無料配送: 11月7日 - 9日 詳細を見る
最も早いお届け日: 明日 詳細を見る
通常2~3日以内に発送します。
Kindle版は今すぐお読みいただけます。 在庫状況について
この商品は、🍊オレンヂブック が販売、発送します。
お届け日 (配送料: ¥257 ): 11月5日 - 8日 詳細を見る
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 特に汚れ、書込み等も無く良好です。クリーニング後、ビニール袋で防水梱包し、発送いたします。
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

会社員とは何者か? ─会社員小説をめぐって (日本語) 単行本 – 2012/4/24

5つ星のうち3.3 4個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
単行本
¥4,480
¥4,480 ¥1,946
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

源氏鶏太「英語屋さん」、山口瞳「江分利満氏の優雅な生活」、庄野潤三「プールサイド小景」、黒井千次「メカニズムNo.1」、絲山秋子「沖で待つ」、長嶋有「泣かない女はいない」、津村記久子「アレグリアとは仕事はできない」、カフカ「変身」、メルヴィル「バートルビー」ほか。会社員小説から、独自の視点で展開する「会社員論」。誰も気づかなかった「会社員」の謎に迫る、まったく新しい文学論。

著者について

伊井 直行
伊井直行(いいなおゆき)…1953年、宮崎県生まれ。83年「草のかんむり」で群像新人文学賞、89年『さして重要でない一日』で野間文芸新人賞、94年『進化の時計』で平林たい子文学賞、2001年『濁った激流にかかる橋』で読売文学賞受賞。他の著書に『お母さんの恋人』『青猫家族輾転録』『愛と癒しと殺人に欠けた小説集』『ポケットの中のレワニワ』『岩崎彌太郎「会社」の創造』などがある。

登録情報

  • 発売日 : 2012/4/24
  • 単行本 : 338ページ
  • ISBN-13 : 978-4062176019
  • 出版社 : 講談社 (2012/4/24)
  • 言語: : 日本語
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち3.3 4個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.3
星5つ中の3.3
4 件のグローバル評価
星5つ
58%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ
42%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2012年12月16日に日本でレビュー済み
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2012年8月23日に日本でレビュー済み
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2013年2月24日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告