Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 712

¥ 87の割引 (11%)

(税込)
ポイント : 6pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[本間 浩輔, 中原 淳]の会社の中はジレンマだらけ~現場マネジャー「決断」のトレーニング~ (光文社新書)
Kindle App Ad

会社の中はジレンマだらけ~現場マネジャー「決断」のトレーニング~ (光文社新書) Kindle版

5つ星のうち 4.1 13件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 712
新書
"もう一度試してください。"
¥ 799 ¥ 140

紙の本の長さ: 217ページ

商品の説明

内容紹介

「働かないおじさんの給料が、なぜ高いのか?」「なぜ産休でも人員補充がないのか?」「なぜ無謀な予算目標が立てられるのか?」「なぜ新規事業のハシゴはすぐ外されるのか?」――あなたの会社、こんな不満で荒んでいませんか。Yahoo!上級執行役員としてさまざまな人事改革に取り組む名物人事マン・本間浩輔と、企業における人々の学習・成長・コミュニケーションを研究する東京大学准教授・中原淳が新しい働き方を語り尽くす。

内容(「BOOK」データベースより)

“年上の部下”と“年下の上司”の狭間で、“理想の働き方を求めるワーママ”と“メンタル面に弱い後輩”の悩みを聞きながら、ちょっと高めの予算目標に挑む現場マネジャー―。人事・人材開発のスペシャリストが「新しい働き方」を語り合う。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 13047 KB
  • 出版社: 光文社 (2016/4/20)
  • 販売: 株式会社 光文社
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01FVJBXR8
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 13件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 8,028位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
変化が激しく内外諸環境も日々厳しくなるこの時代、公私に亘り本当にジレンマ(=「どちらを選んでもメリットもデメリットもあるような二つの選択肢を前にして、それでもどちらにするかを決めなくてはならない状況」(3頁))を感ずることが多くなっています。何かを採るということは何かを捨てること。これさえあれば怖いもの無し、という魔法の杖を与えてくれる訳ではありませんが、職場における5つの人事問題(自分自身でやるか部下に任せるか、WLB、給料が高いまま「働かないおじさん」への対処法、新規事業開発希望の若手の異動をどうするか、転職の是非)を事例として、マネージャーあるいはシニア・マネージャーとしての意思決定のためのヒント(論点)が詰まった一書で、大変参考になりました。朧げながらも頭の中で普段つらつらと考えていたことが、良く整理できましたね。

「もはや上場企業の中間管理職には、マネージャーなんていないんです。プレイングマネジャーさえいないと言ってもいいかもしれない。いるのは、管理の役割を担っているプレイヤー、すなわち「マネージングプレイヤー」です。・・・ 職場に「育成のコミュニティ」をつくっていくことが大事なんですね」(31頁)。
「仕事を任せることを「任せてみる」ではなく、「任せて+見る」という言い方をしたらどうか」(55頁)
「任せて任せず」(69頁、松下
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
Yahoo!の上級執行役員でありコーポレート統括本部長として人事改革に取り組み続ける
本間浩輔氏と、企業人の学習や成長、コミュニケーションについての研究の第一人者ともい
うべき東京大学准教授・中原淳氏のコラボ。「働かないおじさん」の給料が、なぜ高いのか?
なぜ産休でも人員補充がないのか?なぜ無謀な予算目標が立てられるのか?なぜ転職の
誘いは必ず「年収ダウン」なのか?なぜ新規事業のハシゴはすぐ外されるのか?なぜ会社
は成長を続けなくてはいけないのか?といった企業内で当たり前に見られる事柄について、
対談形式で掘り下げていく。
これらのテーマの多くは、現場マネジャーが常に頭を悩める問題だが、実務家としての本間
氏の考え方や、現場レベルの研究者としての中原氏の考え方は、どのようにそれらの問題
に対処していくのかのヒントとなり得る。会社の中はジレンマだらけであるが、このジレンマ
に決断を持って立ち向かっていくのが現場マネジャーであり、本書はその現場マネジャーへ
の応援の書という読後感を味わえる。良書だ。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
「こういうことありますよね」
「ありますね」
「ああういうときはこうだと思うんです」
「同感です」
というマネジャー同士の会話ばかりが続いて、トレーニングというより自分自身も「あーあるなぁ」で終わってしまった…。
高評価なので何か大事なことを読み落としているのかもしれないのでもう一度読んでみます。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
マネジャーになってからマネジメントを学ぼうとしても遅い。そこで本書。
現場のマネジャーが抱えやすいジレンマについて「紙上での決断経験」を提供するもの。
大事なのは向き合うこと、決断すること、そして振り返ること。お勧めです。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
 「第一章 なぜマネジャーに“現場仕事"が増えるのか」、「第二章 なぜ産休社員への人員補充がないのか」、「第三章 なぜ働かないおじさん」の給料が高いのか」、「第四章 なぜ新規事業のハシゴはすぐ外されるのか」、「第五章 なぜ転職すると給料が下がるのか」というテーマ設定を行ったうえで、想定ケースについてどのように考え、対処すべきかを対談した本です。本間さんは企業人、中原さんは学者です。
 このテーマは、多くの人(マネージャー)のジレンマをインターネットによって募集して構成したものとのことで、「なるほど、あるある。これは悩みますよね」という内容ばかりです。その意味で、組織の管理をする人にとっては、とても興味深い本と思います。私も、共感をもって読み進めました。

 読み進めると、商品説明に書かれている「対談形式でサクサク読めて、仕事に悩むあなたを楽にする!」というのは確かにそうなのですが、それは驚くような解決策が提示されて「問題解決!」というのではありません。
 「ああやっぱりこんな点に多くのマネージャーが悩んでいるのですね。自分だけじゃなかった」と同志を得たような気になり、「即効薬の解決策はない。やっぱり、良い方向を自分自身で地道に模索していくしかない」と納得できる点が、 「悩むあなたを楽にする」という要素と思います。
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover

関連商品を探す