この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

伽草子

5つ星のうち 4.4 19件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:1¥ 7,280より 中古品の出品:13¥ 1,016より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now


キャンペーンおよび追加情報

  • キャンペーン【1,000円OFF】:PC不要で音楽CDをスマホに取り込める「CDレコ」とお好きな音楽CDをまとめ買いで、CDレコがお買い得。6/30(金)まで。今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック



登録情報

  • CD (1991/5/15)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: ソニー・ミュージックレコーズ
  • 収録時間: 43 分
  • ASIN: B00005G6EN
  • JAN: 4988009182025
  • その他のエディション: CD
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 19件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 135,730位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

曲目リスト

ディスク:1

  1. からっ風のブルース
  2. 伽草子
  3. 蒼い夏
  4. 風邪
  5. 長い雨の後に
  6. 春の風が吹いていたら
  7. 暑中見舞い
  8. ビートルズが教えてくれた
  9. 制服
  10. 話してはいけない
  11. 夕立ち
  12. 新しい朝

商品の説明

商品の説明

1973年:ソニー、CD選書

メディア掲載レビューほか

『元気です。』(72年)でトップアーティストとなった拓郎。本作は更に評判を上げた4枚目のアルバム。女性問題で色々あって大変な時だったが、30万枚を売上げトップになった(当時ではスゴイ数字)。バックには柳田ヒロ、後藤次利、小室等らが参加。 (C)RS

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 rycoo 投稿日 2017/3/29
形式: CD Amazonで購入
元々レコードで持っていましたが、CDは購入していませんでした。
あるきっかけでこのCDを購入していなかったことを思い出し購入。
当時は「元気です」や「今はまだ人生を語らず」なんかの方が好きだったのですが、
この時代の拓郎は全部いいなと再確認しました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
 「傑作」というよりは「佳作集」というかんじのアルバムだとは思いますが、「制服」だけは別格。
”集団就職”なんてことばが時代を感じさせはしますが、岡本おさみによる詞のテーマはすごく普遍的なもので今の若い人たちにもじゅうぶん伝わると思います。そして拓郎の枯れたギターとハモニカがそれをさらに味わい深いものにしています。アルバム(もちろんレコード!)発売当時からなんども繰り返し聴いていますが、今でも耳を傾けていると不意に目頭が熱くなってしまうことがあります。余談ですが、以前エンカイの席で酔っ払ってギター片手にこの唄をうなったことがあるのですが、そんときゃ一斉にひかれちゃいました(笑)。でも誰がなんと言おうと制服は名曲中の名曲です!これホント!
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
 フォーク界のプリンス・よしだたくろうが一殻を破って、独特の音楽センスを発揮したアルバム。
 「からっ風のブルース」や「春の風が吹いていたら」でけいこ夫人とデュエットしているところも、今となっては懐かしい。ヒットした「伽草子」は、拓郎節を感じながら、ヒット性を感じたものでした。これらの曲の中でひときわ際立つのが、弾き語りしている「制服」や「暑中見舞い」。垢抜けした拓郎でも、なぜかしらアコースティックがいいんです。この「制服」や「暑中見舞い」も、一生懸命ギター・コピーしたものでした。
 全体的には、まとまりのあるものになっており、メロディ・メーカーとしてのイメージを形作り始めた感じがするアルバムです。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
アルバム『元気です』に続く出世作第2弾と言えるでしょう。

『伽草子』『蒼い夏』と軽快な感じの初期の拓郎さんの歌声とサウンド。

『長い雨の後に』ではセリフ入り。ちょっとボソボソ何か言っているという状態から、ハリ叫ぶような出だしにちょっと驚きます。

『春の風が吹いていたら』はなかなかいいです。デュエットなんです。女性はとっても綺麗な声です。聞いた話では、最初の奥様だとか。デュエットなんてしてたんですね。

『暑中見舞い』はなんだかご機嫌な感じで歌ってくれています。

『ビートルズが教えてくれた』はメッセージ色が強い曲。やはり、ビートルズから受けた影響というのは、どのアーティストにもそれぞれ大きく強いものがあります。どんな衝撃を受けたかはそれぞれですが、アーティストでなくても、影響力は世界レベルですから、確かにその存在感は今でも強いものがありますよね。

『制服』はこれから東京で生きていこうとする若い子たちのこれからのことを、東京で生きてきた先輩としての自分が老婆心ながら心配している曲。

『話してはいけない』はこのアルバムで一番気に入っています。当時の岡本おさみ氏の詞の世界は、ストレートなものが多く、拓郎さんの持ち味ととてもミックスしていました。拓郎さんを育てた作詞家と言って過言ではないと思います。

初期拓郎さんを知るアルバム。傑作です。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
 拓郎とBeatlesを平行して論じる意味があるのか、私自身も疑問だ。

 それはそれとして、拓郎の出現は、「古い船を動かせるのは古い水夫ではないだろう」というBeatlesで例えればトニー=シェリダンとのドイツでの録音のようなものだ(トニー=シェリダンと違って、同じテイクを手を変え品を変えて、年度も売り出さないところだろう)。そして、マイナーレーベルを経て、BeatlesならEMIにたどり着いたわけだ。ここで、彼は安直な道を歩まなかった。

 岡林信康が田舎にこもり、高田渡さんたちはマイナーにとどまってる仲で、吉田拓郎は、「フォークのプリンス」として、反骨精神を旨とするこの世界で安楽な道を過ごせたはずである。

 しかし、彼は、小室等の率いるバンドの女性ボーカルと結婚し、「結婚しようよ」「旅の宿」などを出す。

 僕の見たコンサートでも拓郎には「帰れ」コールが巻き上がった。

 拓郎の凄いところは、そういう声を無視して、「俺は俺の道を行く」と引き下がらなかった点である。

 「元気です」の次に発売されたメジャー第二段のこのアルバムには、そういう事情が出てこないが、当時を知っているものとしては、このアルバムが、「ライブを止めるよ」というサインを出したBeatlesのラバーソールに思える。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す