための心持ちを学ぶことが出来ます。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
本書は、週刊ポストとSAPIOの連載記事を抜粋・再構成し、書き下ろし原稿を加えたものである。そのため、同じ表現が3回出てくることがある。内容は、心理経済学を中心とした地域や国の経営改善方法とアベノミクス批判である。アベノミクスは古い経済原理であるケインズ経済学等を基にしており、現在の日本社会のあり方と問題を理解していない。現在の日本は、世界的、歴史的に他に例がない低欲望社会であり、従来の発想が通用しないのである。従来の経済学では低金利になればお金を借りる人や組織が多くなり、金利は上昇する。しかし日本は全くそうなっていない。

本書を読めば、いかに日本がチャンスを無駄にしてきたかということが良く分かる。1兆円で世界最大の穀物メジャーを買って世界の農業を支配することができたのに、42兆円使って農村を補助金漬けにして農業を弱くしてきた。海に囲まれている日本ではマリンスポーツのレジャーを充実させられたのに、漁業関係者を補助金漬けにして、彼らが港を活用させないようにしてきた。ブラウン管テレビを作るような教育を行い、答えのない時代に負ける人材を輩出してきた。
しかし現在の政治家の大半はそのような状況を抜本的に改めず、微々たる修正に興じるのみである。本書の内容を理解していない、実行しようとしていない政治家を離職させることが、日本を改善する第1歩である。
<
...続きを読む ›
コメント 72人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 rikimaru 投稿日 2015/11/5
形式: 単行本 Amazonで購入
素晴らしい評論 一人でも多くの日本人が読まれる事を願ってやみません
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
これからの日本で何を考え実行していけばよいのかを明確になっています。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
 冷静で客観的な判断で持論を述べる著書は,毎回大変参考にしている。本書も大変学ぶところが多かった。私が参考になった点は次の通りである。
・今後,人口が減り続ける日本の住宅価格は,下がることはあっても上がることは,東京都心部など一部の例外を除いて,おそらく永遠にないだろう。実際,今や大半のマンションは,住宅ローンの支払いが賃貸に出した時の賃料を上回る。つまり,同レベルの物件であれば,住宅ローンを組んで購入した時の月々の返済額よりも安い月額家賃で借りることができるわけだ。
・フランスや北欧では,すでに40年前に戸籍を撤廃し,事実婚が社会的に認められている。そもそも,世界的に見れば,戸籍があるのは中国,韓国,そして日本だけである。
・戸籍がいかに意味がないかを示す好例は,自分の本籍地の場所を皇居にしている人が300人ほどいるという現実だ。同じく,富士山山頂を本籍としている人も300人程度いるという。本籍地をどこに移しても許されるのであれば,そんなものはなくても同じである。
・路頭に迷っても生きていけるような“生存の条件”が低くなった社会においては,ファッション,クルマ,住宅などに対する物欲や所有欲がないと,人々の生産活動に“駆動力”が生まれなくなる。それは自然界を見てもわかることで,餌が豊富な環境に棲息している野生生物は,自分が受動的であっても生き
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー