Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
    Apple
  • Android
    Android
  • Windows Phone
    Windows Phone
  • Click here to download from Amazon appstore
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

購入オプション

割引: ¥ 220 (15%)
Kindle 価格: ¥1,210

(税込)

獲得ポイント:
55ポイント (5%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

一部のプロモーションは他のセールと組み合わせることができますが、それ以外のプロモーションは組み合わせることはできません。詳細については、これらのプロモーションに関連する規約をご覧ください。

Kindle App Ad
[金盛浦子]の伸びる子・できる子の親の日常 : いつも子どもは親を見ている

伸びる子・できる子の親の日常 : いつも子どもは親を見ている Kindle版

5つ星のうち4.0 2個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
¥1,210
【注目の新刊】: 紙とKindle本が同日発売の新刊、予約中のタイトルをご紹介。 今すぐチェック【待望のKindle化】: 紙書籍で人気を博した本の電子化新着情報をご紹介。 今すぐチェック

商品の説明

著者について

金盛 浦子(かなもり・うらこ)
1937年、東京都に生まれる。青山学院大学文学部教育学科卒業。東京教育大学
教育相談研究施設、および聖マリアンナ医科大学精神神経科、東京大学附属病院
分院神経科にて研究生として心理臨床を学ぶ。1978年、東京心理教育研究所を開設。
1990年より、自遊空間SEPY(セピィ)を主宰。セラピスト・臨床心理士・芸術療法士
としてカウンセリングにあたる。
著書にベストセラー『男の子を追いつめるお母さんの口ぐせ』(静山社文庫)、
『「男の子」って、どう育てるの?』(PHP研究所)などがある。
--このテキストは、tankobon_softcover版に関連付けられています。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

金盛/浦子
1937年、東京都に生まれる。青山学院大学文学部教育学科卒業。東京教育大学教育相談研究施設、および聖マリアンナ医科大学精神神経科、東京大学附属病院分院神経科にて研究生として心理臨床を学ぶ。1978年、東京心理教育研究所を開設。1990年より、自遊空間SEPY(セピィ)を主宰。セラピスト・臨床心理士・芸術療法士としてカウンセリングにあたる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) --このテキストは、tankobon_softcover版に関連付けられています。

登録情報

  • ASIN : B00N495PEU
  • 出版社 : さくら舎 (2012/11/10)
  • 発売日 : 2012/11/10
  • 言語 : 日本語
  • ファイルサイズ : 1887 KB
  • Text-to-Speech(テキスト読み上げ機能) : 有効
  • X-Ray : 有効にされていません
  • Word Wise : 有効にされていません
  • 本の長さ : 200ページ
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.0 2個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.0
星5つ中の4
2 件のグローバル評価
星5つ
50%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ
50%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2013年9月23日に日本でレビュー済み
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2014年1月3日に日本でレビュー済み
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
click to open popover