通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
会計不正―会社の「常識」 監査人の「論理」 (日経... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品でございます為、多少の使用感、小さなシミ、ヨレ、折れ等がございます。ご了承頂いた上ご購入下さい。著者、出版日、訳等によりカバーデザインが異なる場合がございます。ご希望がございます場合はご購入前に必ずお問合せ下さい。発送は可能な限り48時間以内にゆうメールにて発送致します。宛先変更は発送前のみ対応可能です。。(お問い合わせはメールのみにてお受け致しております。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

会計不正―会社の「常識」 監査人の「論理」 (日経ビジネス人文庫) 文庫 – 2012/12/4

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
文庫, 2012/12/4
¥ 1,080
¥ 1,080 ¥ 1

booksPMP

【まとめ買いキャンペーン開催中】

書籍3冊以上を購入する際、クーポンコード「MATOME3」を入力すると最大8%ポイント還元!今すぐチェック
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 会計不正―会社の「常識」 監査人の「論理」 (日経ビジネス人文庫)
  • +
  • 粉飾決算 ―問われる監査と内部統制
  • +
  • 東芝 不正会計 底なしの闇
総額: ¥4,752
ポイントの合計: 181pt (4%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【2018年本屋大賞】受賞作発表!
2018年本屋大賞は 『かがみの孤城』 辻村深月 、2位は『盤上の向日葵』 柚月裕子。 3~10位まではこちらへ

商品の説明

内容紹介

なぜ会計不祥事は後を絶たないのか? 企業と監査人、それぞれの抱える事情と本質的な欠陥を、現場に精通する立場から自らの反省も踏まえ鋭く指摘した話題の書。2011年のオリンパス事件も踏まえ、待望の文庫化。

内容(「BOOK」データベースより)

粉飾、偽装、資金の不正流用―なぜ会計不祥事は後を絶たないのか?企業と監査人、それぞれの抱える事情と本質的な欠陥を、現場に精通する立場から、自らの反省も踏まえ鋭く指摘した話題の書。2011年のオリンパス事件も踏まえ、待望の文庫化。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 430ページ
  • 出版社: 日本経済新聞出版社 (2012/12/4)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4532196620
  • ISBN-13: 978-4532196622
  • 発売日: 2012/12/4
  • 梱包サイズ: 15.2 x 10.8 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 409,135位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る


カスタマーレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(1)

トップカスタマーレビュー

2016年5月4日
Amazonで購入