通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
会社にいながら年収3000万を実現する―「10万円... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 経年による使用感はありますが、特に大きな損傷や大きな汚れ等なく概ね良好です。◆注文確定後、2営業日以内にゆうメール又はゆうパケットにて発送します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

会社にいながら年収3000万を実現する―「10万円起業」で金持ちになる方法 (祥伝社黄金文庫) 文庫 – 2006/3

5つ星のうち 3.4 24件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,404 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 566
¥ 566 ¥ 30

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 会社にいながら年収3000万を実現する―「10万円起業」で金持ちになる方法 (祥伝社黄金文庫)
  • +
  • 週末起業 (ちくま新書)
  • +
  • 週末起業サバイバル (ちくま新書)
総額: ¥2,078
ポイントの合計: 57pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



売れ筋ランキング (和書総合)
Amazon.co.jpで今一番売れている作品が分かる。ランキングは1時間ごとに更新。 >詳しく見る

商品の説明

商品説明

   サラリーマンが副業でまとまった収入を手にするためには、どう発想し、どこから行動をスタートさせればいいのか。精神科医として活躍する一方、受験生向け通信教育と心理学ビジネスという2つのベンチャー企業の経営でも成功した著者が、自身の体験を交えつつそのノウハウを公開する。会社を辞めるといったリスクをできる限り避けつつ小資本で成功するというコンセプトに沿って、原則論を展開していく。

 「売れた本の周辺には必ずビジネスチャンスがある」「消費者としての発想を生かしやすく立ち上げにお金がかからないのはサービス業である」など、内容はきわめて具体的だ。しかし類書にない著者ならではの主張のポイントは、「試行の時代」というキーワードに集約されている。それは、小さな失敗を繰り返すことをある程度予定に繰り込みながら、めげずに次々とアイデアにチャレンジし続けることが成功のカギであるという考え方を指す。

   背景にあるのは、ビジネスの世界にも、先行きが不透明で何が当たるかわからない時代がやってきているという認識である。こうした状況下では、リスクを負って大資本を投下し一気に大きく儲ける手法をとることは難しい。著者が同時に「理系の発想」を強調する意味は、この点にかかわっている。すなわち、試行の失敗から教訓をくみとり、新たな仮説を立てて再試行につなげるという理系的方法論をビジネスに適用する重要性だ。そうした意味で本書は、再起不能に陥らないための上手な失敗のしかた指南という側面も持っている。(松田尚之) --このテキストは、単行本版に関連付けられています。

内容紹介

「成功の芽」は、会社に居続けるほうが見つけやすい
精神科医にしてベンチャー起業家の著者が公開する、小資本ビジネスで稼ぐ、これだけのアイデア
<「年収3000万円」を目指して、今日から始めよう>
会社を辞めて借金までして「起業」して、一発勝負をするのは愚の骨頂である。世の中は甘くない。逆に会社にいるからこそ、成功の芽はより見つけやすくなるのだ。ギャンブルや宝くじより、実現の確率ははるかに高い。(「まえがき」より)
小資本ビジネスで副収入を稼(かせ)ぐ! そのノウハウが満載
●「年収3000万」は、けっして無謀な数字ではない
●小さいお金で、成功するまで何度でも試行する
●何もしないでいると、年収の現状維持すら難しくなる
●売れているものの周辺に、さらなるビジネスチャンスがある
●うまくいっているときこそ、成功の理由をきちんと分析する
●成功の確率を少しでも高めるために必要な「ちょっとした習慣」
●「偉い人に頭を下げられると嬉しい」という人間心理を上手に使う
●「会社の金」で人間関係を作れるのがサラリーマンの強み
●よい失敗と悪い失敗の違い

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 226ページ
  • 出版社: 祥伝社 (2006/03)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4396314000
  • ISBN-13: 978-4396314002
  • 発売日: 2006/03
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4 24件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 58,283位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
自己の幼少の頃から現在に至るまでの体験をベースに語る「和田流」の弱小企業戦略かなという印象です。
和田氏が現在に脈々と繋がる学生イベントビジネスの開祖というのが興味深く読むことができました。そこを起点に、消費者の立場に立ってみると風景が一変するような実例を挙げて、ビジネスチャンスの例を次々と披露してくれます。
机貸し業:ワンルーム・マンションを借りて、自習室として学生に貸す。
ナンの秘密:ナンは他の世界で一番やすくできるパンであり、本格的に見えて高く売れる。
格安で土地を得る:競売物件を3割安で手に入れ7割をうり、ただで3割を手に入れる。
素人ワイン評論家:素人の下によるワインの格付けで有名なロバート・パーカー。
VAの価値:"助平な視点"をこだわる高橋がなりのスタンス。
筆者が主張する成功する秘訣は以下の通りです。
・売れた本の周辺にビジネスチャンスは転がっている。
・「大切なところ」は手を抜かない。
・苦しくても、初心を貫いて手を抜かない。
・損きりの境界線は明確に引く。
・「金儲けが動機」の方が人間は育つ。
・数百のアイディアを出すことにより、アイディアの質が高まる。
・常に、理系の実験のように、仮説検証を行おう。
...続きを読む ›
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
著者は「年間50冊の本を口述で書いている」との事だが本当に雑な本である。読んでいて面白そうな箇所が来て読み込もうとすると直ぐに次の章になってしまう。結局何も残らないので半分程度読んだところで止めてしまった。もっとじっくりと書けば面白い本になったと思うのに残念である。
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 非常に参考になりました。最近の「起業を促す本」の中では特に本音満載の内容ではないかと思います。藤井孝一氏も「週末起業」という言葉で、会社を辞めずに起業することを提唱していますが、この本の和田秀樹氏ほど多方面にわたって本音を語ってはいないと思います。「起業には今の会社を辞める決断が非常に重要である」などと書いている本がある中、和田氏曰く、「どんなことがあっても会社にしがみついて一定の収入を確保しておくことだ。・・・宝くじを一枚買うために、あなたは会社を辞めるだろうか。そんなバカなことは誰だってしないはずだ」。和田氏の考えの方が理にかなっていると思います。これはサラリーマンが起業する場合に成功率を上げる最も重要な手法のひとつではないでしょうか。机上の理想論や自分のラッキー話からくる内容に留まることの多いこの手の本の中で、和田氏の冷静な分析による多くの考え方は非常に理にかなっていると思いました。非合法な詐欺に近い考え方(もちろんそれを良いとは言及していませんが)があったり、はたまた、理科系の試行的考え方があったりと、そのバラエティーに富む内容は信憑性を与えるとともに、読み物としても非常に面白いと思います。起業を目指す方にその可能性をたくさん提供してくれる一冊だと思います。
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
自分の経歴をベースに、起業や副業の
ノウハウを教えてくれる、そんな意図が感じられますが
あくまで著者の個人的な経験をベースにしているため
本当にそうなのか?誰にでもできるのか?あやしく感じてしまいます。
なんとはなしに残念な一冊です
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
確かに行動に移らなければ、現状は何も変わらない。それは納得する。しかし、書いている内容が「で、それから?」っと思わせるところが多く、結局のところ自分で考えろってことか?って感じで、各セクションごとに消化不良の状態で読む羽目になった。とても残念な本である。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
受験生の頃に愛読していた「受験は要領」と同じくらいのハウツーを期待して買ってみたが、著者も文中で述べているように、残念ながら「心構え」で終わってしまっている。

本当は星1つだが、受験の時にお世話になったよしみで星2つにしてみた。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
ネタは、他の和田氏の本と同じようなもので、切り口が低リスクの起業という観点から書かれた応援本というところです。「不景気と騒がれているが、頭を使って、積極的に小起業に乗り出して儲けている人もたくさんいる。あなたも実行しない手はない。実行する場合の頭の使い方は、心理学ビジネスコンサルからいうと、こういう使い方になる」という話です。大半は和田氏の幼少の頃から現在にいたるまで、ビジネスというかカネ儲けで、どういう心構えでやってきたのか、という話と、たとえば世間ではこういう人もいます、アイデアとしてはこういう切り口での商売も考えられます、という内容です。エッセイなのと、いつもながらの、わかりやすくストレートな文章と構成で、大変読みやすいです。けれども、類書がごまんと氾濫している今となっては、本書では、タイトルから受ける印象ほどには、内容的には目新しいものではないことと、和田氏に期待する、独創性はあまり期待してはいけない、と感じました。小資本と低リスクで起業をしようとする人向けの、頭の使い方の「参考書、副読本」です。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック