¥ 1,620
通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
会社を立て直す仕事-不振企業を蘇らせるターンアラウ... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

会社を立て直す仕事-不振企業を蘇らせるターンアラウンド- (B&Tブックス) 単行本 – 2016/2/25

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2016/2/25
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 2,132

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 会社を立て直す仕事-不振企業を蘇らせるターンアラウンド- (B&Tブックス)
  • +
  • ターンアラウンド・マネージャーの実務
  • +
  • IGPI流 ローカル企業復活のリアル・ノウハウ (PHPビジネス新書)
総額: ¥6,469
ポイントの合計: 116pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

不振企業を立て直すのに重要なのは、「目指すべき着地点はどこなのか」を見極めること。次に「そこに向っての攻め方」を明らかにすること。本書は、一般的な経営論でなく、実践を通じた具体的な不振企業立て直しのノウハウを事例を引き合いに出しながら、優良企業へ生まれ変わらせるための方法論を解説していく。

内容(「BOOK」データベースより)

元マッキンゼーのパートナーが解き明かす、不振企業の甦らせ方!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 224ページ
  • 出版社: 日刊工業新聞社 (2016/2/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4526075299
  • ISBN-13: 978-4526075292
  • 発売日: 2016/2/25
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 12.9 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 64,558位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
2
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
著者は私の経営の師匠でもあるので、若干バイアスがかかっている可能性がある前提でレビューを書く。

よい組織とは、課題解決を早くし続ける組織ということに尽きる。そして、それが自律的に回る組織を作るのがターンアラウンドマネジャーの仕事だ。ターンアラウンドマネジャーというより、経営者の仕事と言っても良いのかもしれない。課題を課題として認識する風土(風通しが良くないと、一般社員は会社の悪口を飲み会でしか言わない)、課題を分析し対策を考える能力(残念ながら途上国ではこれが結構弱いので課題解決と人材育成が重要になる)、対策を最後までやり抜く仕組み(会議は課題解決のモニターのためにある側面が大きい)を作り上げていくこと。同時に、それを遂行することのできる人材を育てること。

それを実際に作り上げるための方法論について、本書ほど明確に書いている本は存在しない。大抵の本は事例ベースでものを語っているので、どこまでが個別解でどこまでが一般解であるのかが分からなかったりする。例えば、良くも悪くも三枝匡さんの本は物語ベースなので、それを読んだとしても今自分が直面している企業の経営改革プランを作ることはできない。不振企業の経営者になりたい人は、まずは本書を熟読して、経営改善のフレームワークを頭に入れたうえで、各種の本を読んでいき事例理解を積み重ねるというのが最高の方法なのではないかと思う。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
『会社を建て直す仕事』という現実感のある言葉がタイトルに使われていて目にとまり、また、知人からの薦めで、読んでみました。

事業再生の書籍の多くが、これまでのビジネス書にあるような一般的な内容を再編集したようなものか、特殊な個別ケースでの個人的な武勇伝であったりすると思います。この本では、2つの実際のケースに沿って、『会社を建て直す仕事』のポイントやコツが分かりやすく解説されていて、ターンアラウンドだけでなく、さまざまな組織の中での課題解決に役立つ内容です。

特に、課題解決の実践では、自分ひとりで頑張ろうとして、結果、燃え尽きてしまう人たちもいますが、P.152「課題解決ガバナンスの動かし方」の解説は、ひとりで頑張らずに課題を解決し、会社を建て直すための「基本エンジン」という位置づけがされていて、とても共感しました。

最後になりますが、説明責任を果たせないミドル・マネジメントへの対処方法についてのページがあったら、もっとよかったです。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告