¥ 596
通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
会長 島耕作(6) (モーニング KC) がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

会長 島耕作(6) (モーニング KC) コミックス – 2016/5/23

5つ星のうち 4.3 9件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 596
¥ 596 ¥ 268
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 会長 島耕作(6) (モーニング KC)
  • +
  • 会長 島耕作(7) (モーニング KC)
  • +
  • 会長 島耕作(5) (モーニング KC)
総額: ¥1,788
ポイントの合計: 54pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



今、大注目を集める星野源のエッセイ「いのちの車窓から」
怒涛の駆け上がりを見せた2年間の想い、経験、成長のすべてがここに! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

地下の帝王・曽烈生が仕掛けたトラップに対し、島が打った手は? 次いで島は食料をテーマにした万博の視察へミラノに降り立つ。そこで何度も赤いドレスの女から熱視線を向けられる。“島耕作様 もし 時間がとれるなら明日の夜 ベネチアのサンマルコ広場で会いませんか?”自分の名前を知る女からのメッセージ。危険を感じるもミステリアスな仕掛けに惹かれ…?


登録情報

  • コミック: 160ページ
  • 出版社: 講談社 (2016/5/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4063885976
  • ISBN-13: 978-4063885972
  • 発売日: 2016/5/23
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 12.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
課長 島耕作からずーっと、愛読しています。
もう、こうなったら、惰性かも・・・おっと、失礼。
ほぼ、同じ年齢で課長になって、島耕作は会長で、
私は現在、部長。
大きく離されてしまった(笑)
時代背景が違うので今の若者には理解できないでしょうが、
それぞれの企業でいろんな役職、地位があって、
家庭環境とかも異なるけど、
それぞれの立場を理解するのに少なからず役には立つんじゃないかな・・・
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 くりちやん 投稿日 2017/2/13
形式: Kindle版 Amazonで購入
シリーズ全てを読んでおり、会長シリーズ全て購入、内容も時代背景にマッチしていて大変面白く読ませて頂いました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
今回の「会長 島耕作」は、あまりストーリー展開が進んだ感じのしないちょっと中途半端な巻だったと思ひます。主だったストーリーは二つ。一つは、テコット上海の機密流出疑惑事件での反撃が功を奏してスパイと目された人物 が消された話。もう一つは、経済交友会のミラノ万博視察に島耕作が乗り込んで、セクハラに遭ひさうなりながらベネチアのサンマルコ広場で思はぬ再会がある話です。これは、いつもの使ひ古された産業スパイ物語が一つと話題の時事イベント紹介が一つといふ所でせうか。そして、今回の視察で何かが見えて見えて来たといふわけではなく、ちょっとロマンスの香りを読者にサービスしてくれた形ですが、あまりパッとしなかったやうに感じました。後半の五十頁は番外篇で、アジア立志伝の三人に島耕作を絡めて紹介漫画にしたといふ所です。これは一つづつが短いストーリーなので訴へるものが弱くなってゐます。何故、番外篇なのかの説明があってもよかったです。時事紹介漫画の側面をテレビ企画に採用された余波でせうが、本篇からの位置づけがよく分からないのは、ちょっと残念に思へてしまひます。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
内容を見て本当によく取材、分析、今後の見通しについて描かれていて勉強になります。唯一点不満は単行本が出るのが遅すぎることです。
直近の話題とずれがあり少し不満です・
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 野球少年 投稿日 2016/9/9
形式: コミック Amazonで購入
毎回思う事ですが、これだけの事を書くのに、どれだけの取材を重ねるのか想像するだけで凄いと思います。
食博のことなど、行かなくても他人に語れるぐらいの内容です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告