Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,400

¥ 112の割引 (7%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[井上 久男]の会社に頼らないで一生働き続ける技術―「生涯現役」四〇歳定年のススメ
Kindle App Ad

会社に頼らないで一生働き続ける技術―「生涯現役」四〇歳定年のススメ Kindle版

5つ星のうち 4.0 10件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,400
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512 ¥ 829

商品の説明

内容紹介

「会社に頼らず一生働く技術」

社会保険制度の破たん、中年リストラの加速で「下流老人」が増える中、
会社に頼らず「定年後」も働き続ける人生を自ら勝ち取った男たちの人生とノウハウを紹介。
著者自ら年収1300万円の大企業を飛び出し、一生の仕事を得た。
資産運用や節約に頼らず人生とマネーライフの充実を得るためになにをすべきか――。

20人のケーススタディで「一生働き続ける技術」を紹介していく。

【著者紹介】
井上久男(いのうえ・ひさお)
1964年生まれ。福岡県出身。88年九州大学卒。NECを経て92年朝日新聞社に転職。名古屋(豊田市駐在)、東京、大阪の経済部でトヨタ自動車や日産自動車、パナソニック、シャープ等を担当。
2004年に独立し、文芸春秋社や東洋経済新報社が発行する各種媒体で執筆。「現代ビジネス」(講談社) などに連載コラムを持つ。最近は農業の取材も精力的に行っている。
主な著書に『メイドインジャパン驕りの代償』(NHK出版)『トヨタ愚直なる人づくり』(ダイヤモンド社)『トヨタ・ショック』(講談社、共編著)。13年放映のNHKテレビ60年記念ドラマ「メイドインジャパン」の脚本制作に取材協力。
05年大阪市立大学大学院創造都市研究科(社会人大学院)修士課程修了、10年同大学博士課程単位取得退学。16年4月から福岡県豊前市政策アドバイザー(非常勤)に就任予定。神戸市在住。

【目次より】
第1章◆40歳で会社を辞めて食っていくには
第2章◆大手メーカーを飛び出し活躍する人たち
第3章◆メガバンクや大手損保から飛び出し活躍する人たち
第4章◆農業を戦略的ビジネスに変貌させる人たち
第5章◆大メディアや大学を飛び出し活躍する人たち
第6章◆家業を再生させる人たち
第7章◆激動の時代を生き抜くための思考

内容(「BOOK」データベースより)

社会保障制度が機能しなくなり、定年後も一五年は働くことが必要になる。そのためにも若いうちにキャリアづくりの小さなステップを踏み出そう。年収1,300万円を捨てて大企業を飛び出した著者が教える「定年後」も稼ぐ思考法。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 1817 KB
  • 出版社: プレジデント社; 1版 (2016/2/26)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01COJ6UAS
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 34,748位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 T.Miyazaki 投稿日 2016/3/28
形式: 単行本
この本に登場する人は魅力的な人ばかりです。大手メーカー、メガバンク、大手損保、大手メディアを飛び出した人たち。もちろん、彼らはそこに居続ければ今後も世の中の平均をはるかに超える収入を得られるわけだし、社会的なステータスも保たれるでしょう。それを40歳を超えて捨ててしまえるのは、一言で言えば能力が高いからでしょうが、それより何より、覚悟をしっかり持った人なのだと思います。日本社会は今後、激動を極め、世の中の価値観がわっと広がることでしょう。生き方の選択肢が増えるのです。本書を読まれる方はぜひ、読後に間髪置かず「自分にここまでの覚悟はあるか」と問いかけてみることをお勧めします。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
書名に「・・・技術」とありますが技術の話ではありません。この本を読んでいる自分に
どれだけの「働くことへの覚悟」があるかを問いかけている本です。
人はそれぞれ、生きることへの疑問、葛藤、憤懣、模索、妥協、諦念などがあっても、現
状に自分をあわせています。それがどこかの段階でポーンと別のステージへ飛び出すこと
ができる人にはそれだけのエネルギーが溜まっているわけですが、それをわかりやすく実
例で示してくれているのは大変参考になると思いました。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
会社に頼らずに食べていくためには、プロとしての専門性と人脈が 必要条件だと思われます。
著者は、サラリーマン時代は 新聞記者だったので、人と会うのが商売。人脈作りには、かなり有利な立場にあったようです。

第2章からは、会社を辞めて起業した人の事例が、20弱紹介されています。
ただ、紙数が少ないせいか、読んでいて「どろどろ」したところはなく、概要を上手にまとめた感じがします。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
趣味に生きる悠々自適な老後──これはたぶん幻想に近い話だろう。大概は十分なお金がない。たとえお金があっても、趣味に没頭するだけで満足できる人はそういない。多くの場合、好きな仕事をマイペースでずっと続けるのがベストだろう。そのためには、生涯現役で働ける術(すべ)を、若いうちから「意識して」習得する必要がある。
あるいは、「終身雇用や年功序列の前提がなくなり、年金制度は危うい」という懸念が現実になっても、生き生きと一生働けるように準備しておかなければいけない。

本書には、そのための準備の方法が具体的に書かれている。しかも、20数件の実際の話が実名(人も会社も)で出てくるから、とても参考になる。

会社で経験が積めて、体力に自信があるうちのほうがベターということから、「40歳定年のススメ」としているが、人生90年時代、50歳を超えても必要な技術と知見だと思う。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
自分の事は自分で決める。当たり前の事であるが、現実はそうで無い。自分の為に一歩踏み出せる勇気が湧きました。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover