中古品
¥522
+ ¥498 配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 BOOK BEAR
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品ですので多少の使用感はありますが概ね良好な状態です。□全品簡易クリーニング済み。□ビニール包装のうえ迅速発送しています。 □通常はポスト投函なので、不在でも受け取れます(但し商品の大きさやポストの大きさによって一部例外あり)。 □付属品がある場合には、その旨を明記しております。説明に無いものは付属しないものとお考えください。 □シンプル梱包なのでゴミが少なく済みます。 □商品によっては同一タイトルの本でもカバーデザインおよび”版”が複数存在する場合がございます。もし特定のカバーデザインまたは特定の版をお求めの場合には必ず事前にご連絡・ご確認下さい。ご購入後にカバーデザインや版を理由としたキャンセル・返品には対応致しかねますので予めご了承下さい。 □商品に万一不具合がありましたらご連絡ください。※なるべく状態の良い商品を揃えるよう努力しておりますが、なにぶん中古本ですので何らかの使用感はございます。コンディション「良い」の商品でも若干のシミ・ヨゴレ・傷みなど見られる場合がございますのでご容赦下さい。何卒、中古本の性質をご理解のうえノークレーム・ノーリターンでお願いします。□配送は郵便局に依頼しておりますが、輸送中のトラブル等による到着の遅延・商品の紛失・損傷に関して返金対応は致しかねますので予めご了承下さいませ。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

おすすめ商品の読み込み中
お客様へのおすすめ商品

カートに追加中...

カートに追加されました

追加されませんでした

商品はお客様のカートに入っています。

カートを見る

追加されませんでした

本商品をカートに追加する際問題が発生しました。 後でもう一度試してください。
申し訳ありませんが、現在おすすめ商品を表示する際に問題が発生しています。 後でもう一度試してください。
ショッピングを続ける
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


会社はだれのものか 単行本 – 2005/6/25

5つ星のうち3.7 22件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥3,480 ¥522

ブックマイレージカード
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


Amazonタイムセール祭り開催中
期間限定!人気商品がお買い得。最大5,000ポイントのポイントアップキャンペーンも同時開催中。 タイムセール祭りを今すぐチェック

商品の説明

メディア掲載レビューほか

会社はだれのものか
 マクロ経済学者による会社論。ライブドアによるニッポン放送株買収などで話題になった「会社はだれものか」という命題を解くために、「会社とは何か」を解説し、最近、注目を集める「企業の社会的責任(CSR)」の考察へと発展させる。

 では、会社とは何か。会社は「法人企業」の別名である。法人とは「法律上、ヒトとして扱われているモノ」のこと。著者はこの解釈をもとに、会社を2階建て構造で説明する。2階部分では株主が会社をモノとして所有する。1階部分では株主に所有されている会社がヒトとして会社資産を所有する。「会社は株主のもの」という米国型の株主主権論は、2階部分を強調したものと指摘する。

 では、こういう構造を持った会社にとって、CSRはどんな意義があるのか。

 現在のところ、CSRに取り組むことでブランドイメージが上がり、長期的に会社の利益に結びつく点を挙げる論調が多い。だが、著者はこの考え方は株主の利益を最大化するという株主主権論に沿ったもので、2階建て構造の2階部分にしか焦点を当てていないと否定する。社会から、法人というヒトとして承認されている会社にとって、単なる利益の追求を超えた何か、法的な義務を超えた何かを追求するのは当然であり、それが社会的責任であると指摘しているのだ。

「CSRは得にはならない」

 リサイクル、有害化学物質の使用低減、CO2の排出削減……。企業が取り組むべき環境対策は多い。こうした環境への対応が、企業の利益になるのか否かという議論は度々されてきた。多くの企業は結局、その答えを追求せず、膨らむ環境対策のコストに頭を痛めつつも、時代の流れに沿って、できることをしてきたというのが実情ではないか。

 本書が、CSRについて「得にはならない」と明言しているのは新鮮である。1つの会社が単独でCSRを実践するのでは競争上不利になるが、多くの会社が同時に実践すれば会社存在の基盤として定着するから、今の「CSRバブル」にも意義があるとの見方も面白い。得ではないが、社会的存在としては当然すべきこととCSRを位置付けることで、企業のスタンスが明確になるように思う。

  平易な言葉を使いながら、徹底して論理を追求し、会社のあり方、CSRのあり方を根本から考えさせる良書である。


(日経エコロジー 2005/10/01 Copyright©2001 日経BP企画..All rights reserved.)
-- 日経BP企画

内容紹介

会社にとって「人こそ資本である」。この言葉が比喩以上の意味を持ち始めています。世の中を見回すと、おカネの論理がますます強まっているようですが、実は、21世紀は、おカネの没落の世紀でもあるのです。本書では、このことを分かりやすく明らかにしています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 183ページ
  • 出版社: 平凡社 (2005/6/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4582832709
  • ISBN-13: 978-4582832709
  • 発売日: 2005/6/25
  • 梱包サイズ: 19.5 x 14 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 22件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 209,486位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.7
評価の数 22

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

22件のカスタマーレビュー

2014年3月5日
形式: 単行本Amazonで購入
2005年7月11日
形式: 単行本Amazonで購入
12人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年4月25日
形式: 単行本Amazonで購入
2005年7月3日
形式: 単行本Amazonで購入
13人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2005年6月29日
形式: 単行本Amazonで購入
11人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
殿堂入り
2006年4月24日
形式: 単行本
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2011年2月14日
形式: 単行本
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2007年9月24日
形式: 単行本
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告