通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
伝わる・揺さぶる!文章を書く (PHP新書) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ※ご注文の際は再度送り先のご住所(マンション・アパート名・部屋番号等)ご確認お願い致します。Amazonの商品コンディションガイドラインに基づき出品していますのでAmazon商品ガイドラインを必ず御確認宜しくお願い致します。中古品の為、折れ目、シミ、まれに書き込み等ある場合がございます。(万一の見落としはご容赦下さい)出荷は御注文日の当日or翌日出荷を目指しています。出荷日から1日~4日以内にポスト投函されます。運送会社の遅延にて若干遅れる事もございますのでご了承お願い致します。万が一届かない場合は追跡番号にて検索致しますのでお気軽にメール下さい。経年劣化商品は全体的にヤケがある場合がございますが本編には問題ありません。ISBNナンバーで管理している為ごくまれに出版社が一緒でも表紙画像と異なる場合がございます。※ご了承の上ご注文宜しくお願い申し上げます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

伝わる・揺さぶる!文章を書く (PHP新書) 新書 – 2001/11/1

5つ星のうち 4.4 125件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 713
¥ 713 ¥ 115

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 伝わる・揺さぶる!文章を書く (PHP新書)
  • +
  • あなたの話はなぜ「通じない」のか (ちくま文庫)
  • +
  • 話すチカラをつくる本 (知的生きかた文庫)
総額: ¥1,789
ポイントの合計: 34pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

お願い、お詫び、議事録など、私たちは日々、文章を書いている。どんな小さなメモにも、そこには読み手がいて、目指す結果がある。ではそのような場面で、どうしたら誤解されずに自分の思いを伝え、読み手の気持ちを動かすことができるのだろう?

著者は長年、高校生の小論文指導に携わり、現在は糸井重里氏のサイト『ほぼ日刊イトイ新聞』で「大人のための小論文教室」を連載し人気を博している。本書では「意見」「望む結果」「論点」「読み手」「自分の立場」「論拠」「根本思想」の七つの視点から、よい文章を書くための戦略をアドバイス。「自分の意見が見つからないときは、小さな問いを立ててみる」「テーマと論点の違いを意識する」などのユニークなノウハウを、具体的な文例を紹介しながら、解説していく。

単なる文章のテクニックをこえ、自分の頭で考え他者と関わることの痛みと歓びを問いかける、コミュニケーションの本質に迫る一冊である。

内容(「BOOK」データベースより)

お願い、お詫び、議事録、志望理由など、私たちは日々、文章を書いている。どんな小さなメモにも、読み手がいて、目指す結果がある。どうしたら誤解されずに思いを伝え、読み手の気持ちを動かすことができるのだろう?本書では小論文指導のエキスパートが、「意見」「望む結果」「論点」「読み手」「自分の立場」「論拠」「根本思想」の七つの視点から、よい文章を書くための戦略をアドバイスする。自分の頭で考え、他者と関わることの痛みと歓びを問いかける、心を揺さぶる表現の技術。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 236ページ
  • 出版社: PHP研究所 (2001/11/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4569617360
  • ISBN-13: 978-4569617367
  • 発売日: 2001/11/1
  • 梱包サイズ: 17.2 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 125件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 3,111位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
機能する文章を書くための要件のひとつ、「何のために書くのか?」が最も重要で、最も見落としがちな点ではないでしょうか。

この ”アマゾンのレビュー" という文章に当てはめて考えてみると、

未読の人に対して本の評価を伝えるため?
「参考になった」を獲得して承認欲求を満足させるため?
自己の読書管理のため?
文章力のトレーニングのため?

レビューを書いていてあまり意識したことがなかったのですが、本書を読んで気付かされました。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
良い文章を書くというテーマで本屋を漁り偶然出会った一冊だ。
他の本は退屈で今ではタイトルさえも思い出せないが、本書は最初の数ページを読んですぐに釘付けになった。共感、感心することしきり。
無防備なままHowTo本のつもりで読んでいると、著者の言葉が自分の一番深いところに届く。もちろん、著者は文章の書き方について解説している。しかし、心に残ったは文章の書き方だけではなく、それを超えた著者の素直な生き方・考え方のメッセージだ(本人が書いているように根本思想は隠せないのだ)。
切ないような不思議な読後感。そして書くことの意味の再確認。ここ数年読んだ本の中で一番感動した。今後、著者の本が出たらきっとまた買うだろう。
コメント 72人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
文章書かない人が読んでも参考になる。
「自分が思っていることを伝える能力」についてよく書かれている一冊。
それよりも印象的なのが著者のズーニーさんの人間性が見えたこと。
素直さというか。この本自体がまさに「心を揺さぶる文章」だ。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 hiro_kl VINE メンバー 投稿日 2014/10/13
形式: 新書
私は海外の大学で学んだ経験から、日本人は圧倒的に論理的な文章書く技量に劣っていることを気にしておりました。
原因は単純で、私自身もそれで留学開始時に死ぬほど苦労したのですが、学校教育に置いて論理的文章の書き方を一切学ぶ機会が無いことです。
米大ではこれを大学一年で徹底的にやるのですが、ここをクリアできずに脱落する日本人学生の如何に多いことか。(他国の学生にとっても楽ではないようですが)

この落差を埋めることのできる著書でした。是非、日本の学生または社会人にすらももらさず読むことをオススメしたい。
私の長年のこの不満を体系的にこんなに丁寧に説明している書籍に出会えるとは落雷にあったようでした。
これを今の義務教育くらいからしっかりと教育プログラムにねじ込んだらどうでしょうか?心からそう思います。

更にこの書籍は文章としての技巧にとどまらず、自らの価値観や人間性のあり方がどのように自らの書く文章に影響をあたえるか?までを自らの失敗から学んだ経験譚で解きほぐしています。私も改めて勉強になりました。名著というにふさわしいと思います。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
著者の方はものすごく、熱い熱心な方なのだろうなという印象を強く受けました。
何度も何度も自分に自問自答して心を揺さぶる文章とは何かを考えている著者の姿が浮かび上がるほどの内容でした。
僕自身、文章やコミュニケーションといったことに対して自信は持てないのでこの本を読んで学んだことを活かして生きていきたいと思いました。
また、自分の意見を表すこと、組み立てることの重要性をこの本は伝えてくれています。
とにかく考えて、相手にとってどういった文章が適切なのかを考え続けることは他者を理解するうえで、そして自分を表現し、相手に受け入れてもらうために欠かせないことなんだろうなと深く感じました。自分の将来に向けて、読み直すことが不可欠になる本になった気がします。
また繰り返しこの本を読み、力をつけて他者とのコンタクトに勇気を持って生きていきたいと思います。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
内容以前の問題。横組みで字間が空いていれば読みにくい。編集以前のイロハのイのように思う。
まして読ませる文章の書き方の本だから、チョットね。今日届いたけど、既に読む気なし。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
小論文試験」の経験もなく社会人になり、日頃書いているのは「ひな形」を上書きすれが事足りる
稟議書や連絡文書だけ。「その先の結果」が必要でない単純な社内手続き、単なる記録文書は「考えて書く」文章ではなく、「適当に見繕った」文章だ。そこには「意見」などなくてもいい。
一部のビジネスパーソンを除いて、こんなサラリーマンが多いのではないだろうか。しかし、この状況に甘んじていてはますます「考えて書く」能力が錆び付いてしまう。簡単なメモ、メールにも伝えなくてはいけないメッセージがある。著者の主張する文章を機能させるために必要な「7つの要件」を意識して使えば、伝えたいことを相手が受け容れ易いように伝えられる・・そんな印象を持った。考えて書く癖がつけば会話もスマートになり「お願いします!!」「すみません!!」を連発するだけの営業・陳謝から自分を解放できるだろう。そんなヒントがたくさん詰まっている本だ。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー