通常配送無料 詳細
残り7点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
会社を辞めずに“好き"“得意"で稼ぐ! 「複業」... がカートに入りました
+ ¥350 配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 2019年初版帯付き。カバー若干のすれありますが、状態おおむね良好きれいです。すぐに発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


会社を辞めずに“好き"“得意"で稼ぐ! 「複業」のはじめ方 (DOBOOKS) (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2019/8/1

5つ星のうち2.0 1個の評価

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
¥1,650
¥1,650 ¥503
この商品の特別キャンペーン プライム会員限定 最大5%ポイント還元中。 2 件
  • プライム会員限定 最大5%ポイント還元中。
    プライム会員限定最大5%ポイント還元 まとめて買うと最大15%ポイント還元。※Business Prime会員は対象外。 特設ページはこちら 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)
  • SUUMO住宅情報誌と対象の本の同時購入で合計金額から最大370円OFF。
    【*期間限定なし*この商品の特典】Amazon.co.jpが販売する【A】SUUMO住宅情報誌と【B】対象の本をまとめて同時にご購入いただくと、注文確定時に合計金額から最大370円OFFに。詳しくは こちら 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)


本まとめ買いクーポン
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • プライム会員限定最大5%ポイント還元 まとめて買うと最大15%ポイント還元。※Business Prime会員は対象外。 特設ページはこちら 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)
  • 【*期間限定なし*この商品の特典】Amazon.co.jpが販売する【A】SUUMO住宅情報誌と【B】対象の本をまとめて同時にご購入いただくと、注文確定時に合計金額から最大370円OFFに。詳しくは こちら 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

よく一緒に購入されている商品

  • 会社を辞めずに“好き"“得意"で稼ぐ!  「複業」のはじめ方 (DOBOOKS)
  • +
  • マルチプル・ワーカー 「複業」の時代:働き方の新たな選択肢 (単行本)
総額: ¥3,300
ポイントの合計: 34pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるブックカバー
好きなデザインを選んで取り付けよう! 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

会社が一生面倒を見てくれる時代は終わりました。
今、一度立ち止まって「自分中心の生活設計」を考える時です。

そこで、「自分の好きなこと」「人に喜ばれること」で複業をし、
もうひとつの収入の柱や“ありたい自分"を手に入れましょう。

本書は、会社を辞めずに安定した収入を得ながら、
「静かな複業」をはじめるための指南書です。


もし、今、複業でやりたいことが決まっていなくても大丈夫。
「もうひとつの仕事をしている自分=こうありたい自分」がイメージできるツールや、
それぞれの複業を軌道に乗せるまでのロードマップが解説されているので、
本書1冊で、“自分だけの複業スタイル"を探すことができます。


実際に複業で自分らしい働き方をしている5人のインタビューを掲載。

「複業」で「こうありたい自分」を手に入れよう!

-----著者からのメッセージ-----

――時代がこんなに変わったのに、働く人も会社もあまり変わらない謎――

時代は変わって、現代です。副業や兼業が認められる社会の流れが来ていると言われていますが、実際にはあまり進んでいないように感じませんか。
会社で働く人の脳内にはいまだに、「会社には一生面倒を見てもらうもの」というイメージが流れ続けているのでしょうか?

会社も、従業員に忠誠を誓わせる代わりに、一生面倒を見るようなことを入社時に言ってくれたりもします(そんな約束は破られますが)。

それらにより、「会社以外の仕事をするのはよくないこと」という気持ちが、働く人にも会社にも染みついているのではないでしょうか?  もうそんな時代は終わろうとしているはずなのですが、自分の子どもは大きな会社に就職してほしいと考える親御さんがいまだに多いことも事実です。

そんな中、若い世代では、オープンに複業をうたって、いろいろな働き方をして輝いている人が登場しています。

それはとてもすばらしいことです。しかし、そんな「意識の高そうな人たち」「輝いている人たち」は限られた人たちだと感じます。日々地道に働き、なかなか評価されず、報われなくて、ひとりで悩んでいる方こそが多いはずです。

この社会は、そんな「名もなき会社員たち」が支えていると思います。
「名もなき会社員たち」が楽しく仕事をして、暮らしていけるようにできないか?

本書では、私の30数年の複業体験を踏まえ、もっと地道で時代に左右されないやり方、誰にでもできるやり方、そしてなるべく会社を辞めないローリスクなやり方、いわば「静かな複業」のやり方を紹介していきたいと思います。

今の仕事に悩んでいる人は、会社を辞めることを考える前に、ぜひ「複業」という働き方を検討してください。

-----(「はじめに」より)-----

内容(「BOOK」データベースより)

会社が一生面倒を見てくれる時代は終わりました。今、一度立ち止まって「自分中心の生活設計」を考える時です。そこで、「自分の好きなこと」「人に喜ばれること」で複業をし、もうひとつの収入の柱や“ありたい自分”を手に入れましょう。本書は、会社を辞めずに安定した収入を得ながら、「静かな複業」をはじめるための指南書です。

著者について

藤木  俊明 (ふじき  としあき)
有限会社ガーデンシティ・プランニング  代表取締役  /  明治大学リバティアカデミー講師  /  関東経済産業局認定マネジメントメンター  /  副業評論家

リクルート、ぴあを経て1991年コンテンツ企画制作の有限会社ガーデンシティ・プランニング創立。社業のかたわらライティングや企画書制作の講師を務め、さらに近年は「複業」の啓蒙にいそしむ。NHK総合「ごごナマ」などメディアにも副業評論家として出演。
著書に『会社を辞めずにローリスクで独立・起業する! 』(秀和システム)、『10分で決める!   シンプル企画書の書き方・つくり方』、『5分で相手を納得させる!   「プレゼンの技術」』(ともに同文舘出版)などがある。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

藤木/俊明
有限会社ガーデンシティ・プランニング代表取締役。明治大学リバティアカデミー講師/関東経済産業局登録マネジメントメンター/副業評論家。リクルート、ぴあを経て1991年コンテンツ企画制作の有限会社ガーデンシティ・プランニング創立。社業のかたわらライティングや企画書制作の講師を務め、さらに近年は「複業」の啓蒙に勤しむ。NHK総合「ごごナマ」などメディアにも副業評論家として出演(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 216ページ
  • 出版社: 同文舘出版 (2019/8/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4495540424
  • ISBN-13: 978-4495540425
  • 発売日: 2019/8/1
  • 梱包サイズ: 18.8 x 13 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 551,112位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち2.0
評価の数 1
星5つ 0% (0%) 0%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ
100%
星1つ 0% (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

1件のカスタマーレビュー

2019年10月25日
形式: 単行本(ソフトカバー)
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告