通常配送無料 詳細
一時的に在庫切れ; 入荷時期は未定です。 在庫状況について
注文確定後、入荷時期が確定次第、お届け予定日をEメールでお知らせします。万が一、入荷できないことが判明した場合、やむを得ず、ご注文をキャンセルさせていただくことがあります。商品の代金は発送時に請求いたします。
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 表紙に軽度のいたみと使用感がありますが、中のページは書き込みや折れなどなく良好な状態です。十分な検品をしてから出荷をしていますが、まれにチェック漏れによる書込や欠品がある場合がございます。その際はご連絡頂ければ返金などの対応を致しますので、ご連絡をください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

会社は2年で辞めていい (幻冬舎新書) 新書 – 2007/11

5つ星のうち 3.7 30件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 842
¥ 842 ¥ 47

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 会社は2年で辞めていい (幻冬舎新書)
  • +
  • 自分に適した仕事がないと思ったら読む本―落ちこぼれの就職・転職術 (幻冬舎新書)
総額: ¥1,620
ポイントの合計: 25pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



ビジネス書大賞2017 大賞作品決定!
大賞は『サピエンス全史(上)(下)』、準大賞『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)』 他 >> 今すぐチェック

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

会社は一年で辞めてもいいし、何回辞めてもいい。ただ、一つのことを計画・実行するには二年くらいの単位で考えると具合がいい。二〇代のうちは、やり甲斐ある仕事を見つけ、スキルを身につけるのが最優先だ。二年先の自分をイメージして、自分に向かないとわかったら、早めに転職するほうが賢い。揺るぎなき「人材価値」の作り方から、会社の捨て方・選び方まで、収入とやり甲斐の両面から満足のいくキャリア戦略を徹底指南。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

山崎/元
1958年北海道生まれ。東京大学経済学部を卒業、三菱商事に入社。以後、野村投資信託、住友生命保険、住友信託銀行、シュローダー投資、NBインベストメントテクノロジー、メリルリンチ証券、パリバ証券、山一證券、第一勧業朝日投信投資顧問、明治生命保険、三和総研など一二回の転職を経て、2005年、楽天証券経済研究所客員研究員に就任。他にマイベンチマーク代表取締役、一橋大学大学院非常勤講師も務める。週刊誌などに多数連載、テレビのコメンテーターとしても活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 新書: 271ページ
  • 出版社: 幻冬舎 (2007/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4344980662
  • ISBN-13: 978-4344980662
  • 発売日: 2007/11
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.8 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 30件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 114,667位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
金融、証券など
著者自身のバックグランドに近い20代は、
ぜひ一読することをオススメする。
転職のメリット・デメリット、
日本企業と外資、それぞれの長所・短所、
女性のキャリアの考え方などが
具体的かつコンパクトにまとまっていて、
とても参考になると思う。
あと、著者の語り口が飄々としており
押し付けがましくない。
主観と客観のバランスもグッドである。

「会社」は2年で辞めていいという著者だが、
「仕事」の内容は商社の財務を皮切りに、
ファイナンスの領域でほぼ一貫している。
ここは大事な点だと思う。
タイトルだけを見ると、
転職のススメのように思えるが本質的なメッセージは
「長い間気持ちよく仕事をするために、
 20代後半でキャリアの軸を決め、
 労働市場での自分の価値を意識しながら働くべし」
ということだ。一言でいうと
「会社は2年で辞めていい。けど仕事はあまり変えるな。」

若者向けに書かれた本書だが、
50歳からのキャリアを考える上でも参考になると思う。
著者は、定年後も気持ちよく働くために
現在所属している
...続きを読む ›
コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
 デフレ経済が長引いて、日本の雇用を取り巻く環境は大きく様変わりした。今では終身雇用といったことを素朴に信じる人は誰もいなくなった。会社側も社員の全人生に責任を持てるはずもない。企業は常に経済合理的に行動するものだ。終身雇用が維持できないとなれば、人員整理を進めるだろうし、新卒一括採用が非合理だと気付けば、中途採用による即戦力の強化など新しい採用人事を行っていくだろう。労働市場はこれからさらに流動化していくはずだ。

 だとしたら、個人は、労働市場における自分の市場価値を高めて、いつでも会社を移れるよう心構えをしておくべきだ。転職は良くない、経歴に傷を付ける、といった古い考えにとらわれている場合ではない。企業側自体が、経済状況の変化に合わせて今までの雇用慣行を改めつつあるのだから。

 本書は、特に若い人、これから社会に出ようとしている人や新しく働き始めた人々に向けて転職のススメを説いている。就職に失敗は付き物なのだから、会社が自分にあわないと思ったらすぐに転職を考えるべきだと言う。時間こそを無駄にすべきではない。また、たとえ今、転職を考えていなかったとしても、いつでも転職できるように社外でも通じる自らの人材価値を高めながら働いた方が、これからの時代に適合的だろう。
 著者は、転職に際しての心構えや注意点などを、自らの経験に基づいて
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
人材が流動化している世の中で,うまく働いていく上での考え方について書かれている。
著者の経験をもとに冷静(のように)仕事について意見が述べられている。本の後半では転職にあたっての注意点について書かれている。
参考文献はないのであくまで意見でしかないが,参考になる考え方などがいくつもあった。

以下に参考になった箇所の一部を書いた。
転職を考えた場合,労働の価値をどうみるか。自分の成果を第3者にうまく説明できるかどうかが求められる。
転職を考える上でのターニングポイントは28才と35才。
28才:この年までに自分の適職を見つける。最初の就職先で自分のやりたいことと一致する可能性は低い。
35才:この年までに職業人としての完成を目指す。この年までなら部下として採用されやすい。

仕事のやりがいの2要素。
1. 他人の役に立つ感
2. 自己の成長。

転職は必ず就職先が決まってから現職をやめること。賃金交渉や職歴に空白を作らない上でかなり重要。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 親カッパ VINE メンバー 投稿日 2008/9/18
形式: 新書 Amazonで購入
12回の転職を通じて、「転職とは」を考えている本

内容は、
 1章で格差社会でのキャリアについての基礎知識を述べている。
 その上で、2章でキャリア育成の方法を述べている
 キャリアを考えた上で、3章で会社の選び方を述べ
 補足として4章で女性のキャリアプランについて述べている
 最後に実務として転職前、転職後のアドミについて述べている。

著者は真剣に述べていないが、しっかりとしたキャリアイメージを
持っている人にとっては、この本は「薬」であるが
特にキャリアイメージが無い人にとっては、
転職中毒を助長する麻薬(とまでは過激でないが)では無いかと考える。

そんなにすごい知見は無いが、さりとてこのぐらいは知らないと
転職はしてはいけないという印象を持ちました。
半日あれば読める平易な内容(1時間で読みました)なので
批評精神を持って読むことをお勧めします。
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー