中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

会社に人生を預けるな リスク・リテラシーを磨く (光文社新書) 新書 – 2009/3/17

5つ星のうち 3.5 74件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

◎ 概 要
リスクが高まる現代、
個々人は、企業は、国は、
これから何を考えなければならないのか。
時代のキーパーソンが語る、
将来に向けた
新しい意識を得るための、具体的提案の書。

◎ 目 次
プロローグ    リスク・リテラシーと終身雇用制
第  1  章  会社に人生を預けるな
第  2  章  リスク・リテラシーを磨く
第  3  章  「お上」に人生を預けるな
第  4  章  21世紀のパラダイムシフト
エピローグ    リスクを取る自由

◎ 内容紹介
私は本書で「リスク・リテラシー」の身につけ方を説明し、
私たちは、このリスクの高い時代を乗り切るためにはどうすればいいのか、
あるいはどう生きてゆくべきなのかを考えていきたいと思います。
(プロローグより)
さまざまなリスクに、これまで以上にさらされている日本の現状
----政治の停滞、経済の停滞、労働問題----の解決策を探れば探るほど、
その最大の原因は「終身雇用制度」----ここに問題の核心がある。
このままでは、袋小路の状況が続くと考えられる日本において、
個々人は、企業は、国は、何を考えなければならないのか。
将来に向けた新しい意識を得るための、具体的提案の書。

◎ プロフィール
勝間和代(かつまかずよ)
1968年東京都生まれ。経済評論家、公認会計士。
早稲田大学ファイナンスMBA、慶應義塾大学商学部卒業。
アーサー・アンダーセン、マッキンゼー、JPモルガンを経て独立。
2005年、『ウォールストリート・ジャーナル』から
「世界の最も注目すべき女性50人」に選ばれる。
内閣府男女共同参画会議議員及び「仕事と生活の調和に関する専門調査会」専門委員。
著書に『お金は銀行に預けるな』(光文社新書)、
『起きていることはすべて正しい』(ダイヤモンド社)、
『勝間和代のビジネス頭を創る7つのフレームワーク力』
(ディスカヴァー・トゥエンティワン)などがある。
印税寄付プログラム「Chabo!」参加著者。
個人ブログ「私的なことがらを記録しよう!!」
(検索エンジン「勝間和代ブログ」GO)

内容(「BOOK」データベースより)

日本が停滞する「すべての原因」は終身雇用制度にあり。このままでは、袋小路の状況が続くと考えられる日本において、個々人は、企業は、国は、何を考えなければならないのか。将来に向けた新しい意識を得るための、具体的提案の書。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 232ページ
  • 出版社: 光文社 (2009/3/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4334034969
  • ISBN-13: 978-4334034962
  • 発売日: 2009/3/17
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 74件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 334,619位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

関連メディア

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
同著者の著作はすべて読んでいるがこれは最大の駄作で失望した。題名に比して中身が余りにも期待はずれで調査不足は否めない。大胆な提言はいいが著者のような売れっ子になったら社会への影響力も大きいのだからもう少し詰めてから論じてもらいたい。特に「終身雇用制」を否定するなら外資でない日本の一般企業の状況をもっとよく研究すべきだと思う。一般のサラリーマンは著者のように意欲が高くまた能力の高い人ばかりではなく安定が確保されることを人生の最優先においている人も多いはず。昨晩のNHKしゃべり場でも他のパネリストから賛同を得られず興奮する著者の映像が見られたがみっともないのでやめてほしい。冷静沈着が著者の持ち味でなかったのか。
コメント 104人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 たか トップ1000レビュアー 投稿日 2009/3/18
形式: 新書
昨年後半から景気の減速に伴い派遣切り・内定取り消し・新卒採用の抑制・正社員のリストラ・賃金の低下など、雇用情勢にマイナスな状況が続く中、ある意味では勇気のある(的外れな?)出版だと思う。この時期にあえて話題作りに注力したのであろうか?

リスクを確り認識して生きるということは大事であるが、就業者の1/3が非正規雇用の日本社会では会社の奴隷になるなと言われてもその奴隷にすらなれないのが現状なのである。
勝間氏はこうした状況をきちんと認識しているとは思うが、どうしてこの時期にあえてこんな本を出版するのか、疑問は尽きない。
ただ、安定的な大企業に勤めているハイミドル層以上の人には参考となる部分はあると思う。

個人的には「断る力」に続く駄作だと思う。
コメント 69人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
内容はここ半年位の紙媒体を広く浅く纏めたものなので、もっと1つのテーマを掘り下げた内容ならば面白かったかもしれません。
世代や職種で価値観の違いはあると思いますが、今更当たり前の事を啓蒙する必要性に疑問を感じます。

「終身雇用は悪だと認識しましょう」との事ですが、就職氷河期世代なので、初めから会社への依存心は皆無です。
自分の技術とこれから伸ばしたい分野を考えながら、自分の市場価値を高め続ければ良いだけでしょう。

老年終身雇用世代が社会的影響力を持たなくなれば、状況に即した日本型の新しい雇用体型が確立されるはずです。
コメント 37人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
要は人生においてリスク・コントロールを
どのようにしていくかを述べた本。
別に会社におけるリスク・コントロールだけを
述べたわけではないので、
タイトルだけで買うと期待はずれになる本。

内容については、特に目新しいことはない。

氏の本を何冊か読んだが、
以下の2種類についての本は得るところがあると思うが、
それ以外については特に得るところはないと思う。
・ITを利用した合理化術
・金融知識
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
民間企業では、終身雇用の安心感など既に失われているのが現実であり、
筆者の認識は時代遅れです。
今年の新社会人で、自分は60歳までこの会社で安定して働けると思っている
人などいるでしょうか?
それぞれ皆、自分の将来について考えているものです。

筆者は、自分以外の大多数の人々を「リスクを取っていない」と格下に置くことで
相対的に自分の格を上げ、専門家・識者として印象付けたいのでしょうが、「リスク」
「リテラシー」という言葉を使った筆者の最近の本はこのパターンが多く、辟易します。

本というものは、著者の自己愛を満たすためではなく、読者の役に立つために
発行する、という原点に立ち戻ってもらいたいものです。
1 コメント 75人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 キー 投稿日 2009/3/25
形式: 新書
もう何でもありでお腹一杯です。
経済アナリストというよりも、勝間教の教祖でウンザリです。
書店でも勝間コーナーが設けてあり、本から雑誌、メモ帳など
売られている。初期の著作に比べ、中身もどんどん劣化が進みブームのうちに何でも話題にして書いて売ってしまえ感が伝わってくる。
執筆のペースが速すぎてゴーストライターでもいるんじゃない?
それとも著作業が儲けるから専念してる?
コメント 66人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 nobu2002 投稿日 2009/3/22
形式: 新書
新書レベルの本をかき集めてガラガラポンした感じである。
論文の書き方は著者の学歴から想定するに、かなり勉強してきているはずなのだが、これは編集者の影響か?それとも・・・?
それにしても書いてあることは新聞レベルに言うに及ばず、TVニュースを見ていれば充分である。
こんな本は、発行してほしくない。
コメント 56人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー