通常配送無料 詳細
残り11点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【帯付】【保障付】概ね良好なコンディションです。カバーに破れがあります。丁寧な検品、迅速な発送を心がけます。◆簡易クリーニング済。◆迅速に対応致します。◆ゆうメール配送。◆ビニール防水梱包発送。◆ポスト投函。※万が一検品漏れがございましたらご一報ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

会社のITはエンジニアに任せるな! ―――成功率95.6%のコンサルタントがIT嫌いの社長に教えていること 単行本(ソフトカバー) – 2015/12/4

5つ星のうち 4.8 17件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 959

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 会社のITはエンジニアに任せるな! ―――成功率95.6%のコンサルタントがIT嫌いの社長に教えていること
  • +
  • デジタル化を勝ち抜く新たなIT組織のつくり方
  • +
  • 変革せよ! IT部門
総額: ¥5,616
ポイントの合計: 170pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



『君の名は。』、星野源『いのちの車窓から』、『ダンジョン飯』ほか、
KADOKAWA全品10%ポイント還元中。この機会をお見逃しなく! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

・なぜ、ITはこんなに高いのか?
⇒ITエンジニアじゃないからこそできる、安くする方法教えます

・なぜ、IT人材は育たないのか?
⇒育て方教えます

・なぜ、ITのプロジェクトはこんなに失敗するのか?
⇒成功率が高い会社がやっていること教えます

・ITエンジニアの連中と会話ができん!
⇒彼らが考えていること教えます


ITのエンジニアじゃない普通の人も、ITとお付き合いしなければ仕事にならない世の中になりました。
でも、よく分からないし、エンジニアの話は理解できないし、できることなら関わりたくない。
そういうビジネスパーソン向けの、
・ITの中身を勉強せずに
・でもITの本質が理解できて
・エンジニアに丸投げせずにITを会社に活かす方法がわかる
という、ちょっと都合のいい本です。

内容(「BOOK」データベースより)

「会社にとってITとは何か?」「どうすればうまく使いこなし、利益の源泉にできるのか?」「10年後をにらんで、どういう手を打つべきか」―こうした疑問をコンサルタントやITベンダーに丸投げすることなく、自分でも考えられるようになる一冊です。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 280ページ
  • 出版社: ダイヤモンド社 (2015/12/4)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4478067589
  • ISBN-13: 978-4478067581
  • 発売日: 2015/12/4
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13 x 1.9 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 17件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 20,009位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
ITプロジェクトは、なぜうまく行かないのか、なぜ高いのか・・・といった素朴な疑問に正面に答えている。
ITに関する書籍の多くは、ITベンダーの視点で書かれているため、ユーザーとのコミュニケーションとか、要件定義の方法、プロジェクトの進め方(ウォーターフォールモデルから・・・)と言ったところがメインである。
また、IT導入ありき、アプリ導入ありきといった本も少なくない。
この本は、そもそも、そのITプロジェクトは必要なのか、必要だとすると、どうするか。既存のシステムを発展させるか、新たなアプリを入れるか、スクラッチかパッケージかといったところからスタートしている。
つまり、ユーザー視点に立ったITに関する本ということで、画期的だと思う。
IT部門に不満を持つ、ユーザーの方々、特に、経営をあずかる方には、必読だと思う。

この本では、業務に密接に結びついたシステムをプラント型、ツールのように使うシステムをツール型と呼んでいるが、iTの進歩によって、プラント型システムとツール型システムの境界が曖昧になり、あるいは、連動してきている。
旧来のシステム部は、十分にそれにキャッチアップできていない状況であり、今後のシステムのあり方を考えさせられる。

また、人材育成についても、紙幅を割いており、
...続きを読む ›
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
現在、私は基幹システム導入プロジェクトに携わっておりますが、まず痛感したのは
「プロジェクト関係者全員にこの本を読んでもらうべきだった!」という一言に尽きます。
ITプロジェクトが成功するか否かは、紛れもなくその上流工程で決定されることになりますが、
そこで一番大切なことは「経営」「業務部門」「IT部門」の相互理解を深めることだといえます。
この本でも繰り返し3者のコミュニケーションを円滑にすすめるための様々な方策が提示されて
いますが、私が得心したのは「プロジェクトリーダーは外部から持ってくることは出来ず、内部の
人材から育成するしかない」「プロジェクトリーダーが3者の中心に立ち、リーダシップを発揮する」
といった組織論的な内容まで本書が踏み込んでいるところです。ITシステム導入というと兎角、
業務要件の整理方法やERP選定の方法論、IT技術などが前面に押し出されがちですが、実はこの
3者の連携度や主体的なプロジェクトリーダの存在がシステムの完成度を決定するといっても過言
ではないことに読後改めて気づかされました。

また、私はこれまで基幹システムは付加価値を生まない後方支援の仕組みだと捉えていたのですが、
本書ではそれを生産プラントに例え、それ自身は
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
多分、日本の製造業がGEの「ITと組み合わせた製造業」と戦うためには、一度読んでおいた方がいいでしょう。
昔のようにOracleのチューニングだけでメシが食える時代ではなくなりました。
マニアックなユーザー企業従業員であればパッケージソフトが導入できるくらいまでハードルが下がり、
SIerいわゆるシステムベンダー)が「なんでユーザー企業と同レベルしかパッケージソフトのノウハウ知らないの?」と言われてイライラする時代。

そんな時代において、キーになるのはユーザー企業の「導入対象システムをよく理解し、使いこなし、他のメンバーに使い方を広める」メンバーです。
自社事例においても、それは痛感します。(だからって私に保守押し付けないでほしいけどさ)
どうやってユーザー企業はSIerの営業トークから身を守り、SIerは時代についていけない営業トークと手を切るか。
その辺が今後の競争力を左右すると考えています。
著者のコンサル会社と組んで仕事をしてみたいですが、うちの会社ではきついでしょう。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
ITプロジェクトは本来至難の業で、たとえ当事者が成功と自賛しようが、出来上がったものの品質はお粗末なのが当たり前である。

ITは業務がわからないから現場に教えを乞う。
現場は今ある業務を良いと信じて毎日こなしているだけで、表面しか理解していないから要望すら満足にいえない。
一方で一部の声の大きな人たちだけがバラバラな事を主張するから収拾がつかなくなる。
ITは判断ができないから現場のおっしゃる通りにということで、足して2で割ったような折衷案か、むしろ多くの場合悪いとこ取りをしてしまう。
そうして当事者が頑張れば頑張るほど混迷し、変な方へ行ってしまうようになっている。
経営者が加わっても、鶴の一声に過剰反応して余計変な方へ行くだけである。

本書は本来3割しか成功しないITプロジェクトの成功率を9割に上げるコツを、主として非IT向けに平易に解説したありがたい本である。
とはいえ3割を9割にというのはどう考えても胡散くさい話で、「成功」なんて定義しだいだろうし、同じ成功でもピンキリのはずである。
そこを割り引いても、本書には、放っておけば破綻に向かうITプロジェクトを成功に導くプロのノウハウが詰まっている。
結局、経験がモノをいうのである。

...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー